FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

山中城、再訪 その2


 山中城、再訪 その2


 武田の築城には顕著な特徴がみられる。例えば、「丸馬出し」と「三日月堀」の組み合わせである。それは一般に「武田流築城術」などと呼ばれる。諏訪原城などに、それは確認することが出来る。





IMG_1341_convert_20161102204019.jpg

 これが、その諏訪原城の見取り図。半円形の馬出しと、それの前面に掘られた三日月形の堀がよくわかる。




image1_convert_20160723205601.jpg

 これは田中城。これはもう、武田の築城以外には考えられないような形である。とにかく、武田の城は「丸い」のが特徴のようだ。

 今回訪れた山中城は、北条の築城の特徴がよくわかる城跡であるという。




IMG_1494_convert_20170422234741.jpg

 例えば、この「畝堀」である。前回は、この「一の堀」などがある「岱崎出丸」をみてまわった。今回は、




IMG_1480_convert_20170423104146.jpg

 この「右半分」、城の中核部をみてみよう。こちらにも、どうやら北条の築城の特徴がみられるようだ。




IMG_1505_convert_20170423104210.jpg

 「岱崎出丸」から、駐車場のところで道路を渡ると、この「三の丸堀」のところから、城跡内に入れる。写真右手に「三の丸」があるのだが、そこへはここからは入れないので、後ほど。




IMG_1508_convert_20170423104234.jpg

 「三の丸堀」に沿ってしばらく行くと、この「田尻の池」がある。城内の水を確保するための、重要な施設。この貯水池の水は、馬に与えていたと推定されているらしい。降雨等で増水した際には、「三の丸堀」に流して排水していたという。どちらかというと雨が多く、水不足よりはむしろ水浸しになることの方を警戒すべき箱根という土地柄故、なかなか合理的な造りである。この辺りで、北に向かっていた城の外周に沿った道が、ぐっとまがって西へ向きをかえる。




IMG_1511_convert_20170423104357.jpg

 その道なりに進んで、とりあえずは城の西端まで行ってみる。




IMG_1509_convert_20170423104257.jpg

 その途中に、「元西櫓下の堀」。




IMG_1519_convert_20170423104720.jpg

 ここが、城の西端の「帯曲輪」。富士山が背後にみえますね。上掲図の、一番上のあたりである。




IMG_1521_convert_20170423110045.jpg

 良い眺め。前回も書いたが、眺望の良さは山城の生命線である。




IMG_1518_convert_20170423104654.jpg

 城の西端、「西木戸」。城の構造としては、こちら側から敵が攻めてくることを想定しているようだ。では、ここから東へ、城の中枢部へ向かう形でみていこう。




IMG_1516_convert_20170423104625.jpg

 西端の帯曲輪は、この堀によって「西櫓」と隔離されている。ここも、深い堀の底に畝を並べた「畝堀」が、綺麗に復元されている。




IMG_1522_convert_20170423104750.jpg

 ここが「西櫓」。




IMG_1523_convert_20170423104815.jpg

 ここでは、堀立柱建物の柱穴と考えられる穴が二十カ所、発掘されている。




IMG_1528_convert_20170423105300.jpg
 
 そしてこちらが「西の丸」。




IMG_1529_convert_20170423105327.jpg

 その「西の丸」から、先ほどの「西櫓」をのぞむ。ここまで曲輪が三つ、西から東へと直線的に並んでいる訳だが、それぞれの曲輪は、深い堀で区切られ、囲まれている形だ。その堀の様子を、まとめてどうぞ。





IMG_1512_convert_20170423104425.jpg

IMG_1515_convert_20170423104536.jpg

IMG_1526_convert_20170423105232.jpg

 この四角く区切られた堀は、「障子堀」と呼ばれ、これまた北条氏の城に特徴的なもののようだ。この辺りの堀は全て見事に復元され、その形を保つために芝が張られているが、本来は無論、土壌が露出していた訳だ。その土壌とは粘土質の所謂「関東ローム」であり、この深い堀にはまり込んだ敵兵は、ずるずると滑る足場に四苦八苦したはずである。




IMG_1525_convert_20170423104838.jpg

 堀の形のみならず、曲輪の形にもまた「北条の城らしさ」がみられるという。それを示したのがこの図である。武田の「丸馬出し」に対し、こちらは「角馬出し」と呼ばれる。

 以上が、東西に長いこの城跡の、大体西半分である。残りの半分、すなわち東側の城の中枢部については、次回に。



関連記事

カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 19・清水港湾地区
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 1・高天神城
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 8・興国寺城 
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 17・二俣城とその周辺
カブで史跡めぐり 22・天方城
カブで史跡めぐり 23・少将井神社、千手の前の像
カブで史跡めぐり 24・奥藁科 その1、栃沢、摺墨のこと
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 32・勝間田城
カブで史跡めぐり 33・花倉城 その1
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 40・諏訪原城址、再訪 その1
カブで史跡めぐり 42・丸子城
カブで史跡めぐり 43・蒲原城、再訪
カブで史跡めぐり 46・北街道
かぶで史跡めぐり 50・朝日山城
カブで史跡めぐり 52・持舟城
カブで史跡めぐり 53・手越河原古戦場
カブで史跡めぐり 54・横山城
カブで史跡めぐり 56・小島陣屋
カブで史跡めぐり 57・旧瀬名村にみられる瀬名氏の足跡


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する