FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

作業台を自作する 天板編


 作業台を自作する 天板編

 
 前回脚部を組み上げ、作業台自作作業は天板作りに移行する訳だが、




ten1_convert_20190410184348.jpeg
 
 この900×600×25の板を買ってきた。これを切断するのだが、さすがにこれは丸ノコを使わないときつそうなので、実家で父親の丸ノコを借りて切断し、




ten2_convert_20190410184411.jpg

 この600×400×25サイズに。これを天板とする。




ten3_convert_20190410184434.jpg

 天板の裏側に、前回作った脚部を逆さにして、サイズを取り、同時に天板の方にも印をつける。




ten4_convert_20190410184453.jpg

 そのサイズを元に、今度はこの2×3のSPF材を切断。




ten5_convert_20190410184508.jpg

 こんな部材を作る。長いのニ本と、短いのニ本。




ten6_convert_20190410184524.jpg

 長い方の一本を、印をつけた場所にボンドづけした上に木ネジで固定する。天板なので、貫通しないようネジの長さに注意。




ten7_convert_20190410184541.jpg

 そしてその固定した一本に合わせて、再びひっくり返した脚部をのせ、他の三本位置決めする。こうしたものは、定規を使うよりも現物合わせが一番。




ten8_convert_20190410184556.jpg

 すべてネジ止めして、




ten9_convert_20190410184616.jpg
 
 これでOK。




ten10_convert_20190410184637.jpg

 もちろん、これでは天板は脚に固定されていないが、




ten11_convert_20190410184658.jpg

 こうして取り外しができるようにしたのだ。我が家では、しまっておく場所が限られるので、なるべく小さくなるようにした、という訳。




ten12_convert_20190410184716.jpg

 脚に天板を乗せるだけ、ではあるが、先程取り付けたこの四本の部材があるので、ずれてしまうことはない。だから、これで天板の取り付け作業は終了、なのである。しかし、この天板自体にもう少し細工を加える。




ten13_convert_20190410184738.jpg

 また2×3材をカットして、天板の横幅と縦幅よりも少し短い部材を、それぞれ二本と一本づつ作る。




ten14_convert_20190410184755.jpg

 その内長い一本を、天板の手前に固定できるようにダボを取り付け、それに合わせて天板にも穴をあける。




ten15_convert_20190410184812.jpg

 こうなる。無論、ボンドもネジも使わず、取り外しができるようにしておく。




ten16_convert_20190410184847.jpg

 そしてまず、まんなかに2×3材の端材をはさんで、もう一本の長い部材の場所決めをして、やはりダボの取り付けと天板への穴あけをする。




ten17_convert_20190410184906.jpg

 その次は、まんなかにはさむ端材を1×6材に変えて、またダボ位置にあわせて穴あけをする。




ten19_convert_20190410184929.jpg

ten21_convert_20190410185019.jpeg

 これを繰り返して穴をあけていく。なんでこんなことをするのか、もうおわかりですね。今後、ホームセンター等で入手しやすく、加工もしやすいために一番多用するであろうSPF材は、すべて、2×4(ツーバイフォー)という統一規格なので、それを作業時に楽に固定できるようにしたのだ。写真でもひと目でわかる絶望的な精度の低さは、まあ、初心者だということで、ご容赦ください。修行いたします。




ten22_convert_20190410185037.jpg

 たとえば1×6サイズの板を切断したければ、こんな感じで使う訳である。




ten20_convert_20190410184953.jpg

 必要ない時はこんな感じに。天板より大きな板等を扱うのならば、すべて外してしまえば良い。




ten23_convert_20190410185058.jpg
 
 短い一本はこんな風にも使える。これを何に使うかは、まあ、工夫しだいということで。




ten24_convert_20190410185115.jpg

 というわけで、ようやく私の自作作業台、完成である。ああ、疲れた。

 いろいろ細かい失敗はあったが、一応、考えた通りのものが作れた。これで、今後の作業が少しはやりやすくなる、はずである。ま、だめならばまた天板を作りなおせばいいかな、と思っている。天板を固定しなかったのは、この2×4用以外にも、何か良いものが思いついたら「交換部品」として作ることもできると考えたという理由もあるのだ。

 さて、次は文庫本用の本棚でもつくろうかな。

スポンサーサイト



PageTop