FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

ちいさな世界

 
 三月、我が長女が5歳になった。保育園の同じ教室に通う「おともだち」のなかでも、一番最後に誕生日を迎えた彼女も、もう4月からは年長クラスである。で、先日の土曜日、私が仕事をしている間に、私の父母、すなわち娘のじいさんばあさんにオモチャ屋につれていってもらい、誕生日プレゼントをせしめてきた。これである。



IMG_0423_convert_20140330215859.jpg

 シルバニアファミリー。このなかなか値の張るおもちゃを買ってもらった、そのことはいいのだが、なんでまた歯医者さんなのだろう。怖いじゃないか。

 また別の週末、今度は、市内のイベント会場で、「トミカ博」なるものが開催されていたので、出掛けた。このところ、例の消費税増税前の駆け込み需要とやらで、流通業界は大忙しのため、疲れのたまっている私は、こんな絶対に混雑しているイベントに出掛けるのは気が進まなかった。だが、案の定大混雑の会場だったのにもかかわらず、子供等と一緒に私もすっかり楽しんでしまった。で、調子に乗って大量のトミカ持ち帰ることとなった。



IMG_0425_convert_20140330215924.jpg

 イベント限定モデルがいっぱい。なかでも、幼少期にかのスーパーカーブームなるものに夢中になった私としては、ランボルギーニ・カウンタックとポルシェ911は涙ものである。ずっと以前に、プラレールのことなども書いたことがあるが、私はこういったミニチュアが好きなのである。子供等と一緒に、ついつい夢中になって遊んでしまう。

 外の世界では、桜の木も次々に満開を迎え、ようやく春も本格化してきたようだが、我が家の小さな苺の花も、可愛らしく、綺麗に咲いた。春の訪れには、ものの大小は関係ないようである。



IMG_0422_convert_20140330215829.jpg

スポンサーサイト



PageTop