FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

『エミール』

エミール〈上〉 (岩波文庫)エミール〈上〉 (岩波文庫)
(1962/05/16)
ルソー

商品詳細を見る



悩ましき教育問題

 この本を読んだのはいつだったか、例によってちっとも覚えていない。覚えているのは、確か全部は読み通していなかったんじゃないか、ということぐらいだ。今回も、読んだ訳ではない。上、中、下巻の三冊、遅読の私が、そんなに簡単に読み通せるような代物ではないのだ。

 ただ、私も恥ずかしながら二児の父親であり、特に上の娘は現在2歳と5ヶ月、ということで、柄にもなく「教育」などというものが気がかりになってきた。勿論今のところ、まさかバイオリンや英会話の英才教育などは考えておらず、食べ物を投げちゃだめだとか、弟を噛んじゃだめだとか、スッポンポンで走り回っちゃだめだとかいった、「しつけ」のレベルではあるのだが、近い将来にはやはり、本格的な「教育」についても、考えなくてはならない時期がきてしまうのだ。

 そこで、なんとなく手が伸びたのが、この古典的教育論の書であった、という訳だ。私は気になったところには、線をひっぱったり、ページを折り返したりと、本を汚す方なので、どこまで読んだのか、ざっとページを繰ってみれば大体わかる。すると、なんだか上巻にも、中巻にも、鉛筆の線だの折り返しだのが最後までついている。おや、と思いつつ下巻をみれば、これまた、かなり後ろの方にまで、折り返しがある。

 まさか、私はこれを通読していたのか。どうやらそうらしいのだが、全く、内容を覚えていない。ひどいものだ。まあしかし、せっかくだから、読んだ当時の私が、この本のどこに興味をもったのか、印のついた箇所を拾い読みしてみることにしよう。そうこうしている内に、内容も思い出すかもしれないし、私の子供等の教育に役立つことも、何かみつかるかもしれない。

 「万物をつくる者の手をはなれるときすべてはよいものであるが、人間の手にうつるとすべてが悪くなる。」(第一編)

 冒頭を飾るのは、この有名な言葉だ。これをユダヤ=キリスト教圏に特有の原罪思想の流れのなかに捉えるのは簡単だが、ルネサンスにおける人間性の再発見とその称揚から、啓蒙主義の時代に至る近代史の流れのなかに観るとき、ルソーの独自性、というか、後世のロマン主義につらなる先見性が、よくあらわれた言葉だ、ということにもなろうか。

 そして教育論の基本的な態度として、さてルソーのように人間的なものを「悪しきもの」として捉えるのか、それとも逆に、人間性というものを「善きもの」として信じるのか、確かにここに、方法論的な分岐点があるとはいえるだろう。

 そして大概、我々は我が子を「うちのこにかぎって」的に信じるところから始め、結果として痛い眼をみる、ということを考えるならば、やはりちょっとルソーのいうことに耳を傾けてみるのも悪くはないかもしれない。彼のお喋りが「ちょっと」という分量ではないのもまた、確かなのだが。

 「自然の秩序のもとでは、人間はみな平等であって、その共通の天職は人間であることだ。(中略)わたしの生徒を、将来、軍人にしようと、僧侶にしようと、法律家にしようと、それはわたしにはどうでもいいことだ。両親の身分にふさわしいことをするまえに、人間としての生活をするように自然は命じている。生きること、それがわたしの生徒に教えたいと思っている職業だ。わたしの手を離れるとき、かれは、たしかに役人でも軍人でも僧侶でもないだろう。かれはなによりもまず人間だろう。」(第一編)

 ちょっと引用が長くなってしまったが、ここを読むと、どうやらルソーの人間観、というものがわかってくるだろう。彼は人間という存在の全てを悪だといっている訳ではなさそうだ。あくまでも、人間の「反自然」な部分を否定しているのだろう。そして本来的な人間性、というものを育てよう、というところか。彼の教育論の基本姿勢が、しだいに掴めてきた。次にいく。

 「ほんとうの乳母は母親であるが、同じように、ほんとうの教師は父親である。」(第一編)

 どきっ。

 「かれ(父親)は人類には人間をあたえなくてはならない。社会には社会的人間をあたえなければならない。国家には市民をあたえなければならない。(中略)父としての義務をはたすことのできない人には父になる権利はない。貧困も仕事も世間への気兼ねも自分の子どもを自分で養い育てることをまぬがれさせる理由にはならない。」(第一編)

 なんだか耳の痛いことが書いてあった。

 我が家の子育ては、現在、前述のように「しつけ」の段階にある。だが、どうやら、大きな意味での「しつけ」こそが、ルソーの謂うところの教育というものだ、ということらしい。そしてそれは、父親の仕事だという。算数や理科や英語やを教えることよりも、確かに、「ちゃんとした」人間、社会人、市民として、我が子を育てるということのほうが大切だし、それは学校の教師ではなく、親の仕事だろう。

 「人間の教育は誕生とともにはじまる。話をするまえに、人の言うことを聞きわけるまえに、人間はすでに学び始めている。」(第一編)

 そしてその仕事は、子の誕生とともに、即ち父親になったとたんに、始まるのだ。待ったなしの、何という重責。人間を育てる。何という難問。そして私は、あるジレンマを覚える。

 さて、私は、いかなる目標をもって、つまりいかなる人間を育て上げるつもりで、我が子を教育していこうというのだろうか。

 私は、少なくとも自分が父親になる前までは、人が人を教育する、ということ自体に疑問を抱いていた。特に、お勉強ではなく、人間性というものの「正しい」在り方を、大人が子どもに教える、などということが、可能だとは思われなかった。

 そして今、実際に「教育すべき」相手たる我が子たちを眼の前にして、その困難を痛感する。知恵のないこと、裸であることを恥じない彼らとは、すなわち楽園にいる彼らだ。その彼らに、我々楽園を追われた人間である大人たちは、一体何を教えるのか。

 確かに、彼らもまたやがて、楽園を失うことだろう。では我々は、楽園の外で生きる術を彼らに教える、ということだろうか。まさか、楽園に還ることを教える訳にもいくまい。失われた楽園はどうあっても戻らない。人間であるということは、すでにして楽園の外で生きるという宿命を負っている、ということだからだ。

 人間が人間を教育する、ということに私がある根本的な矛盾を感じるのはこの部分だ。結局できることといえば、子どもたちに、楽園の外で生きることを受け入れさせ、そして「手にしたものを全て悪くする」人間として生きることを受け入れさせ、その上で、具体的にその生き方を学ばせる、ということだけだ。いわば、現在は楽園の住人である彼らに、反自然的な生き方、つまり上手な「失楽園」の方法を教えるのだ。

 話が抽象的すぎるだろうか。ようするに、我々大人社会の下劣さ、卑劣さ、汚らしさを知りながら、そこで生き残る術を、子どもに教え込む、ということだ。社会人として、最低限身につけておくべきそれらを、倫理だとか、道徳だとかいえばまだ聞こえはいいが、つまりは「処世術」だといえばそれまでだろう。

 弟を噛んじゃダメ、だとか、お友達のオモチャを横取りしちゃダメ、とか、そんなことをいっている内は、まだ私も何も考えず、何も疑わずに、子どもと接することができるだろう。だが、その延長線上には、さらに複雑化した「倫理的問題」が確かにある。他者を攻撃することは、いついかなる場合にも「悪いこと」なのか。誰かのものを奪うことは、いついかなる場合にも「悪いこと」なのか。その答えを、私自身、知っているなどといえるだろうか。

 勿論、今私は、意識的に教育というものをネガティブに捉えているし、一方において、「なんとかなるだろう」という楽観的な自分も確実にあるのはいうまでもない。私は、人間というものには善意志、ようするに「良心」というものがあると信じる。だからこそ「なんとかなる」とも思えるのだが、その「良心」ですらが、ときには悪い結果を生むという事実、それもまた無視はできないものだ。

 なんだか、全体を拾い読みするつもりが、最初の幾つかを読んだだけで、もう考え込んでしまった。そして、ルソーが謂う「自然が命じる人間としての生活」とは、一体どんなものなのか、俄然興味がわいてきた。やはり、拾い読みなどで済ますべき書物ではないようだ。うむ、もう一度、この本を読んでみようという気になってきた。

 ということで、今回は「読後感」ではなく、「読前感」になってしまった、というお話でした。もしかしたら、近いうちにまた、この本を取りあげることになるかもしれません。そしてとりあえずは、子どもたちと共に、試行錯誤していくことにします。その試行錯誤が、結局最後まで続いてしまうという恐れを抱きながら。


スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

教育

静磨さん、こんばんは^^

ルソーは十代の頃読んで感動したことが侭ありました。
彼は子供という存在のなかに、自然から得る感動に似て
内面における人間美を発見していたのだと思います。

大人の学問は専門的になるからなのか、部分で全体を
語ろうとするから秩序を失います。けれども専門家に
比べルソーの人間学は、部分の分析から全体像を堅実
に捉えているように無理がありません。というか浅はか
ではありません。こと子供が描く絵に対する見方も鋭い
し、子供の心の本質と導き方がぶれていないから僕は
好きでした。子供は人間の一生の中で一番自然に近い
存在ですから。

善悪二元論のような倫理観では、子供はそれが宇宙だと
納得出来ませんから、大人は結局強制してしまうのでしょう。
刷り込みは、ルソーの嫌う教育法ですから、子供の成長に
合わせて、まさしく自然に命じられるがままにアドヴァイス
することは観察眼にも深く関係しているのでしょうね。
自然をよく観察することと、子供という自然をよく観察する
ことは同じことになりますから。

共に成長する、親子はそれが自然^^

はなさかすーさん | URL | 2011-09-11(Sun)19:58 [編集]


Re: 教育

はなさかすーさん、こんにちは。
コメントありがとうございます。

本分にも書きました通り、私は、一度通読しているにもかかわらず、この『エミール』の内容について、ほとんど覚えておりません。
かつて読んだときには、私は子どもであり、生徒である立場にありました。私の記憶が曖昧なのは、あるいはそのせいかもしれません。
よくいわれるように、我々は往々にして、自分に都合の良いものしか書物から読み取ろうとはしないものですから。

ただ、はなさかすーさんのいわれるような、彼の首尾一貫性、というか、姿勢のブレのなさ、については、印象として記憶に残っております。
自然、というものをひとつの価値基準として、常にそこに還り、そこから導き出す、ということを忘れないように努める彼の姿勢には、確かに、観るべき価値があるといえるでしょう。
勿論、自然というものをどう観るのか、それもまたひとつの大きな問題であり、彼の「自然観」そのものが間違っている、という観点もあり得るでしょう。
しかしたとえ、価値基準を自然というものにおく、ということに賛同しないのだとしても、彼の姿勢の「誠実さ」は、大いに見習うべきものだと思います。
彼の語る細かいことよりも、まずはここを、我々は学ぶべきなのかもしれません。

親となった今こそ、この本は読むべきなのでしょうね。

静磨 | URL | 2011-09-12(Mon)11:21 [編集]