FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

手越川原古戦場


 手越川原古戦場

 
 前回行った「持舟城(用宗城)」は、JR東海道線の用宗駅のそばちかくにあった。その用宗駅から東にひと駅、安倍川駅の近所に、「みずほ公園」という公園がある。地図で確認すると、




mizuho4kai_convert_20170219083744.png

これが、用宗駅と、持舟城址と、安倍川駅の位置関係。




mizuho3kai_convert_20170219083726.png

 そして、「みずほ公園」の位置。城跡のすぐ近所だね。余談だが、このあたり(みずほ、という街)に、私は独身時代、そして結婚後も子供が産まれるまでは暮らしていた。とても暮らしやすい街であった。




IMG_1499_convert_20170219083839.jpg

 「みずほ公園」。ひろくてとても綺麗な公園ではあるが、ま、普通のなんてことのない公園である。しかしここに、




IMG_1498_convert_20170219083814.jpg

 こんな石碑がある。「手越河原古戦場碑」。

 小さいほうの石碑に彫られた「由緒」書きによると、いまは住宅地であるこのあたりは、全体に安倍川および藁科川が流れる広大な河原だったという。その河原で、大きな合戦があった。

 元弘三年(1333年)、鎌倉幕府が滅亡すると、後醍醐天皇は配流先の隠岐を脱出、京に戻る。そしてそれまでの武家政治を積極的に否定し、親政をもって国を治める所謂「建武の新政」を始めた。

 しかし北条氏も、完全に滅亡した訳でも、後醍醐天皇の御親政なるものを黙ってみている気でもなかったようだ。建武二年(1335年)七月下旬、最後の得宗北条高時の遺児である、時行が信濃で挙兵、鎌倉を攻略、奪取した。鎌倉にいた足利直義は西へ敗走するが、後醍醐天皇の制止を無視して京を出立した足利尊氏の軍と三河で合流、そのまま東へとって返し、いくつかの合戦を経て、八月中旬には鎌倉を奪い返した。この一連の戦乱が「中先代の乱」である。

 この出来事を機に、今度は後醍醐天皇と、足利尊氏・直義とが敵対することになる。鎌倉に居座り、公職の任命や土地の分配といった、「武士の棟梁」的なことまでも独自に始めた尊氏に対し、後醍醐天皇は堪忍袋の緒を切らし、同年十月、「朝敵」足利尊氏追討を新田義貞に命じる。

 これを迎え撃ったのが直義で、十二月五日、両軍は駿河のこの手越川原において合戦を繰り広げた、という次第だ。この「手越川原の合戦」は、新田義貞すなわち後醍醐天皇方が勝利したのではあったが、この後、時代は尊氏による室町幕府の樹立、そして南北朝時代の混乱へとつながっていく訳である。

 で、その「手越河原の合戦」のときの、新田義貞が本陣を張った場所、というのもこの近所にある。これは以前にも行ったことがあったが、ついでなので今回もまた寄ってみよう。上記地図にある通り、安倍川駅の西側、丸子川のほとり、長田街道の橋が掛かる辺りにある。近所に「キルケゴール」という、やけに哲学的、実存主義的な名前の喫茶店があるので、それが目印になります(笑)。




IMG_1500_convert_20170219083912.jpg

IMG_1501_convert_20170219083934.jpg

 この小さな石碑がそれ。これも以前に書いたが、この周辺は、第一子が生まれて、みずほのアパートが手狭になったために、この近所の寺田という町に引っ越した我が家の、お散歩コースだった。その頃はこの石碑の前の川沿いの道は、まだ舗装されていなかったが。この町も、とても住みやすかったなあ。

 さて、「持舟城址」に行った帰りの寄り道も、このへんで終わりにしましょう。それでは、また。




IMG_1503_convert_20170219083957.jpg



関連記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 19・清水港湾地区
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 1・高天神城
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 8・興国寺城 
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 17・二俣城とその周辺
カブで史跡めぐり 22・天方城
カブで史跡めぐり 23・少将井神社、千手の前の像
カブで史跡めぐり 24・奥藁科 その1、栃沢、摺墨のこと
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 32・勝間田城
カブで史跡めぐり 33・花倉城 その1
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 40・諏訪原城址、再訪 その1
カブで史跡めぐり 42・丸子城
カブで史跡めぐり 43・蒲原城、再訪
カブで史跡めぐり 46・北街道
かぶで史跡めぐり 50・朝日山城
カブで史跡めぐり 52・持舟城


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する