FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

『読書について』

読書について 他二篇 (岩波文庫)読書について 他二篇 (岩波文庫)
(1983/07)
ショウペンハウエル

商品詳細を見る


読み手次第

 前回にひき続き、ショウペンハウアのこの本を取りあげる。今回は、表題作の『読書について』だ。つまり、前回の『著作と文体』では、「文章」というものとの能動的な取り組み方が問題にされていたが、今回は受動的な関係、すなわち「文章」を「読む」ということが、問題にされるということだ。

 私が新刊書をあまり読まないのは、若いころに、この『読書について』を読んだせいだ。

「良書を読むための条件は、悪書を読まぬことである。人生は短く、時間と力には限りがあるからである。」

 と、ショウペンハウアはいう。この短い論考のなかで、彼は一貫して、とにかく新刊書ではなく古典を読め、と主張している。確かに、評価の定まっていない新刊書は、勿論傑作である可能性もあるが、100年の歳月を生き抜くことで「超時代的」な価値を証明された「名作」よりも、「悪書」である可能性が高いといえる。

 読んでみなければ、その本が良いものか悪いものかは判断できない。しかし、自分でもあきれるほどの遅読である私にとっては、その「読んでみる」のが大変なのだ。どんな本でもひどく時間がかかり、そして私も一応社会人なので、時間は限られている。そこで、より「悪書である可能性が低い」ものを読んだほうがいい、という結論に達した。で、いまだにその習慣を律儀に守っている、という訳だ。

 勿論この方法が最良だ、という訳ではないだろう。この方法のおかげで、私は一年後にはブックオフで投げ売りされるような、話題性だけのベストセラーを掴まされることはないが、しかし読書が趣味、などといいながら東野圭吾がどんな作家なのか全く知らない、ということにもなる。

 これは実にバランスを欠いているといえるし、また、良書か悪書かの判断の一端を、自分の基準ではなく、「超時代性」というフィルターにゆだねてしまっているともいえる訳で、どちらかというと、あまりよくない方法だという気もする。

 ショウペンハウアという、極論好きな哲学者のいうことをそのまま参考にしてしまったが故の、この偏った読書習慣、という訳だ。フィヒテやシェリング、そしてヘーゲルまでもを「似非哲学者」呼ばわりするひとのいうことなのだから、それなりに、参考程度にとどめておくべきだったのかもしれない。

 そう、ときには悪書を読む、ということにも、やはり意味があることなのではないだろうか。結局、最終的には「自分がどう感じるか」が問題となるのが、読書というものなのだから。悪書を悪書だと判断すること、それもまた読書の「良さ」なのだ。

 今年の正月あたりから、こんなブログなど始めた関係で、他の方々のブログにお邪魔する機会もぐんと増えた。やはり自分のブログと同じジャンルのブログを読ませていただくことが圧倒的に多いのだが、そうしたなかで、様々な方々の、様々な読書スタイルというものを拝見し、いろいろと考えさせられることも多々ある。

 読書に、「良い方法」などを求めることの方が、間違っているのかもしれない、などとも思う。勿論、何かはっきりとした研究対象のようなものがあるのならば、しっかりと系統立てて、計画的に、対象を絞って読んでいくことが大切だ、といえるだろう。しかし、我々の多くは、読むことを楽しむ、そのために読んでいるのではないだろうか。

 そしてその「楽しみ」というものは、読書というものがひとりで行われる行為である以上は、当然きわめて主観的なものだ。だとするならば、大切なのはその「楽しみ」の主体であるところの「読み手」であって、読まれるものである本には、第二義的な意味合いしかないことにならないだろうか。

 「すなわち悪書は、読者の金と時間と注意力を奪い取るのである。(中略)我が国の現在の書籍、著作の大半は、読書のポケットから金を抜き取ること以外に目的がなく、著者と出版者と批評家は、そのために固く手を結んでいる。」

 と、ショウペンハウアはいう。確かに事態は彼の生きた19世紀よりも悪化しているといえるだろうし、その害毒といっては単に資源と労力の無駄遣いに留まらないような、そんな社会悪的な書物が、ただ「商売」のためだけに日々市場に垂れ流されていることもまた事実だろう。

 しかし、だからといって私のように、岩波文庫だとか「世界の名著」シリーズだとか、間違いのなさそうなところばかりを探っているのは、せっかく運転免許を持っているのに、迷子になることや事故にあうことを恐れて、知らない街までドライブに出かける楽しみを捨てて、近所の良く知った道ばかりをちょろちょろしているのと同じことだ。つまり、対象を限ってしまうことは、「安全」かもしれないが、やはりある大きな可能性を捨ててしまうことを意味するのだ。

 さらには、全ての文学は、それぞれに与えられた時代背景のもとに生まれてきた訳で(ボードレールの「現代性(モデルニテ)」を想起されたい)、それは最新の現代文学だとて同じ事情である。つまり、良書も悪書も皆、現代というこの我々の時代の申し子なのであり、それを避けるということは、今自分が生きている世界のある一面から、眼をそらすことにはならないだろうか。だとするならば、それは歴史を学ぶばかりで、それを現在に生かそうとしないことと同じといえるだろう。

 そしてまた、大いに話題にはなるが、それも一時的なもので、間違っても文学史に名を残すようなことはなく、良くても数年後には誰も思い出しもしなくなるような書物は、逆にいうならば「そのときにしか読めない書物」ともいえる訳で、しかも話題になる、ということは、「文学的価値」はどうあれ、その時代に適った何かを持っていることは確かなのだから、「旬」が過ぎないうちに読んでおく、というのも、そうした意味では価値のある読書だといえるのではないだろうか。

 と、いう訳で、私もこれからは、新しいものもたまには読んでいこう、などと思っている。が、どうにも書店の店頭に並んでいるような本についてはまるきり不案内で、作家の名前もよく知らないし、何から手をつけたらよいのか見当がつかない。

 とりあえず、少し前にこのブログでも取りあげた、村上春樹あたりから読んでみようか、というところだが、また、あちらこちらのブログにお邪魔して、参考にさせていただきますので、よろしくお願いします。

 しかし、我が家には「積ん読」本と化した歴史的世界的名著が山とあり、そして私の遅読に変化は全くない、という現実も一方には厳然としてある。この上に新刊書も、とよくばったりしても、さて、どこまで読んでいけるのやら。

スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する