FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

秋を愛するひとは —太宰治

 
 季節の先取り、という訳でもないが、どうも近年、いつまでも終わらない夏といきなりやって来る冬とに挟まれて、秋という季節がはっきりしなくなったというか、来たかと思うとすぐにいなくなってしまい、遅筆の私が秋という季節について何か書いてみようという気になる頃には、とっくにどこかへいってしまって、夕方のニュースなどでアナウンサーが「すっかり寒くなりました」なんて始めてしまうものだから、今年こそはと、ちょっとフライング気味に、秋について書いてしまおうということにした。

 とはいえ、未だ季節は文句無しの夏である。暦の上でなんであろうと、これは夏以外の何かとはいい難い。こんな夏真っ盛りにあって、秋についてさっと何かを書けるほど、どうやら私の想像力は豊かではないようである。うむ、とひと思案。そういえば、秋について何か書く、というテーマの、太宰治の面白い小品があったのを思い出した。

 『ア、秋』と題された、文庫本で3ページほどのその短文、

 
 本職の詩人ともなれば、いつどんな注文があるか、わからないから、常に詩材の準備をして置くのである。


 という書き出しで始まり、例えば「秋について」という注文がきたら、『ア』の引き出しから「『秋』のノオト」を選び出して、それを調べるのだ、という体裁で、秋についていろいろと書き連ねていく。

 その「ノオト」にまず書いてあることとして、「トンボ。スキトオル。」という一文が挙げられる。最初に挙げただけあって、太宰も自信があったのだろう、秋をあらわす言葉としては秀逸だと私も思う。この他にも、「秋ハ夏ノ焼ケ残リサ。」だの、「コスモス、無残」だのと、いかにも太宰らしい、厭世的というか退廃的というか、黄昏の季節に相応しく物悲しい事どもを、アイロニカルに言いあらわす言葉をあれこれ連ねているが、私に最も強い印象を残したのは、次の一文であった。では、今回の「人生を凌ぐ一行」。


 秋ハ夏ト同時ニヤッテ来ル。と書いてある。
 夏の中に、秋がこっそり隠れて、もはや来ているのであるが、人は、炎熱にだまされて、それを見破ることが出来ぬ。



 気をつけて観察してみると、虫は夏のうちに鳴き始め、桔梗は咲き、柿ももう実を結んでいるのだ、という。そして太宰は続ける。


 秋は、ずるい悪魔だ。夏のうちに全部、身支度をととのえて、せせら笑ってしゃがんでいる。(中略)秋は、根強い曲者である。


 なにかこう、否定的に物事を言い表すとき、太宰は、その物事に強く共感していることが多い。彼は、秋という季節のうちに、自身の姿をみているようである。そのことは、数行後ろの一文においてはっきりと了解される。


 窓外、庭ノ黒土ヲバサバサ這イズリマワッテイル醜キ秋ノ蝶ヲミル。並ハズレテ、タクマシキガ故ニ、死ナズ在リヌル。決シテ、ハカナキ態ニハ非ズ。


 本来そこで「死ぬべき」だったはずの彼の若き苦悩の日々を、「生き残って」しまった、「生きながらえて」しまった、という意識は、生涯太宰の心から消えることはなかった。美しく死ぬことさえできず、芸術家という醜い生き物として生きていく他はないのだという彼の諦念が、痛ましくあらわされた名文、である。秋という季節そのもの、そしてそれを形作る様々な事物事象、それらに、太宰は限りない同情を覚え、そして、それらを悲しく愛おしむのである。

 ところで、無論太宰ほどの鋭い感性など持ち合わせてはいない私であるが、若い頃、バイクにばかり乗っていた頃には、季節の移り変わりというものに、今よりは格段に敏感であった。毎日毎日、大気に身をさらして走っていると、確かに、大気に含まれるもののなかに、変化を感じとることができた。

 夏の最中に秋を見出す、ばかりではない。春の麗らかさのなかに夏の灼熱のゆらぎを、秋の爽やかさのうちには冬風の鋭さを肌に感じとり、そして二月にはもう来るべき春の香を嗅ぎ分けていた。

 最近、スーパーカブなどをまた乗り回し始めた私であるから、あの頃の感性をわずかなりとも取り戻せたらなあ、などと思う毎日である、が、あいかわらず夏はただ暑いばかりだ。太宰のような「本職の詩人」には、なれそうにないようである。

 今回の「人生を凌ぐ一行」が読める本。


dazai1.jpg

新潮文庫 『津軽通信』 太宰治著  ISBN4-10-100615-6


 表題作『津軽通信』を中心にした短編集。太宰の天才はその文体にある、と以前書いたことがあるが、その文体の妙、とでもいったものを、存分に味わえるのはやはり短編である。


(なお、私が書籍紹介の記事を書かずにいた間に、FC2のブログサービスで、Amazonのリンクを簡単に貼れるツールが使えなくなっちゃったみたいなので、これからは本のイメージだけを貼ることにしました。リンクは埋まっていません。)

スポンサーサイト



PageTop