FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

TVボード塗装


 TVボード塗装

 また、DIY記事です。

 先日の椅子の塗装の乾燥時間中に組み立てたTVボード。これも、ターナーの「ミルクペイント」で塗装をした。「クリームバニラ」という色で、椅子同様、まず四度重ね塗りをした上で塗装面を400番のパーパーがけ、というメニューを二度繰り返した。その過程は割愛するが、




tea1_convert_20180418160141.jpg
 
 その結果がこれ。椅子のときは、この状態からトップコートを塗ったのだが、同じことをしてもつまらないので、




tea2_convert_20180418160203.jpeg

 今回はこれを使ってみることにした。ターナー・ミルクペイントの「アンティークメディウム」。これは何かというと、要するに「年季」を入れる塗料で、つまり、これを塗ることによって、古い家具のようにみせる、という訳である。無論、私は使ったことはなかったので、どんなものかと楽しみに開封してみると、




tea3_convert_20180418160222.jpg

 こんな感じ。ただの茶色い塗料みたいだが。塗り方としては、あちこちのwebサイトなんかを調べてみると、要するに、ちょっとだけ筆やスポンジなどにつけて、表面にこすりつけるような感じで塗るようだ。

 子供の頃、戦車のプラモデルなどを作るとき、塗装が終わった後に、「ウェザリング」というものを施した。それはつまり、塗装がはげたり、さびたり、泥がついたり、攻撃を受けたりなど、戦場で戦車が傷んだ様子をプラモデルに再現する「汚し」のテクニックなのであるが、それと、目的も方法も似たようなもののようだ。なるほど、これならできそうだ、と、やってみた。




tea4_convert_20180418160259.jpg

 その結果が、これ。なんだか、汚らしくなった。汚し加工をしたのだから当然といえば当然なのだが、ちょっとやりすぎたのかもしれない。ということで、




tea5_convert_20180418160316.jpeg

 やり過ぎかと思われる箇所に、上からまた「クリームバニラ」を塗ってみた。




tea6_convert_20180418160332.jpeg

 うーん、こんな感じかなあ。なんだか、こんどはただ塗りムラがあるだけみたいで、いまいち納得がいかないのだが、これでよし、としてしまうことにした。

 ということで、結論。「アンティークメディウム」によるエイジング加工、思ったよりも難しかった。これはもっと小さなもので練習してから、こういう大きい家具にチャレンジすべきでした。まあ、これも数をこなすしかないなあ。


にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する