FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

Dear,deer.



 以前、旅先で出会った動物たちのことを取りあげた記事の中で、鹿との出会いのことを書かせていただいたことがある(旅のおもいで・出会い その1  動物たち)。北海道東部のある国道をバイクで走行中、カーブの出口に突然現れた牡鹿と、危うくぶつかりそうになった、それが私と鹿との初めての出会いであった。

 また別の記事では、トラックでの夜間走行中、路面に横たわるたくさんの可哀想なネコたちを見る、というようなことを書いた。そして自分もネコを轢きそうになったし、この先、轢くことになる可能性も充分ある、ということも(猫と夜間飛行)。

 そして去年の秋の初め頃、ある出来事があった。そのことを、書いておきたいと思う。

 国道139号線。富士山の西側の朝霧高原を通じて、山梨県と静岡県を結ぶこの国道を、私はトラックで走っていた。時間は、朝の三時頃だっただろうか。北から南へ、静岡に朝八時頃に荷物をおろす予定であったから、時間的には充分な余裕があり、少しは眠れるかな、なんてことを考えながら、高原から一気に富士宮の市街地にくだっていくその坂道を、特に何の異常を感じることもなく。

 その時は、文字通り突然にやってきた。ヘッドライトの中に、まずはふたつの青白い反射光。つぎの瞬間にはそれは真っ黒な大きな塊になった。その黒い塊は、その大きさからは想像もつかない身軽さで、私の真正面に跳び出してきた。トラックの速度は時速約65km。鹿だ、と思ったときにはすでにそれはトラックの制動距離よりも近くにいた。

 そのままでは衝突は避けられない。私はブレーキを踏み続けた。片側一車線。対向車線にはトラックの車列、路側帯はなく、道路外には針葉樹が立ち並び、ハンドルを切ってよけることはできない。しかも、道は下り坂。鹿がもうひと跳びして、うまくよけてくれることを祈りながら、私はブレーキを踏み続けた。

 しかし両者の距離はあまりに短く、ヘッドライトに驚いてパニック状態の鹿には、もう冷静に安全な方向を見出すことはできなかった。衝撃と、鈍く、しかし大きな音。私のトラックは、鹿と衝突した。

 その後にみた光景を、私は忘れることができない。私はトラックを停め、降りた。鹿は、生きていた。よろよろと歩き、反対車線の路肩あたりに蹲った。通過するトラックのヘッドライトのなか、立派な角をもった牡鹿が、口から血を吹きながら、おびえきった眼を周囲に向けていた。いや……その焦点は定まっているようにはみえなかった。そして何台目かのトラックがその脇を通り過ぎたとき、牡鹿の姿は消えていた。死力を振り絞って、その危険地帯から逃れたのだろう。針葉樹の林のなかへ。安全な自分のテリトリーのなかへ。

 私はトラックに戻った。暗い下り坂である。追突される危険をさけるため、トラックを移動しなければならない。最大限の制動力を得るよう、クラッチを踏まなかったため、私のトラックはエンストしていた。ギアをニュートラルにして、スタータを回す。エンジンはかかった。しかしギアを入れようにも入らない。回転を合わせ、無理に入れると、すぐにエンジンは止まった。明らかにクラッチの異常だった。

 今度は下り坂であることが幸いした。私はまたギアを抜いてエンジンをかけ、そのままブレーキを離し、惰性で坂をくだって、数百メートル先のバス停のスペースにトラックを収めた。これで、とりあえずは交通の妨げにはならない。私はトラックを再び降り、自車のダメージを確かめるべく、トラックの前面にまわった。

 思ったよりも大きな鹿だったらしいことが、すぐに知れた。全幅は二メートルを優に超える8トントラックの前面が、端から端までベッコリとへこんでいた。ひしゃげたフロントパネルを開ける。その下には、クラッチのマスターシリンダがあるのだが、それがダメージを受けていた。他にもワイパーやウィンドウォッシャー液のタンクなども壊れていたが、クラッチは致命傷である。これではもう自走は不可能だ。

 会社に連絡し、仔細を報告、レッカー車を手配してもらった。後は、もう待つしかない。トラックの運転席に戻り、私は一息ついた。そして、あの鹿のことを想った。

 まだ生きていた。衝突の瞬間まで続けたブレーキングが、多分、鹿を即死させるほどのスピードを失わせていたのだろう。しかしそれはあの鹿にとって、不幸なことでしかなかった。牡鹿は血を吐いていた。それは彼の内蔵に、深刻なダメージを与えていることの証左だった。そしてまたそれはかの牡鹿の、近い将来の、緩慢で苦しみの大きな死の訪れを約束することをも同時に意味していた。

 そう、何年もかけて大きくなった牡鹿、きっと人間とは比べものにならないほどに低い生存率の世界で、多くの危機を乗り越えて生きてきた美しい牡鹿が、血を吐きながら、苦しんで死ぬのである。強靭な彼の生命力は最早、自身の断末魔の苦しみを、長引かせ、増幅させる役にしか立たないだろう。そしてその死を彼に与えたのが、他ならぬ、私自身だった。

 たまらない不快感が、私の胸をむかむかさせた。なんの意味もない死だ。珍しい食べ物として食べるために、あるいは単にスポーツとして楽しみのために、ハンティングの対象として撃ち殺すよりも、はるかに質の悪い「殺し」であるように思われた。本当に、何の意味もない死だ。偶然という下らない理不尽が呼んだ、残酷で、救いのない死だ。

 不快感は、私の胸をしばらく去ることはなかった。何日もだ。しかしそれでも、私は同じ仕事を続ける他はなかった。ぺしゃんこの猫の死体や、あるいは、同じ139号線で事故にあった、他の鹿の死体を横目にみながら。私は私の生活を続けた。トラックによる陸上輸送という、社会に必要不可欠な、そして動物たちに無意味な犠牲を強いるこの流通手段の、一端を担うこの生活を、だ。

 これを罪と呼ぶのか否か、その犠牲を避けられないものとして黙殺するか否か、そんなことはどうでもよいことだ。日々、交通事故で命を落とす人間たちよりもはるかに多くの動物たちの命が、想像もできないような勢いで失われ続けている、その事実があるのみだ。そのうえに我々の生活は成り立っている。注文した荷物は翌日に届けられ、遠方の港で水揚げされた魚は、新鮮なまま我が家の食卓にあがる。それが、事実である。それを、書いておきたかった。それだけである。



スポンサーサイト



PageTop