FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

身延街道・甲駿国境から身延 その5


 身延街道・甲駿国境から身延
 その5 身延山久遠寺





mimap2kai_convert_20200419082445.png

今回走ったコース。いよいよ目的地である。




IMG_0188_convert_20200419081130.jpg

 旧南部宿を抜けた先は、5kmぐらい、国道52号線を走る。旧街道は多分まともな形で残っていなさそうだし、ちょっと疲れてきたしで、直接久遠寺に向かってしまうことにしたのだ。




IMG_0190_convert_20200419081202.jpg

 やがてみえてくる、身延山への案内看板。この信号を左折。




IMG_0192_convert_20200419081224.jpg

 走ること200m程。




IMG_0193_convert_20200419081257.jpg

 「身延山入口」の信号。ここを真っ直ぐ抜けると、




IMG_0195_convert_20200419081319.jpg

IMG_0196_convert_20200419081338.jpg

 いきなり、目の前に大きな門があらわれる。これが、「身延山惣門」。寛文五年(1665年)建立。この先が、身延山久遠寺の境内になる。




IMG_0197_convert_20200419081400.jpg

IMG_0198_convert_20200419081422.jpg

 道の左右に、幾つかの僧房などがある。




IMG_0199_convert_20200419081443.jpg

 やがて、門前町があらわれる。




IMG_0201_convert_20200419081505.jpg

IMG_0203_convert_20200419081526.jpg

IMG_0204_convert_20200419081547.jpg

 何かみえてきた。観光用の駐車場にカブを停めて、歩く。




IMG_0205_convert_20200419081609.jpg

 すぐに、巨大な「三門」がみえた。これは、大きい。




IMG_0206_convert_20200419081629.jpg

 「三門」とは、「空」、「無想」、「無願」の三解脱をあらわす、のだそうだ。




IMG_0209_convert_20200419081650.jpg
 
 「三門」を、内側から。




IMG_0210_convert_20200419081712.jpg

 そして前方にあらわれる石段。あれを登るのか……。




IMG_0212_convert_20200419081732.jpg

 石畳。




IMG_0214_convert_20200419081754.jpg

 そして、「南部實長公銅像」。現地の説明書きを転載。


 身延山開基大壇越 南部實長公銅像
 山崎朝雲 作

 日蓮聖人は文永十一年(1274)5月17日、領主南部實長(波木井)公のお招きにより、この身延のお山にお入りになられました。實長公は「今生は實長に及ばん程は見つぎ奉るべし、後生をば聖人助け給へ」とのお約束どおり、日蓮聖人ご在山の9年間一族をあげてご給仕されました。また、公は「十三里に四方の堺を立て今、日蓮聖人に寄附す」との置文をして、身延山を中心とした十三里四方を日蓮聖人に寄附され、子々孫々に亘り身延山を護ることを戒められ、永仁五年(1297)9月25日、76歳でお亡くなりになりました。





IMG_0215_convert_20200419081815.jpg
 
 石段を登る。この石段は「菩提梯」といって、登りきれば涅槃に達する梯、という意味らしい。287段あるそうだ。上掲の写真の通り、登るのはかなり大変なので、高齢の方、体調の悪い方などは、無理せず「男坂」か「女坂」を迂回してください、との注意書きがあった。最近は体力にはまるきり自信のない運動不足の私ではあるが、しかしせっかくなので、挑戦してみることにした。




IMG_0218_convert_20200419081841.jpg

 挑戦してみて、後悔した(笑) これはきつかった。




IMG_0219_convert_20200419081904.jpg

 それでも、休み休み、息も絶え絶えに這い上がり、ようやくみえてきたのは、




IMG_0223_convert_20200419082017.jpg

IMG_0231_convert_20200419082327.jpg

 「五重塔」。明治八年に一度焼失してしまったが、2009年に、かつての姿そのままに再建された。




IMG_0220_convert_20200419081928.jpg

IMG_0224_convert_20200419082108.jpg

 そして、正面に「本堂」。




IMG_0222_convert_20200419081950.jpg

 「大鐘」。寛永元年(1624)鋳造。初め、道順という修行僧が梵鐘寄進を発願、浄財勧募の諸国行脚に努めるも、志半ばにして旅の途上に逝去した。それを哀れんだ徳川家康の側室養珠院(お万の方)が自らの浄財を寄進、大鐘は鋳造され、道順の誓願は成就した由。現存の鐘楼の建立は、明治十五年である。




IMG_0225_convert_20200419082132.jpg

 「本堂」の隣に、「祖師堂」。明治十四年に、東京から移築された建物。日蓮の霊を祀る。




IMG_0226_convert_20200419082152.jpg

IMG_0228_convert_20200419082236.jpg

IMG_0230_convert_20200419082300.jpg

 文永十一年(1274年)、日蓮が西谷に草庵を結んだのがその始まりとされ、以後日蓮宗の発展と共に整備が進み、門前町も発達して、日蓮宗の総本山として今日に至る久遠寺。他にも奥之院だとか、その日蓮の草庵跡だとか、観たいものはたくさんあったのだが、今回は時間と体力の都合で、見学はここまでとした。車で真っ直ぐ来れば、自宅から一時間半ぐらいの距離なので、また家族もつれてゆっくり来ようかと思う。では、今回のお散歩ツーリングも、ここらで終了、としましょう。




IMG_0232_convert_20200419082352.jpg

 だが、登ったからには下らなければならない。がくがくになった膝で下るには、あまりにも急なこの石段。下りならばダイジョウブかと思ったのだが……、「男坂」に迂回すればよかった。

 「興津筋」から始まり、「岩淵筋」、「由比筋」と走って、今回、駿河と甲斐の国境からこの身延山までを走った、身延街道めぐりツーリングであったが、これで一応、静岡県教育委員会文化課編の『身延街道』において扱われている区間は、全て走り終えたことになる。あとは、この身延から甲府までの区間が残されている訳であるが、そちらはもう、本来の守備範囲である静岡県内からかなりはずれてしまうので、身延街道に関しては、これにて終了、ということにします。

 走り終えての感想としては、全体に、かつての街道の面影がかなり失われているな、というものだ。これは、山間を縫うように走る身延街道の性格上、仕方のないことだとは思われる。

 身延街道は、今なお国道52号線として、静岡と山梨を結ぶ現役の主要幹線路として機能している。よって、かつての街道と、現在の国道との道筋が重なっている部分も少なくないのであるが、そうした区間においては、大型トラックの頻繁な通行にも耐え得るような、上下二車線の立派な舗装路に様変わりしている。

 一方において、国道がかつての道筋から大きくはずれて通っている区間も多い。特に峠越えの区間が、トンネルや富士川沿いの道路に変わっているのが目立つ。そうした部分においては、不便な山越えルートは現在においては全く利用されることがなくなり、廃道かそれに近い状態になってしまっていることがほとんどだった。

 こうしていずれの場合にも、旧街道の姿は失われてしまう、という結果に至っているようなのである。現役の街道である故に、旧態を留めることなく常に改修を受け続け、現代的な姿となって今に至っている、ということだ。

 その結果として最も古い面影を残しているのは、静岡県内の区間においては、最も早くから発展したものの、後に他の道筋の方に利用者が流れて、早くから廃れてしまった「由比筋」だった、ということになったのはなんとも皮肉なことではある。峠越えの「由比筋」は、「岩淵筋」と「興津筋」に利用者を奪われたものの、その峠付近に神社があったためか、全く利用されなくなるようなことはなく、細々と存続したが故に、古い姿のまま残った、という訳だ。

 道、とは元来、実用的なもの、という以外にはあり得ないようなものではある。よってもし「歴史的価値」故にある道を保存しようというのならば、まさに「歴史的価値」のみを理由にして、保存がなされなければならないだろう。旧街道の保全の難しさが、ここにあるように私には思われる。そこに実利的なものを求めたならば、道は新しくされるか廃止されるか、そのどちらかの方向にしか変化され得ないのである。

 といったところで、久々の史跡めぐりツーリング、終了といたします。次はどうしようか。下田街道の続きか、秋葉街道か。これからいい季節になるので、出掛けたいと思っています。それでは、また。




IMG_0233_convert_20200419082413.jpg



 「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪
旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
姫街道
身延街道(興津ー境川)
旧東海道 日本坂峠
下田街道 三島大社から韮山
身延街道・岩淵筋
身延街道・由比筋

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

スポンサーサイト



PageTop

身延街道・甲駿国境から身延 その4

身延街道・甲駿国境から身延
 その4 南部宿






IMG_0118_convert_20190922093741.jpg

 国道52号線沿いにある、道の駅「とみさわ」の少し手前で、左に逸れる脇道に入る。




IMG_0119_convert_20190922093802.jpg

 150mほど進むと、




IMG_0120_convert_20190922093822.jpg

 福士川という川を渡る橋がみえてくるので、手前の川沿いの道に左折で入る。




IMG_0124_convert_20190922094400.jpg 



そのまま川の南岸を進むと、




IMG_0125_convert_20190922094421.jpg

 Y字の分岐にぶつかる。




IMG_0127_convert_20190922094442.jpg

 そのY字路の左手に弁天神社。西行峠を越えた身延街道は、山中からこの辺りへ抜けていたらしい。




IMG_0128_convert_20190922094502.jpg

 そしてそのまま、現在こうして橋の掛かっている辺りで、福士川を渡っていたようである。これでようやく、旧街道に戻れた訳だ。




IMG_0130_convert_20190922094520.jpg

 橋を渡った先で、県道801号線にぶつかるので、それを右折。




IMG_0133_convert_20190922094543.jpg

 すぐに、山の方へと逸れる脇道があるので、それを左折。




IMG_0134_convert_20190922094604.jpg

 こんな細い坂道。これが旧道で、目印は、この像。……なんだこれ。




IMG_0135_convert_20190922094627.jpg

 坂道の途中に、古そうな石像。詳細不明。




IMG_0136_convert_20190922094649.jpg

 旧道らしい道が続き、




IMG_0137_convert_20190922094712.jpg

 やがてまた下り坂に。




IMG_0138_convert_20190922094733.jpg

 集落に出る。




IMG_0139_convert_20190922094756.jpg

 十字路。旧道はそのまま直進。




IMG_0140_convert_20190922094821.jpg

 なんだか急にあやしげな道に。ちょっと不安になるが、進む。




IMG_0142_convert_20190922094843.jpg

 上り坂。濡れている上に、落ち葉が降り積もっていて、とても滑りやすいので、慎重にすすむと、




IMG_0143_convert_20190922094906.jpg

 ん? なんだか変なところに出た。




IMG_0144_convert_20190922094929.jpg

 これは、開通したばかりの中部横断道路という高速道路だ。旧道はこの新しい道路につぶされてしまったのかと、ちょっと心配になる。




IMG_0145_convert_20190922094947.jpg

 だが、竹林の中へと道は続いていた。




IMG_0146_convert_20190922095009.jpg

 これまた旧道らしい旧道だ。写真ではわかりにくいが、結構な下り坂。




IMG_0149_convert_20190922095034.jpg


 さらに下る。




IMG_0150_convert_20190922095058.jpg

IMG_0151_convert_20190922095123.jpg

 平地に出た。視界は開けたが、道は未舗装路になった。




IMG_0152_convert_20190922095144.jpg

 しかしその未舗装路なそんなに長くは続かなかった。畑のなかの十字路に出る。なんとなく、真っ直ぐ進みたくなるが、旧道はここを左折。




IMG_0154_convert_20190922095205.jpg

 道はまた中部横断道の高架の方へ。今度こそ、旧道はつぶされてしまったか、と思ったが、




IMG_0155_convert_20190922095229.jpg

 高架にぶつかるすぐ手前で、右方向へ続いていた。




IMG_0156_convert_20190922095258.jpg

 高架下を、北へ続く旧道。もう少し高速道路がずれていたら、旧身延街道は永遠に失われてしまうところだった。




IMG_0157_convert_20190922095319.jpg

 百合の花。




IMG_0160_convert_20190922095430.jpg
 
 やがてT字路にぶつかるので、左折。




IMG_0159_convert_20190922095403.jpg

 その曲がり角あたりに。




IMG_0161_convert_20190922095453.jpg

 道はまたしても、高架の手前で右へ。




IMG_0163_convert_20190922095516.jpg

IMG_0164_convert_20190922095540.jpg

IMG_0165_convert_20190922095629.jpg

 しばらくこんな感じに続いていく。




IMG_0166_convert_20190922095651.jpg

 その道沿いから、ちょっと離れた田んぼのなかに「双体道祖神」。像も灯籠も新しいものだが、男女の像が寄り添う形の道祖神、というもの自体は、とても古い歴史を持っている。




IMG_0168_convert_20190922095715.jpg

IMG_0173_convert_20190922095739.jpg

 「八幡一宮諏訪神社」を左手に見ながらさらに直進。




IMG_0174_convert_20190922095802.jpg

 T字路にぶつかる。旧街道は、本来はここを左の方向へ伸びていたようだが、もうその道は失われているようだ。すくなくとも、カブで走れそうな道はなくなっているので、しかたなく、右折。




IMG_0175_convert_20190922095822.jpg

 すぐにまた広い道にぶつかるので、こんどは左折。




IMG_0176_convert_20190922095844.jpg

 すると、道はまた国道52号線に出てしまうので、国道を北へ。




IMG_0177_convert_20190922095912.jpg

 国道を走ること1kmほど。




IMG_0178_convert_20190922095934.jpg

 右への脇道があらわれるので、そちらへ。このあたり、旧道は失われている区間が多いが、少なくともこの辺りから、かつての街道は山を降りて富士川沿いの方へと伸びており、この道が一番、その道筋に近い。




IMG_0181_convert_20190922095957.jpg

 左手に、八幡神社。神社の存在は、かつての街道がこの辺りに通っていたことの可能性を感じさせる。




IMG_0182_convert_20190922100045.jpg

 道は続いていくが、旧道の面影はみられない。




IMG_0183_convert_20190922100111.jpg

 富士川の対岸へと架かる橋と、その周辺に街並みがみえてくる。

 この辺りに、かつて南部宿という宿場があった。南部は、南部氏の発祥の地である。南部氏は甲斐源氏加賀美氏の分流で、初代は南部三郎光行(1165-1236)。道沿いに、そうした歴史を感じさせるようなものは見当たらない。静岡県教育委員会文化課編『身延街道』の、南部宿の節を転載。


 万沢宿から三里、本馬一七一文、軽尻一一七文、人足八三文、下山宿へ四里十五町、本馬二五八文、軽尻一七一文、人足一二九文。南部宿の初見は永禄十二年(一五六九年)八月十六日武田晴信禁制で、中世から発達していた宿駅であることがわかる。




 IMG_0184_convert_20190922100136.jpg

IMG_0185_convert_20190922100157.jpg

 この先、特に何ということもなく道は続いていって、





IMG_0187_convert_20190922100223.jpg

 また国道52号線に出てしまう。仕方がないので国道を北上、というところで、次回に続く。


 「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪
旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
姫街道
身延街道(興津ー境川)
旧東海道 日本坂峠
下田街道 三島大社から韮山
身延街道・岩淵筋
身延街道・由比筋

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

身延街道・甲駿国境から身延 その3


 身延街道・甲駿国境から身延
 その3 西行峠





mimap2kai_convert_20190825080840.png

 今回のツーリングのコース。
 
 万沢宿を抜けて、旧身延街道はしばらく国道52号線と重なって北上する。




IMG_0087_convert_20190908130127.jpg

 そして1.5kmほどいったところでみえてくるのが、この「切久保洞門」である。この辺り、富士川西岸に沿って伸びている52号線であるから、川岸までせまる山塊のために所々こうして洞門を築いて道路を守る必要がある訳だ。しかし往時は無論こんな建造物を築くことはできなかったので、川沿いに道を通せるほどの平地がなかったならば山を越えて道を通す他はなかった。

 この切久保洞門のある辺りでも例外ではなく、旧街道は本来この辺りから川沿いを離れて山中に入り、峠を目指す形で伸びていた。残念ながら、その旧街道は今は廃れてしまっているが、しかし、この峠道にまつわる伝説は、それを由来とする地名とともに今も残っている。洞門の手前、案内看板に従って左折し、「西行公園」を目指す。




IMG_0088_convert_20190908130154.jpg

 その曲がり角に大きな釜。




IMG_0089_convert_20190908130215.jpg

 登り坂を数百m進むと、




IMG_0090_convert_20190908130241.jpg

 左手に駐車場がある。ここを、右手のガードレールのほうへ鋭角的に右折。




IMG_0091_convert_20190908130302.jpg
 
 荒れているが、舗装自体はそんなに傷んではいない道を、さらに数百m。




IMG_0092_convert_20190908130327.jpg

 すると遊具が現れる。ここが、「西行公園」である。現地の解説文を転載。


  「風になびく富士の煙の空に消えて 
  ゆくへも知らぬわが思ひかな」

 この歌は西行法師が文治ニ年(1186年、平家が壇ノ浦の戦いに敗れた翌年)68才の時、京から東国行脚の折駿河よりこの地に入り、噴煙がたなびいている富士山を見て詠んだもので西行晩年の傑作であります。
 (中略)
 この西行法師ゆかりの西行峠は、かつての甲駿往還であり身延道であります。文永11年(1274年)5月に日蓮上人が身延山へ入山する時この峠を越えており、万治2年(1659年)8月に草深元治上人が西行峠の素晴らしさを漢詩に残しています。戦国時代に甲州武田軍の駿河攻めや武田勝頼追討の徳川軍もこの峠を越えています。
 (後略)



 西行がこの峠を訪れた際の伝承は様々残っているようだ。例えば、歌については無論自信のある西行が、この辺りまで旅をしてきたところで、行き会った子供に山で何をしてきたのか聞くと、その子供は「冬青く 夏枯れ草を刈りにいく」と歌で応えたので、子供までがこんなに見事な歌をたしなむことを知って、驚き畏れて道を引き返した、といった類いのものである。しかし残念ながら、西行が甲州に来た、という史料的な確証はないようだ。

 こうした民間伝承の類いが、いかに「あてにならないもの」であるかのひとつの例証として、この西行峠の事例を眺めるのも無論不当とはいえないけれども、ここで少し視点を変えて、かのジャンバティスタ・ヴィーコの言葉に耳を傾けてみるのもちょっと面白いだろう。


 イアンプリコスが『エジプト人の秘密』のなかで、エジプト人は人間の文明生活に必要なもしくは有用な発見はすべてヘルメス・トリスメギストゥスの功に帰した、というのはまことに至言である。
 (中略)
 太古の人間たちは、事物について知的な概念をつくりうる能力がなかったので、自然に詩的象徴人物を考えだすことが必要になったことを示す。詩的象徴人物というのは、空想的類概念もしくは空想的普遍者ともいうべきもので、すべての特殊な種に属するものを、一定のモデルとか理想的肖像のような、それぞれの似通った類型に還元したものである。
  
(『新しい学』第一巻第二部四二節 ジャンバティスタ・ヴィーコ著 責任編集者・清水幾太郎  中央公論社 世界の名著33)


 無論西行は実在の人物であり、古代人の空想の産物でも、神話的的文化英雄でもない。だがそれでも、こうしたことは人びとの言い伝えの中で行われるのである。例えば伊豆半島の由来譚がどれもこれも頼朝に関連づけられるように、ここでは歌に関わるある伝承が、有名な歌人に結びつけられた。それはきっと我々が思うよりも普遍的な現象なのであり、深く研究したなら、もしかしたら予想外の面白いことがみつかるのかもしれない。だが、ここであまりこんなことに深入りしてもいられないので、公園を歩いてみよう。




IMG_0093_convert_20190908130350.jpg

 石碑群。




IMG_0094_convert_20190908130414.jpg

 石祠に、石仏が二体。




IMG_0098_convert_20190908130438.jpg

 こちらにも。




IMG_0103_convert_20190908130614.jpg

 建物が。なんの建物だろうか。




IMG_0099_convert_20190908130503.jpg

 その東側の脇に、「甲駿往還」(身延街道の別名)の旧道入り口があった。ちょっと歩いてみようか、と思ったが、




IMG_0101_convert_20190908130529.jpg

 この有様をみて、やめちゃった(笑) 道は下っているようである。ではこの辺りが「西行峠」だろうか。




IMG_0102_convert_20190908130553.jpg

 建物西側にも、登っていく道があった。




IMG_0104_convert_20190908130632.jpg

 その先には、広場があり、




IMG_0105_convert_20190908130655.jpg

 『風になびく——」の西行の歌碑がある。




IMG_0109_convert_20190908130715.jpg

 そこからの景色。高架道路は、最近新東名高速道路の清水ジャンクションからこの辺りまで開通したばかりの、中部横断道路。いわば「最新の身延街道」である。




IMG_0112_convert_20190908130734.jpg

 では、先へ進もう。国道52号線に戻り、北へ。この「切久保洞門」に入る。



 
IMG_0114_convert_20190908130756.jpg

IMG_0115_convert_20190908130814.jpg

 私、実はこの洞門が大好きなのである。こうした大きな建築物の、合理性に富んだ人工美というものは、場合によっては自然美をも越え得ると、私は思っている。




IMG_0117_convert_20190908130834.jpg

 洞門の先、道は富沢の街へと向かっていく。というところで、次回に続く。



 「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪
旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
姫街道
身延街道(興津ー境川)
旧東海道 日本坂峠
下田街道 三島大社から韮山
身延街道・岩淵筋
身延街道・由比筋

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

身延街道・甲駿国境から身延 その2

 身延街道・甲駿国境から身延
 その2 万沢宿






mimap2kai_convert_20190825080840.png
 
 とりあえず、今回のコースを地図で確認。まだスタートしたばっかりだ。

 東海道の興津宿から分岐した、身延街道興津筋を北上する旅人は、駿州北端の宿場である宍原宿を出て、山間の難道「長峯三里」において越境、そして甲斐国南端の宿場である万沢宿を目指すことになる。




IMG_0045_convert_20190831172013.jpg

 白鳥山への寄り道から、国道52号へ戻る。今度は、身延街道の旧道を探さなければならない。




IMG_0046_convert_20190831172035.jpg

 国道を少し北へ行くと、左折レーンが現れるので、そこを左へ。




IMG_0047_convert_20190831172052.jpg

 眼下にちいさな街が広がる。これが、万沢の街である。まずは街の南端を目指す。宍原宿から、幾つかの山と国境を越えて、旧街道がこの万沢に辿り着く、その場所を探すのである。




IMG_0049_convert_20190831172437.jpg

 すぐにみつかった。写真奥が南、すなわち駿河の宍原宿方向である。どうやら、「長峯三里」を越えてきた身延街道は、この谷間を抜けて、万沢の集落に辿り着く、ということのようだ。




IMG_0051_convert_20190831172457.jpg

 その谷間から、北方向を向いたところ。カブは右を向いているが、旧街道は写真左方向へ続いていく。




IMG_0052_convert_20190831172517.jpg

 しばらく進むと、




IMG_0053_convert_20190831172614.jpg

IMG_0054_convert_20190831172633.jpg

 集落がみえてくる。




IMG_0055_convert_20190831172651.jpg

 別れ道。ここは右へ。




IMG_0058_convert_20190831172713.jpg

 しばらく行くと、道の右側に、丸石を祀る「道祖神」と、




IMG_0059_convert_20190831172734.jpg

 道標。ただ「丸いだけの石」を祀る、こうした類いの信仰について、かの碩学ミルチャ・エリアーデはこう書いている。ちょっと長いが、とても興味深い内容なので、引用してしまおう。


 近代西洋人は聖なるもののいろいろな顕現様式に直面して或る不安を感ずる。すなわち或る種の人間にとって聖なるものが石や木の中に顕われ得る、ということが理解し難いのである。しかしわれわれはまもなく、それが石そのものの崇拝、あるいは樹木そのものの信仰を意味するのではないことを知るであろう。聖なる石、聖なる木は石としてあるいは木として崇拝されるのではない――それらが崇拝されるのは、それが聖体示現であるからであり、もはや石や木ではなく、かの聖なるもの、<全く別なもの>である何かを示しているからである。
 どんなに原始的なものでも聖体示現はすべて背理を示すということは、いかほど強調してもしすぎることはない。聖なるものを啓示することによって、事物は或る<全く別のもの>となるが、しかしその後も依然としてその事物であることに変わりはない。というもの、それはその後も宇宙的環境世界に関与しているからである。聖なる石といえども依然として一個の石である。つまり見かけは(精確に言えば、世俗の観点からは)それを他のすべての石から区別する何物もない。しかし石が聖なるものとして啓示される人びとにとっては、眼前の石の現実が超自然な現実に変わる。言い換えれば、宗教的経験をもつ人間にとっては、全自然が宇宙的神聖性として啓示され得る。そのとき、宇宙は全体が聖体示現となるのである。

 (『聖と俗 宗教的なるものの本質について』 ミルチャ・エリアーデ著
   風間敏夫訳    叢書・ウニベルシタス14)


 ここで気をつけるべきなのは、現代の日本人である我々は、かつて路傍に丸石を祀った日本人よりは、ここで言われているところの「現代西洋人」のほうに近しい、ということである。我々は最早、ここに祀られたのが、なぜ「この石」であって他の石ではないのか、なぜあの神社の御神木はあの木であって他の木ではないのか、その理由を知らない。我々は自ら思うよりもはるかに、西洋的価値観に染められている。否、価値観に留まらず、思考方法や、精神、心の構造といった、根本的な部分から。

 しかし一方において、その不可侵性だけは慣習的あるいは無意識的に尊重し、未だこうして祀られた石をそのまま残し、祀り続けているのもまた我々日本人である。この合理性と非合理性との奇妙な共存こそは、私は日本人の強みであり、ある観点からは弱点であり、すなわち我々の特色であると思っている。それをこの先我々が生かすのか殺すのかは、わからないけれども。




IMG_0061_convert_20190831172754.jpg

 川沿いで、広い道にぶつかる。




IMG_0062_convert_20190831172816.jpg

 川を渡った先に、ガソリンスタンドがあるが、




IMG_0064_convert_20190831173419.jpg

 ここが「万沢の口留番所」のあった場所。現地の説明文を転載。

 町史跡 
 万沢口留番所跡
  昭和四十九年六月十日指定

 甲斐の国ニ十四関の一つで、甲駿二州の咽喉として重要な位置にあった。天正十年三月には徳川家康がこの番所を通過している。
 吉田家代々関守を勤め、下役は村役であった。
 番所は、桁行四間、梁間ニ間、関門両袖一丈ニ尺、高さ一丈四尺、桁行一丈七尺、明九尺であったが、明治五年五月、全く取り払われるに至った。



 つまり、ここからが、かつて万沢宿のあった辺り、ということになろうか。甲斐国南端、駿河国に向けて突き出した形の万沢宿であるから、国境警備、という観点からは極めて重要な場所であったことだろう。

 静岡県教育委員会文化課編集『身延街道』の、万沢宿の箇所を転載。


 甲斐国南端の宿。天正八年(一五八〇)の穴山信君伝馬手形に「……内房、萬沢、南部……」とあって、中世から栄えた宿である。南部宿から三里、本馬一七一文、軽尻一一七文、人足八三文。ここから駿州宍原へ継ぐが(『国史』)、古時は前述のように内房へと継いでいた。小規模なために本陣はなかったが、身延山参りの旅人で賑わった。当時を偲ばせる屋号に、身延屋・鍛冶屋・万屋・油屋・紺屋・駿河屋・大坂屋・東酒屋・西酒屋等がある。昭和初期の身延鉄道が開通するまでは賑わいをみせたが、以後急速にさびれてしまった。




IMG_0063_convert_20190831173357.jpg

 万沢の街の中を進む。史跡らしきものはみつけられず。




IMG_0065_convert_20190831173442.jpg

 やがてみえてくる標識。まさにこんな形に道は続いていく。




IMG_0067_convert_20190831173504.jpg

 こんな感じ。




IMG_0068_convert_20190831173524.jpg

 そのカーブの先に、「広福寺」。




IMG_0070_convert_20190831173548.jpg

 お寺の先、この横断歩道のところで左の脇道へ。こちらが旧街道。




IMG_0071_convert_20190831173608.jpg

 坂を登っていく。




IMG_0072_convert_20190831173627.jpg

 左に、万沢小学校。本来、旧街道は小学校の向こう側に回り込んでいたようだが、今はその道は失われているようなので、真っ直ぐ進む。




IMG_0073_convert_20190831173651.jpg

 さらに進んで、




IMG_0075_convert_20190831173712.jpg

 ここを真っ直ぐ進むのが旧街道なのだが、




IMG_0077_convert_20190831173734.jpg

 「車は通り抜けできません」と書いてある。カブなら、ダイジョウブかな。




IMG_0078_convert_20190831173800.jpg

 ちょっとどきどきしながら、この細道に進む。うん、一応、走れそうだ。




IMG_0079_convert_20190831173821.jpg

 やがて広い道に出て、




IMG_0080_convert_20190831173840.jpg

 さらに、国道52号線に合流する。




IMG_0081_convert_20190831173905.jpg

 その合流点に、「越渡の道祖神」と、




IMG_0083_convert_20190831173930.jpg

 「蓮久時」。こうみえてこれ、お寺である。一見、神社みたいだが、鳥居がない。境内に幾つかの石碑等。




IMG_0086_convert_20190831173950.jpg

 さて、万沢宿も終わり、街道をさらに北へ、というところで、次回に続く。


 「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪
旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
姫街道
身延街道(興津ー境川)
旧東海道 日本坂峠
下田街道 三島大社から韮山
身延街道・岩淵筋
身延街道・由比筋

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

身延街道・甲駿国境から身延 その1


 身延街道・甲駿国境から身延
 その1  白鳥山砦



 久しぶりに、「スーパーカブで行く早朝お散歩史跡めぐりツーリング」に出掛けてきました。昨年の11月末に、旧身延街道の岩淵筋、及び由比筋を走って以来、実に八ヶ月半ぶりである。最近はなんだか木工DIYにばかり夢中になってしまっていたが、カブの自賠責の更新があり、その際にオイル交換と、さらには前後のタイヤの交換までしてしまったので、なんだがカブで出掛けたくなってしまったのだ。




minobu01_convert_20190825080856.jpeg

 で、やってきたのはここ。身延街道の、静岡県と山梨県の県境、つまり、駿河と甲斐の国境付近である。前回岩淵筋を走ったときのゴール地点がここであり、その前に興津筋を走ったときのゴールもここだった。すなわちここは、三筋ある駿河国内の身延街道がひとつにまとまり、国境を越えて甲斐国に入る、その場所なのである。




mimap1kai_convert_20190825080811.png

 地図でみると、こんな感じ。




mimap2kai_convert_20190825080840.png

 で、今回はこんな感じで走る。国境から、旧身延街道を辿り、身延山を目指す。このブログでは初めて、甲州を走ることになる訳だ。




image1_convert_20190825080132.jpg

 あ、今回もこの静岡県教育委員会文化課編集の『身延街道』、及びのその付録の地図を参考に走りました。身延街道の成り立ちの等、詳細は過去記事をご参照ください(こちら。「身延街道(興津ー境川)」。「身延街道・岩淵筋」。「身延街道・由比筋」。)。




IMG_0017_convert_20190825080204.jpg

 そのスタート地点のそば近くを流れる境川。江戸幕府のもと正式な脇往還として管理されていた興津筋を、南から甲州に向けて歩いてきた旅人は、宍原宿の先で「長峯三里」と呼ばれる難所に入る。険しい山越えのその途中、この場所で境川を越えて甲斐に入る訳である。




IMG_0019_convert_20190825080227.jpg

 では、出発。時間は、朝の5時すぎ。しかし、旧街道は山の中を通っている。その旧道は多分、廃道か、それに近い状態にあると思われ、カブで走るのは不可能である。なので出だしから、国道52号線(つまり現身延街道)を迂回することになる。




IMG_0020_convert_20190825080247.jpg

 スタートから数百m走ると、




IMG_0021_convert_20190825080318.jpg

 トンネルがみえてくるが、ここで早速ちょっと寄り道。トンネル右側の脇道へと斜めに入っていく。




IMG_0025_convert_20190825080339.jpg

 しばらくは綺麗な道が続き、




IMG_0027_convert_20190825080357.jpg

 ゴルフ場の脇を通って、




IMG_0028_convert_20190825080419.jpg

 その先で少し道が悪くなるがメゲずに進むこと2、3km。




IMG_0029_convert_20190825080440.jpg

 やがてみえてきた公園兼駐車場にカブを乗り入れる。ここは、「白鳥山森林公園」という。




IMG_0031_convert_20190825080500.jpg

 景色は悪くない。靄がかかって見通しは悪かったが、それもまたちょっと幻想的でキレイなものである。




IMG_0033_convert_20190825080519.jpg

 ここから、カブをおいて山道を歩く。「車両進入禁止」の看板のある方の道へ。


 

IMG_0034_convert_20190825080542.jpg

IMG_0035_convert_20190825080605.jpg

 けっこう険しい。早速息切れする私。




IMG_0036_convert_20190825080626.jpg

 しかし距離は大したことはない。五分ぐらい歩けば、山頂がみえてくる。




IMG_0038_convert_20190825080651.jpg

 山頂に、案内看板。「狼煙台跡」。その説明書きを転載。


 狼煙台跡

 甲斐国志(一八一四)によれば「白鳥の砦」の條に「永禄十二年(一五六九)信玄駿州攻撃ノ時此ノ山ニ物見ヲ架ス」とあって、山中には陣場・鞍掛・馬ノ背・太鼓打場・千駄窪等の地名がある。又、天保十二年(一八四一)にできた「駿国雑誌」にも白鳥山城として、「庵原郡内房村ニアリ、今廃セリ(中略)今猶城跡有リ」と記されている。
 狼煙台は、戦国時代武田流戦術の一つとして駿河の情勢を白鳥山を基点として。府中(甲府)つつじケ崎の居城まで狼煙で連絡する場所として設置された。
 周囲を土塁でめぐらせ戦後しばらくまであった。
                             富沢町



 永禄十二年に開始された武田信玄による駿河侵攻については、このブログにおいても過去に幾度か触れてきたが、信玄は身延街道を通って越境し、今川氏真のいる駿府を目指した。その際にこの山頂に狼煙台をつくった、ということだが、山国である甲斐においては、狼煙というものは連絡手段としては実に理にかなった方法であったことだろう。これから本格的に駿河を手中に収めようという信玄が、まずここに狼煙台を作った、というのは、彼の決意のほどが知れるようで興味深い。




IMG_0039_convert_20190825080711.jpg

 こんなものもあった。「恋人の聖地」の石碑と、鐘。伊豆の恋人岬みたいなものをここに作ろうとしたようだが、なんというか、なぜこんなものが成功すると思えるのか、私としては実に理解し難い。




IMG_0043_convert_20190825080731.jpg

 こんなものも。こちらは、面白い。ここからみえる山々の名前を記してある。方向的には、南アルプス連山の3000m級の山々がみられるはずなのだが、




IMG_0044_convert_20190825080749.jpg

 残念、夜明けとともに靄がひろがり、視界は最悪であった。しかたがない、街道に戻ろう。というところで、次回に続く。


 「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪
旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
姫街道
身延街道(興津ー境川)
旧東海道 日本坂峠
下田街道 三島大社から韮山
身延街道・岩淵筋
身延街道・由比筋

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop