FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

二俣城とその周辺 その3


 二俣城とその周辺
 その3・鳥羽山城



 北側にある二俣城から、歩いて鳥羽山城にやってきた私。相変わらず、「初めて来た城跡はできるだけ大手門から入らないとなんだか気持ち悪い病」のために、




IMG_0976_convert_20160626092925.jpg

 こんな道をぐるりと、城跡の南側目指して歩き、




IMG_0982_convert_20160626093104.jpg

 やっと入り口に辿り着きました。




IMG_0981_convert_20160626093033.jpg

 現地に表示されてあった見取り図を、一応。形としては至極単純な城だったようであるが、それには理由がありそうだ。見取り図に付記されてあった解説文から、引用。


 土塁や石垣が良好な状態で残され、本丸内部では礎石建物や庭園が確認されています。また、大手道は幅6mを超える破格の規模を誇ります。こうした特徴から、鳥羽山城は迎賓機能を備えた領主の居城だったと推定できます。一方、隣接する二俣城では、天守が築かれ、軍事的な機能に優れた城郭が整備されます。両城はその性格が対象的であり、「別郭一城」であると考えられます。


 二俣城攻めの「付け城」として築かれた鳥羽山城ではあったが、その後は、上記の通り「戦う城」としては使用されなかった、ということだ。よって、「攻めにくい」形に拡張されることはなく、この単純な姿に落ちついてしまったのだろう。




IMG_0983_convert_20160626093129.jpg

 これが、その「破格」のサイズをもった「大手道」。確かにこれでは、客を迎えるには便利でも、城を守るには苦労しそうである。




IMG_0984_convert_20160626093159.jpg

IMG_1009_convert_20160626093720.jpg

IMG_1010_convert_20160626093810.jpg
 
 大手道の左右に、曲輪が並ぶ。




IMG_0992_convert_20160626093429.jpg

 そしてここが「大手門」。




IMG_0995_convert_20160626093505.jpg

 その脇の石垣。




IMG_0990_convert_20160626093346.jpg

 大手門を入れば、すぐに眼の前に「本丸跡」。この辺りも、あまり防御を考えて作られているようには見えない。




IMG_0985_convert_20160626093233.jpg

 「東門跡」。




IMG_0988_convert_20160626093309.jpg

 この東門と、大手門のそばには「暗渠」があったようだ。設備は充実していたようである。




IMG_1002_convert_20160626093534_20160626095924c64.jpg

 こちらは、北側からの「搦手門跡」。どの門からも、本丸が丸見えである。




IMG_1003_convert_20160626093608.jpg

 本丸の南のはずれには、展望台が設置されている。




IMG_1007_convert_20160626093639.jpg

 そこからの景色。天竜川に架かるふたつの橋。正面の橋は天竜浜名湖線、右の方に架かるのは、浜松市の中心部へと続く国道152号線。写真上部を左右に横切る高架道路は、新東名高速道路である。




securedownload-3_convert_20160626094255.jpeg

 で、枯山水の庭園跡、というものもあり、そこの解説文に載っていた絵がこれなのだが、肝心のその遺構の写真を、どうやら私は撮影し忘れたらしい。何枚か撮ったつもりだったのだが……おかしいな。消去しちゃったかなあ。

 武田勢退去後の二俣城には、重要拠点ということで、家康の重臣である大久保忠世が城主として入城した。豊臣秀吉の世のなり、家康が関東へと転封となった後は、秀吉の家臣の堀尾吉晴が浜松城主となり、二俣城はその支城となった。この庭園は、安土桃山時代の様式で造られているようなので、この堀尾時代のものだと考えるのが自然であろうか。その二俣城も、江戸時代の到来とともにその役割を終え、廃城となる。鳥羽山城も運命を共にした、ということだろう。

 


IMG_1012_convert_20160626093932.jpg

 では、二俣城に戻ろうか。また土手の道に出る。写真は、鳥羽山城の方から二俣城を眺めたところ。その距離約500m。家康も、よくもこんな近くに付け城をつくったものである。

 ただ、山川出版社の『静岡県の歴史散歩』によると、以前の二俣川は、北からの直線的な流れを街の中心部にある双竜橋あたりで急に西に変え、この辺りに写真右側(つまり東)から流れてきてそのまま左側(西)の天竜川と合流していたらしい(眼の前の集落に「川口」の地名が残っているそうだ)。

 だから当時は二俣川を越えなければ、鳥羽山城から二俣城へは行けなかったということで、それは、この二俣城南面の防御が今みられる形よりもさらに強固であったことを意味するが、同時に、その急激な湾曲ゆえの二俣川の氾濫のしやすさをも意味した。

 度々の水害は人々を悩ませていたが、江戸時代中期に、二俣村の名主であった袴田甚右衛門喜長というひとが尽力、その流れを今みられるように真直ぐ南へ流れてそのまま天竜川に合流する形に改めたのだそうだ。

 二俣城に戻り、カブのところに向う途中、掃除をしているオジサンふたりと出会い、挨拶などしたのだが、そのときオジサンのひとりが、「いい記事書いてよ、たのむよ」なんて言ってきた。一眼レフのカメラなんか首からさげて、解説文の看板の前でメモなどしていたせいで、私を雑誌かなにかの記者だと勘違いしたのだろう。残念ながら私は過疎ブログの管理人にすぎず、オジサンの期待するような、人目につく大手メディアに記事を掲載することのできるような人ではないけれども、「はい、わかりました」と返事をしておいた。

 オジサンが暮らすこの二俣の街と、その象徴である二俣城を取材し、記事にしようとしていることに違いはないからである。そしてオジサンのそのひと言に、個人の過疎ブログだからといって、その書き手としての責任というものから逃れられるものだとは考えてはならない、そんなことも思い出させられたからである。

 日の出から時間がたつにつれ、気温も上がって疲れを覚え少々ぐったりしていたところ だったが、気を取り直して、カブに跨がりつぎなる目的地へ向った、というところでまたしても次回へ続く。



関連記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 19・清水港湾地区
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 1・高天神城
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 8・興国寺城 
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する