FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

身延街道・甲駿国境から身延 その4

身延街道・甲駿国境から身延
 その4 南部宿






IMG_0118_convert_20190922093741.jpg

 国道52号線沿いにある、道の駅「とみさわ」の少し手前で、左に逸れる脇道に入る。




IMG_0119_convert_20190922093802.jpg

 150mほど進むと、




IMG_0120_convert_20190922093822.jpg

 福士川という川を渡る橋がみえてくるので、手前の川沿いの道に左折で入る。




IMG_0124_convert_20190922094400.jpg 



そのまま川の南岸を進むと、




IMG_0125_convert_20190922094421.jpg

 Y字の分岐にぶつかる。




IMG_0127_convert_20190922094442.jpg

 そのY字路の左手に弁天神社。西行峠を越えた身延街道は、山中からこの辺りへ抜けていたらしい。




IMG_0128_convert_20190922094502.jpg

 そしてそのまま、現在こうして橋の掛かっている辺りで、福士川を渡っていたようである。これでようやく、旧街道に戻れた訳だ。




IMG_0130_convert_20190922094520.jpg

 橋を渡った先で、県道801号線にぶつかるので、それを右折。




IMG_0133_convert_20190922094543.jpg

 すぐに、山の方へと逸れる脇道があるので、それを左折。




IMG_0134_convert_20190922094604.jpg

 こんな細い坂道。これが旧道で、目印は、この像。……なんだこれ。




IMG_0135_convert_20190922094627.jpg

 坂道の途中に、古そうな石像。詳細不明。




IMG_0136_convert_20190922094649.jpg

 旧道らしい道が続き、




IMG_0137_convert_20190922094712.jpg

 やがてまた下り坂に。




IMG_0138_convert_20190922094733.jpg

 集落に出る。




IMG_0139_convert_20190922094756.jpg

 十字路。旧道はそのまま直進。




IMG_0140_convert_20190922094821.jpg

 なんだか急にあやしげな道に。ちょっと不安になるが、進む。




IMG_0142_convert_20190922094843.jpg

 上り坂。濡れている上に、落ち葉が降り積もっていて、とても滑りやすいので、慎重にすすむと、




IMG_0143_convert_20190922094906.jpg

 ん? なんだか変なところに出た。




IMG_0144_convert_20190922094929.jpg

 これは、開通したばかりの中部横断道路という高速道路だ。旧道はこの新しい道路につぶされてしまったのかと、ちょっと心配になる。




IMG_0145_convert_20190922094947.jpg

 だが、竹林の中へと道は続いていた。




IMG_0146_convert_20190922095009.jpg

 これまた旧道らしい旧道だ。写真ではわかりにくいが、結構な下り坂。




IMG_0149_convert_20190922095034.jpg


 さらに下る。




IMG_0150_convert_20190922095058.jpg

IMG_0151_convert_20190922095123.jpg

 平地に出た。視界は開けたが、道は未舗装路になった。




IMG_0152_convert_20190922095144.jpg

 しかしその未舗装路なそんなに長くは続かなかった。畑のなかの十字路に出る。なんとなく、真っ直ぐ進みたくなるが、旧道はここを左折。




IMG_0154_convert_20190922095205.jpg

 道はまた中部横断道の高架の方へ。今度こそ、旧道はつぶされてしまったか、と思ったが、




IMG_0155_convert_20190922095229.jpg

 高架にぶつかるすぐ手前で、右方向へ続いていた。




IMG_0156_convert_20190922095258.jpg

 高架下を、北へ続く旧道。もう少し高速道路がずれていたら、旧身延街道は永遠に失われてしまうところだった。




IMG_0157_convert_20190922095319.jpg

 百合の花。




IMG_0160_convert_20190922095430.jpg
 
 やがてT字路にぶつかるので、左折。




IMG_0159_convert_20190922095403.jpg

 その曲がり角あたりに。




IMG_0161_convert_20190922095453.jpg

 道はまたしても、高架の手前で右へ。




IMG_0163_convert_20190922095516.jpg

IMG_0164_convert_20190922095540.jpg

IMG_0165_convert_20190922095629.jpg

 しばらくこんな感じに続いていく。




IMG_0166_convert_20190922095651.jpg

 その道沿いから、ちょっと離れた田んぼのなかに「双体道祖神」。像も灯籠も新しいものだが、男女の像が寄り添う形の道祖神、というもの自体は、とても古い歴史を持っている。




IMG_0168_convert_20190922095715.jpg

IMG_0173_convert_20190922095739.jpg

 「八幡一宮諏訪神社」を左手に見ながらさらに直進。




IMG_0174_convert_20190922095802.jpg

 T字路にぶつかる。旧街道は、本来はここを左の方向へ伸びていたようだが、もうその道は失われているようだ。すくなくとも、カブで走れそうな道はなくなっているので、しかたなく、右折。




IMG_0175_convert_20190922095822.jpg

 すぐにまた広い道にぶつかるので、こんどは左折。




IMG_0176_convert_20190922095844.jpg

 すると、道はまた国道52号線に出てしまうので、国道を北へ。




IMG_0177_convert_20190922095912.jpg

 国道を走ること1kmほど。




IMG_0178_convert_20190922095934.jpg

 右への脇道があらわれるので、そちらへ。このあたり、旧道は失われている区間が多いが、少なくともこの辺りから、かつての街道は山を降りて富士川沿いの方へと伸びており、この道が一番、その道筋に近い。




IMG_0181_convert_20190922095957.jpg

 左手に、八幡神社。神社の存在は、かつての街道がこの辺りに通っていたことの可能性を感じさせる。




IMG_0182_convert_20190922100045.jpg

 道は続いていくが、旧道の面影はみられない。




IMG_0183_convert_20190922100111.jpg

 富士川の対岸へと架かる橋と、その周辺に街並みがみえてくる。

 この辺りに、かつて南部宿という宿場があった。南部は、南部氏の発祥の地である。南部氏は甲斐源氏加賀美氏の分流で、初代は南部三郎光行(1165-1236)。道沿いに、そうした歴史を感じさせるようなものは見当たらない。静岡県教育委員会文化課編『身延街道』の、南部宿の節を転載。


 万沢宿から三里、本馬一七一文、軽尻一一七文、人足八三文、下山宿へ四里十五町、本馬二五八文、軽尻一七一文、人足一二九文。南部宿の初見は永禄十二年(一五六九年)八月十六日武田晴信禁制で、中世から発達していた宿駅であることがわかる。




 IMG_0184_convert_20190922100136.jpg

IMG_0185_convert_20190922100157.jpg

 この先、特に何ということもなく道は続いていって、





IMG_0187_convert_20190922100223.jpg

 また国道52号線に出てしまう。仕方がないので国道を北上、というところで、次回に続く。


 「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪
旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
姫街道
身延街道(興津ー境川)
旧東海道 日本坂峠
下田街道 三島大社から韮山
身延街道・岩淵筋
身延街道・由比筋

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する