FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

身延街道・由比筋 その3


 身延街道・由比筋 
 その3 峠から由比





IMG_0189_convert_20190113205729.jpg

 「芭蕉天神宮」参道入り口前から、また先へ走り出す。道は尾根道のようで、なだらかに林間を進む。




IMG_0190_convert_20190113205809.jpg

 参道入り口からほどなくして、右手に看板が。「久我大納言石入り口」とある。なんだかわからないが、40mか。まあ、行ってみよう。




IMG_0191_convert_20190113205912.jpg

 針葉樹の枯れ葉が降り積もった道は、ふわふわとした踏み心地。




IMG_0193_convert_20190113205949.jpg

 これが、「久我大納言石」。石に刻まれた説明文を転載。


  久我大納言石のいわれ

 御醍醐天皇(原文ママ)(一三一八 一三三八)は富士浅間神社を信仰し
 奉幣勅使として久我大納言をつかわした
 大納言は参詣をすませて乗馬で由比へぬける途中大晦日
 の里に着いたとき急に疝痛を患い遂に亡くなられた
 時建武元年村人は遺言を守り遺体の埋葬をした土地に
 天神宮を祀り約六百五十年経過した この石は当時の街
 道沿いにあり馬上より下された横たえられた石
 といわれ石を股いで通ると罰があたり合掌してお参り
 すれば御利益があるといわれてきた

 
 なるほど。もしかしたら、この小道が旧街道だった可能性もありそうだ。無論、石のほうを移動したのかもしれないが。




IMG_0196_convert_20190113210032.jpg

 カブ110にもどってさらに先へ。




IMG_0197_convert_20190113210124.jpg

 上り坂が終わった。この先はずっと下り坂だったので、ここが峠だろう。




IMG_0198_convert_20190113210203.jpg

 下る。




IMG_0201_convert_20190113210240.jpg

 右手に、稲荷神社。由来を転載。


  稲荷山縁起由来
 
 今を去ること約三百年前に、佐野家の先祖が駿河の国に
 土着し、劔を捨ててこの地を開発した。
 ある時、夢枕に白狐が現れ、我を祀れば子孫代々を
 守護するとの言葉を残して立ち消えたり
 その場所に行き見れば、子牛程の見目形のうるわしい白
 狐が死んで居り、そこに「ほこら」(社祠)を建て、その
 霊をまつり地名を稲荷山と呼ぶようになれり
 (後略)


 この「佐野家」というお宅についてはわからないが、周囲には立派な墓地が幾つもあり、その全てが「佐野家」のものだった。きっと、このあたりの名家なのだろう。




IMG_0203_convert_20190113210323.jpg

 しばらくすると、分岐が。わかりにくいが、左側の坂道が、走ってきた道。右の少々荒れ気味の下り坂が、進むべき道。




IMG_0205_convert_20190113210419.jpg

IMG_0206_convert_20190113210505.jpg

 分岐から100mぐらいで、右手に「鬼子母神社」。詳細不明。




IMG_0207_convert_20190113210611.jpg

 下り坂はかなり急になってくる。




IMG_0208_convert_20190113210659.jpg

 そして、道は荒れてくる。




IMG_0209_convert_20190113210744.jpg

IMG_0210_convert_20190113210839.jpg

 だんだん不安に。由比の方から登るのはちょっと大変そう。




IMG_0211_convert_20190113210921.jpg

IMG_0212_convert_20190113211002.jpg

 さらに進むと、




IMG_0213_convert_20190113211044.jpg

IMG_0214_convert_20190113211142.jpg

 急に視界が開けて、民家が見えた。




IMG_0215_convert_20190113211227.jpg

 ここで、県道76号線と合流。峠から、2、3kmというところか。この県道は、由比川沿いを海まで続いている道。ようやく、山越えの道は終了である。




IMG_0216_convert_20190113211302.jpg

 県道を南下。快適、快適。




IMG_0217_convert_20190113211343.jpg

 由比川の流れがみえてきた。




IMG_0219_convert_20190113211421.jpg

 東海道新幹線をくぐる。




IMG_0220_convert_20190113211451.jpg

 「入山入口」の信号機。ここが、旧国道1号線である県道396号線との交差点である。ここも直進。




IMG_0222_convert_20190113211524.jpg

 やがて丁字路に突き当たる。




IMG_0223_convert_20190113211604.jpg

 この道が旧東海道であり、この周囲が旧由比宿。つまり、ここが身延街道「由比筋」の南の起点である。さあ、ようやくゴールにつきました。




IMG_0224_convert_20190113211652.jpg
 
 「由比本陣公園」前。ここで、今回の街道巡りはおしまい、である。時間は、11時。「岩淵筋」の起点を出発したのが6時半頃だったので、4時間半も走ってしまった。

 「由比筋」の古道を走り終えての印象としては、思ったよりも道がしっかりしていたな、というものだ。ほとんど下調べをしなかった、というよりは、以前しらべてはみたもののほとんど情報が得られないままに、当てずっぽうで走ったので、途中で道がなくなってしまうことも覚悟していたのだが。

 それは多分、「興津筋」や「岩淵筋」のように、現道というしてのりっぱな県道が通されることがなかったので、古来の道がずっと使用されて廃道化を免れた、ということ、そして、峠に立派で由緒ある神社があり、参拝者の通行があるからだろう、と思われる。「身延街道」としては、最も早く廃れてしまった道筋ではあるけれども、今なお、現役の峠道なのである。

 これで、静岡県内の旧身延街道は、一応、走破したということになる。だが身延街道は、むしろ山梨県内の区間が主だというべき街道である。一応、静岡県内を守備範囲とはしているが、そんなに遠くでもないので、身延の久遠寺ぐらいまでなら走ってみてもいいかな、と思っている。ま、行くとしたら暖かくなってからになりそうだが。それでは、また。



「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪
旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
姫街道
身延街道(興津ー境川)
旧東海道 日本坂峠
下田街道 三島大社から韮山
身延街道・岩淵筋


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する