FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

日々の出来事 24


春、桜花咲きほこりて


 桜の季節である。今年は何だか、全国的に開花が早かったようだが、なぜか、我が静岡は他よりも遅かった、気がする。私はトラックの運転手なので、他所の県の様子も日々見ることができるのだが、実際、愛知神奈川東京山梨あたりの近隣県は見事に咲いているのに、静岡はなかなか咲かなかった。

 それでもようやく迎えた開花、そして、満開。今年は、史跡巡りなどしていることだし、カブで桜の名所とされている浜松城にでもいってみようか、なんて考えてもいたのだが、そろそろ、一人であちこち遊びに行ってばかりでは、妻や子供を敵に回して家のなかに居場所がなくなって嫌でもひとりで外をさまよい続けなければならないような事態にもなりかねない。そこで、静岡市内の桜の綺麗な場所へ家族で出掛けることにした。

 JR東海道線の、静岡駅から西へひと駅。安倍川駅の近くのアパートで、私は独身時代に一人暮らしをしていた。そして結婚後にも、妻をそこへ迎える形で暮らしていたのだが、その近所を流れる、丸子川という川の土手に、素晴らしい桜並木があった。そこへ、行くことにしたのである。




IMG_0741_convert_20160410103558.jpg

 ここ。さあ、堪能しよう。




IMG_0760_convert_20160410103704.jpg

 こんな桜のトンネルが続く。




IMG_0778_convert_20160410104015.jpg

IMG_0791_convert_20160410103831.jpg

IMG_0801_convert_20160410104319.jpg

IMG_0806_convert_20160410104345.jpg

IMG_0745_convert_20160410103744.jpg

 我が子ふたり。




IMG_0772_convert_20160410103810.jpg

IMG_0774_convert_20160410103942.jpg

IMG_0783_convert_20160410104124.jpg

IMG_0799_convert_20160410104257.jpg

 桜ばかりでなく。




IMG_0782_convert_20160410103906.jpg

 途中、子供がトイレに行きたがったので立ち寄った公園も、桜に彩られていた。




IMG_0795_convert_20160410104048.jpg

 花より団子とはいうが、子供には、花より遊具、のようである。

 色は匂へど散りぬるを。

 日本人が愛してやまぬ桜。以前にも書いたが、日本人の美意識というものは、移ろいやすいものを美しいとするのではなく、移ろいゆくその様の内に美を見出すところに、その本質があるのだと、私は思っている。だがそれゆえに、私は所謂仏教思想というものが、日本人の美意識とは相反するものだと思われてならないのである。

 そこに、この現世の無常を観じるところは、無論両者は共通している。しかしそれゆえにこの世を捨てて彼岸に至ろうとする仏教と、そこに「美」を見出し、「もののあはれ」などを憶えてしまう日本的価値観とは、実はまるきり反対を向いているものだとはいえないだろうか。

 まあ、美しく咲き乱れる桜花を眼の前に、何やらヤヤコシイ話を始めるは無粋というものだから、ここではこの話にあまり深入りしないけれど、移ろいゆくことどもを観て、そこでこの世を儚むよりは、それを慈しみ愛してしまうのが日本人だと、私はそういいたい訳だ。
 
 花散るべきなりとも咲き誇らむ。桜は、春の訪れを告げる花。春本番はこれからである。



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する