FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

ウマを自作する


 ウマを自作する


 前回、作業台を何とか作り上げ、さあいよいよ文庫本用の本棚に手をつけようか、というところで、ふと気づく。

 住宅事情から小さく作った作業台だが、本棚の製作に使うには、あまりにも小さくはないか。縦長スペースに収まるよう、1800mmを超える高さの本棚を作るつもりなのである。天板のサイズが600mm×400mmしかない作業台では、どう考えても小さすぎる。

 そこで私、もうひとつウマを作ることにしました。サイズは例によって小さめになるが、作業台と併用すれば、幅せまの本棚を作るぐらいなら、ウマがひとつあればなんとかなるだろう。




uma25_convert_20190414165052.jpg

 ということで、図面を簡単に書いて、




uma22_convert_20190414165004.jpg

 木材も買ってきて、作業開始。材料は、例のごとくSPS材である。




uma23_convert_20190414165019.jpg

 さあ、どんどん切っていきましょう。




uma24_convert_20190414165035.jpg

 切り終えた。今回は2×4サイズばっかりなので、けっこう疲れた。ああ、やっぱり丸ノコほしいなあ。




uma1_convert_20190414164501.jpg

 切り終えたら、接合部のダボ穴をドリルで開けていく。そのための治具を、YouTubeのとある動画を参考に作ってみたのだが、




uma2_convert_20190414164523.jpg

 結局これが最高に便利で、こればっかり使ってしまった。これは2×4専用の定規で、ダボ穴やネジ穴の位置が一発で決められる、とても便利な道具である。




uma3_convert_20190414164537.jpg

 ということで、図面通りにサクサク穴開け。




uma4_convert_20190414164551.jpg

 開け終わったらダボをいれて……しかしここで、買ってきたダボが長過ぎることに気づく。20mmを買ったつもりが、30mmだった。しかたないので、ダボ穴を深く堀り直す。




uma5_convert_20190414164617.jpg

 やっとこさここまで組み終えて、必要な部分には木ネジを打って……ここでまた失敗に気づく。




uma6_convert_20190414164635.jpg

 あとは、一番上の横木を組めば終わりなのだが、その部分のダボの位置を間違えて開けてしまっていたのだ。どうやら図面を書き間違えていたみたい。仕方ないので正しい位置に穴をあけ直した。という訳で、また穴だらけになった(笑)まあ、ここは見えない部分なので、良しとしよう。




uma10_convert_20190414164651.jpg

 まずダボで組む。そして仕上げにネジを打ち込むのであるが、どうしても真上から打たなくてはならない。しかし上面は作業中に材料がじかに当たる場所なので、ネジの頭が出っ張っていては都合が悪い。そこで、




uma11_convert_20190414164706.jpg

 こんなものを使う。「皿取錐」。これで下穴をあけると、




uma12_convert_20190414164721.jpg

 こんな感じになる。ここにネジをうつと、




uma13_convert_20190414164737.jpg

 頭が完全に埋まる。




uma14_convert_20190414164759.jpg

 さらに、そのうえにダボをさして、



uma15_convert_20190414164814.jpg

 「あさり」のないノコギリでダボの頭を切り取ってやれば、完全にネジは隠れてしまう。うむ、便利な道具があるものだ。




uma16_convert_20190414164828.jpg

 これで、完成。ウマとしてはかなり小型サイズであるが、まあ、省スペースのためである。仕方がない。




uma17_convert_20190414164849.jpg

 こんな感じで使える。ノコギリで長い材を切る場合、切り落とす方に支えがあるのとないのでは、作業のしやすさが大きく違ってくる。




uma19_convert_20190414164919.jpg


 せっかくウマができたので、それを使ってもうひとつ作ろう。2×1.5の材を適当に4本切って、




uma21_convert_20190414164948.jpg

 場所を決めた上で板の裏にネジ止め。板の大きさは、だいたい作業台の脚の上面と同じぐらい。TVボードを作ったときの残材にちょうどいいのがあったので、それを使った。




uma18_convert_20190414164906.jpg

 で、作業台の前回作った天板を外して、今作ったものをはめれば、真っ平らな天板になる。これは、二階のベランダあたりで洗濯物を取り込む時のちょっとした台がほしい、という妻のリクエストに応えたもの。普段邪魔ものにされないために、機能をもうひとつふやした、という訳。




uma20_convert_20190414164934.jpg

 ふたつできたところで、今回はこれでおしまい。さて次回はいよいよ、本棚をつくろうかな。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する