FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

『悲劇の誕生』

悲劇の誕生 (岩波文庫)悲劇の誕生 (岩波文庫)
(1966/06/16)
ニーチェ

商品詳細を見る


「強さのペシミズム」事始め

 1872年、ニーチェが二十八歳のときに発表された、彼の処女作であるこの『悲劇の誕生』は、このブログにときどき顔をだす我が友人Yが大学の卒業論文で取りあげたこともあり、私にとっては、ニーチェの数ある著作のなかでも、『ツァラトストラ』と並んで思い入れのある作品である。

 以前、ちらっと書いたことがあるが、私が読んだ最初のニーチェは『ツァラトストラ』だった。しかし当時まだ「似非新プラトン主義者」的な考え方をもっていたうら若き私には、ニーチェの思想にはほとんど共感できるものはなく、悪い印象だけを抱いて最後のページを閉じることとなってしまった。そしてそのために、しばらく私はニーチェを読むことなく過ごした。

 しかしやがてショウペンハウアの『意志と表象としての世界』を読み、その厭世哲学にそれまでの楽観主義的な自分の考え方を全否定されるような衝撃を受けるに及び、ようやく、まあ自分なりに、ニーチェを読む準備が整い、そしてこの『悲劇の誕生」を繙くに至った。

 結果的に、私は良い「順番」で、この二書、つまり『意志と表象』と『悲劇』を読むことができた、と思っている。というのは、この『悲劇』を書いた当時の若きニーチェは、いまだショウペンハウアの(そしてワグナーの)強い影響下にあり、実際、この『悲劇』にしても、その形而上学的根拠といっては、ほぼ完全にショウペンハウアに依拠しているのである。

 晩年に近づくにつれて、ニーチェはショウペンハウア哲学からの脱却、あるいは克服への意思を強め、ショウペンハウアどころか、形而上学そのものの価値をすら否定するに至るのではあるが、やはりその晩年期の彼の哲学のみを知ろうとするのではなく、彼がどこから出発したのかを知ったうえで、例えば『ツァラトストラ』などを読んだ方が、彼が「何と」戦っていたのかなど、いろいろとみえてくるものは多いと私は思う。
 
 よって、ニーチェを知ろうというのならば、やはりこの『悲劇』から始めるのがよいと考えるのではあるけれど、前述のように、その世界観はショウペンハウアそのままなので、準備的読書として、大著ではあるが『意思と表象』は読んでおくべきだと思う。無論、その『意思と表象』を読むためには、最低でもカントの『純粋理性批判』は読むべきだ、などといい始めると、もう最後にはプラトンから始める他はなくなってしまうので、この辺りはどこかで見切りをつけなくてはならないのだが。

 この書物は、「アポロ的なもの」と「ディオニュソス的なもの」という、ふたつの対立概念によって、ギリシア悲劇の、そして芸術というものの原動力とそのあらわれを説明しよう、という内容を持っている。

 と、これだけでは何のことやらわからないので、ざっくり説明してしまうと、「アポロ的なもの」とはつまり「表象としての世界」の壮麗な美しさのことであり、「ディオニュソス的なもの」とは、それに対して「もの自体としての意思」の、盲目的な衝動そのもののことである。・・・ますますワケがわかりませんか。しかし、『意思と表象』を読んだことのある方には、これで私が何をいおうとしているのか(私の解釈が正しいか否かは別として)おわかり頂けることと思う。

 勿論、『意思と表象』は読まず、『悲劇』の本文だけを読んだとしても、全く理解できない、ということはないだろう。この作品はニーチェには珍しく、秩序だった文章構成で論理的に(彼としては)書かれており、読んで内容を理解することは、預言の書のような『ツァラトストラ』だとか、他の格言めいたアフォリズム形式で書かれたものと比べるならばずっと容易だからだ。

 しかしここで語られるショウペンハウア=ニーチェ的な世界観は、まさしくこの作品で語られるところの「ソクラテス的主知主義」的な考え方に慣れきってしまっている我々には、感覚的に捉えにくい部分がおおきい。本当に、まさしくこの本のなかで提起されるこの問題故に、私は、あのショウペンハウアの大著をまず読んでおくべきだ、と思うのである。そしてこれは、ただこの処女作一冊の理解に役立つのみならず、ニーチェという巨人に立ち向かうための、我々にとってのおおきな手助けになるだろう。

 そうした意味では、この『悲劇の誕生』をまずできるだけしっかりと理解しておくことは、ニーチェ思想の迷宮に挑むにあたり、とても大切なことだ、ということもいえるのかもしれない。さらにいうならば、これをどう理解するかによって、様々な側面をもつニーチェが、そのひとにとってどういう意味をもつものとなるのかを、左右するともいえるのではないだろうか。

 この論文でニーチェは、徹頭徹尾その形而上学的根拠をショウペンハウアに負いながらも、ある決定的な価値転換をすることによって、彼独自の道への第一歩を踏み出している。ショウペンハウアにとっての、この「絶えざる苦脳」の連続に過ぎない、表象世界における生というものからの救済は、「盲目的な衝動としての意志」の否定、ということによって成されるものとされた。しかしニーチェは、「ディオニュソス的なもの」という形でその「意志」を積極的に受け入れることで、この苦しみ多き生を肯定的に受け入れる道を見出した。

 さらに彼の独創的なところは、「仮象」にすぎないものとしてのこの「表象の世界」の美しさ、すなわち「アポロ的なもの」をも否定せず、あくまでもこのふたつの対立概念の総合を、世界の芸術的、美的認識のために必要だ、としたことだ。それはショウペンハウアの「全否定の哲学」とは全く逆を向いた、「全肯定の哲学」であり、この二者が全く同じ形而上学的根拠から出発していること考えると、これは注目に値する。

 そしてこのことを、本書ではアッティカ悲劇の盛衰に仮託して語っている訳だ。だから、どうやら「文献学的」には、アッティカ悲劇の歴史というものを正しく捉えているとはいい難い本書であるらしいことは、あまり気にする必要はないだろう。ただ、我々が十把一絡げ的に「古代ギリシア」として俯瞰してしまいがちなものについて、その文化のうちにもやはり歴史的変容というものはあったのだ、ということを認識できればよいだろう。

 そんなことよりも、こうした世界の「美的認識」を、ソクラテス的な「主知的認識」、かんたんにいうと合理的、科学的な世界認識と対立させているニーチェの視点のほうを、我々はよく考えてみるべきだと私は思う。
 

 美的現象としてだけ、生存と世界は永遠に是認されている。
(第五節 抒情詩人の解釈)


 世界の合理主義的解釈、つまりニーチェ流にいうならば、「思惟は因果律という導きの糸をたよりに、存在のもっとも奥深い深淵にまで行き着くことができる」と信じる、理論的楽天主義的世界観は、ボードレールやドストエフスキーを経験し、さらには二度の世界大戦だとか原子爆弾だとかアウシュビッツだとかを経験してもなお、そして共産主義の理想の挫折だとか新自由主義の破綻だとかを経験してもなお、我々を支配し続けている。
 
 それは確かにある面では、この世界の謎を多く解明し、我々に多くの知識をもたらしてくれた。しかしその「知識」が、「世界を是認」することを助けてくれただろうか。この理性万能主義が、一体我々の生を「生きやすいもの」にしてくれただろうか。むしろそれは、ニヒリズムという過程を経て、結果的にはショウペンハウアにも劣らぬ程の徹底したペシミズムへの道を開いたばかりだとはいえないだろうか。

 ニーチェを知ることの今日的意味は、きっと、彼の生きた19世紀末とはまた違った形で、あるに違いない。少なくともそれは、世界というものを「市場価値」ではない価値観ではかることを教えてくれるはずだ。そのための第一歩として、本書は絶好の入門書だと私は信じる。岩波文庫に入れるならば、青帯よりはむしろ赤帯が相応しいかのようなニーチェの著作群ではあるが、しかしそれでもなお、彼の著作を「文学」という幻想ではなく、実人生を生きるための「哲学」の書として読むために必要な心構えとでもいったものを、この『悲劇の誕生』が教えてくれている気がするからだ。

関連記事
ニーチェ『悦ばしき知識』 不都合な哲学


 追記。このところ、更新が滞っておりました。それにもかかわらず、足繁くご訪問頂いた皆さん、申し訳ございませんでした。現在、見事に失業者となってしまった私ですが、そのためにブログも書けないほどヘコんでしまっているのかというと、そういうことではありません(確かに、少々メゲており、不眠症気味ではありますが)。ちょっと、いろいろなことに中途半端に手を出して、収拾がつかなくなっているだけです。本は読んでおりますし、記事を書いてもおります。ただ、なかなか捗りません。そしてこんな状況は、もうしばらく続きそうです。ですので、「あ、そういえば静磨のヤツ、まだ生きてんのかな、そろそろヤバいかな」などと思ってくださった頃に、ちょろと様子を見に、という感じでお越し下さいませ。
それでは、また。

スポンサーサイト



PageTop