FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

息子(6)のネーミングセンス





marume2_convert_20161204103714.jpg

 これは、数年前にある動物園に行ったときに、ウチの息子がほしがったので買ったヌイグルミ。

 彼はこれに、

「ひつじまるめえ」

 という名前をつけた。なんだか、このヌイグルミをみて、思い浮かんだ言葉を全部つなげてみました、というような名前だが、妙に心地よい響きがあって、つい口に出してみたくなる、なかなか面白い名前である。




marume1_convert_20161204103749.jpg

 で、これは先日、じいちゃんばあちゃんに動物園に連れてってもらったときに、息子が買ってもらった二体ののヌイグルミ。ご覧の通り、ヒヨコとライオン、であるが、まずヒヨコの方に

 「たまご」

 と名付けた。これはいくらなんでも、ヒヨコの名前としては妥当か否かちょっと検討の余地がありそうだな、などと思いつつ、ライオンの方の名前をきいてみたら、息子は答えて、

 「とんかつ」

 だそうだ。これにはさすがに吹き出してしまった。これはもう、「たまご」の妥当性の問題などふっとんでしまいそうな、突拍子もない名前だ。

 一体何がどうなって、ライオンの名前が「とんかつ」になるのだろうか。やはり、子供の発想、というか連想というものには、我々の理解の及ばないものがあるようである。


スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

かわいい

ひつじまるめえにたまご^^
最高に可愛いですね^^
子供ゆえのストレートな表現は可愛いし好きです
ピュアで綺麗なままの心をいつまでも守ってあげたいですよね

HD | URL | 2016-12-11(Sun)07:56 [編集]


Re: HDさん

HDさん、こんにちは。

まったく、子供たちの予想外の言動には、日々振り回されてばかりですが、時折、ハッとさせられます。
我々のアタマが、どれほど先入観や他からの影響に左右され、縛られているか、思い知らさせるのです。
何よりも我々は、子供たちよりも我々の方が「優れて」いるのだ、という先入観こそを、捨てるべきなのでしょう。
知識や経験の多少は、けっして考え方の優劣を決する本質的な因子ではない、ということです。

日々、彼らと共に、成長していけたら、と思っています。が、実際には難しいですね(笑)

コメントありがとうございました。

静磨 | URL | 2016-12-11(Sun)20:19 [編集]