FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

日々の出来事 2

これでも政令指定都市

 先週、「日々の出来事」という記事の中で、私の娘がトトロのことを「とぅとぅ」と呼ぶ、などということを書かせていただいたが、その後、少しばかり変化があらわれてきた。なんと、いくら「と、と、ろ」といって教えても、決して発音されることのなかった「ろ」が、時折、聞こえてくるのだ。

 しかし、どうにもはっきりしない「ろ」だ。らりるれろは、やはり子どもにはムズカシイのだろうか、などと考えていると、妻が面白いことをいいだした。娘の「ろ」は、「Lo」ではなく「Ro」だ、というのだ。つまり、日本人が苦手といわれる、英語の「R」の発音をしている、ということだ。

 そういわれてみると、なんだか最後にそれらしき音が聞こえる、気がする。そして「とぅとぅ」も、なんだか英語っぽく聞こえてきた。そうか、彼女は「トトロ」ではなく、英語で「Totoro」といっていたのか。まさか、こいつ、なかなか日本語が上手くならないと思ったら、自分で英語の勉強をしていたのか。NHKの「英語であそぼ」も、毎朝観てるし。

 英語は大切だ。国際化社会だもの。よし、いいぞ我が娘よ、などと親バカもここに極まったかというところで、またしても、先日入手した「となりのトトロ」のDVDをみせろとせがませる。いや、娘よ、一昨日も通しで一回と、トトロの登場シーンのみのダイジェストで一回、そして昨日も私の実家でじいちゃんと、たっぷりみたじゃないか。もう本当に私の眼にもトトロが見えてきそうだ。たまらず私は娘を散歩に連れ出す。正直いって、私は「もののけ姫」のほうが好きなのだ。

 ところで、先週のその「とぅとぅ」の記事のなかで、私の住む街を、「県庁所在地で、政令指定都市」だ、などとちょっと自慢げに紹介させていただいたが、今回はその見事な「大都会」っぷりを、御覧戴こうと思う。

 まずは、
 


蝶

ぎんちょっちょ

 こんな連中にはすぐに出会えます。なぜなら、




川 遠景

 二歳児と散歩に行ける距離に、こんな風景が広がっているからです。これならば、トトロぐらいいるんじゃないか、という気にもなるというもの。まあ、トトロには出会えないとしても、この近辺では、運が良ければこんなものに出会えます。




かわせみ

 これは確か去年に撮った写真ですが、なんと、カワセミです。とても綺麗な鳥なんですが、残念、ピンぼけですね。GIMP(フォトショップじゃないのが悲しい)で補正を試みましたが、そちらの技術も、写真の技術同様頼りないもので、すみません。



とうがん

 垣根を乗り越えて、そこで実ったたくましい冬瓜。こんなりっぱな冬瓜が道ばたにぶらさがっていても、誰も盗っていかないどころか、だれもイタズラすらしない、というところが、田舎の、いや、都会のいいところですね。



神社 2

 先日の記事で、紹介させていただいた神社とは、また違う神社。こちらのご神木のほうが、実は大きく、立派な木です。しかし、こんな神社が近所にふたつもあるとは、有り難いことです。(真ん中に写っているのが、我が家のバイリンガル二歳児(笑)です)



稲穂

 田んぼもあります。なんだか、もう実っているような。ちょっと早すぎないか? と思っていたら、もっと気の早いものがあった。



柿

 ある民家の庭先の柿。いくらなんでもこれは早すぎるだろう。もう食べられそうじゃないか。まだ九月の半ばだというのに。



神社 3

 神社その3(笑)。ここはさすがにちょっと離れたところにありますが、二歳児が歩いていける距離だし、ご神木はさらに立派です。ありがたや、ありがたや。



シーサー

 帰宅。アパートの入り口に、誰かが置いたらしきもの。ずっとここにある、わがアパートの守り神です。ありがたや、ありがたや。



ペコちゃん
 
 おまけ。娘が配膳した、おやつのハッピーセット。ペコちゃんも自分でセッティング。やっぱりアメリカナイズされてるのか。食べかけでなければ、もっとよかったのに(笑)

 今のアパートに引っ越してきて、約二年半。御覧の通り、小さな地方都市の、しかも中心市街地から遠く離れた田舎町だが、なかなか暮らすには良い場所のようだ。病院もお店もあるし、子どもの遊び場もあるし、何より、神様がいっぱいいるのが何とも心強いのでした。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する