FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

木箱の塗装をする


 木箱の塗装をする

 暖かくなってきた、が、仕事が忙しかったりコマゴマした用事が連続したりで、なかなか史跡めぐりに出掛けられない。ということで、本格的なバイクシーズン到来に備え、愛車の荷台にいつもくくりつけている木箱の塗装などをしてみることにした。というのも、2016年の秋に雑貨屋さんで購入したこの木箱、




hako2_convert_20160901142813.jpg

 新品のときはこんな感じだったのだが、




IMG_0260_convert_20180103153148.jpg

 一年以上が過ぎ、こんな感じになってしまったのだ。色も抜け、カビやら何やらで木も汚れてきた。こうした「経年劣化」具合も嫌いではないのだが、なんだか汚らしいのが気になってきた。

 しかしだからといって、ホームセンターで道具やら塗料やら買いそろえるのでは何だか当たり前すぎるし、お金も掛かる。よって今回は、100円ショップで買えるもののみで挑戦することにします。そこで向かったのは近所のセリアさん。いろいろ買い込んで、次に向かったのは私の実家。父親がリタイア後の趣味に木工細工などをやっているので、よい作業場があるのです。そして、




IMG_2034_convert_20180306151142.jpg

 なにはともあれ、初めましょう。これが、現状の箱。塗装もなくニスも塗っていない、そのままの木がむき出しだったため、内側のカビひどいね……。




IMG_2035_convert_20180306151212.jpg

 塗料はこれ。「Water Paint」という商品で、勿論100円。容量は80mlで、塗り面積は0.8㎡と書かれてあったので、二本購入。色は、スモーキーグリーンを選んだ。水性塗料なので、シンナー等の溶剤も必要なく、あのペンキ特有のきついにおいもない、という優れもの。




IMG_2036_convert_20180306151230.jpg

 ボトルのままでは使えないので、やはりセリアで一緒に買ってきた、プラスチックの子供用の食器に塗料を出す。出しすぎると、塗っている間に乾いてきちゃうので、適量を。




IMG_2037_convert_20180306151250.jpg

 既製品のような綺麗な仕上がりをめざす訳ではないので、下地のことは気にせずとにかくガンガン塗っていく。安い塗料だが、伸びもよく意外に塗りやすかった。刷毛も、大きめのものを一緒に買ってきた。無論これも100円。




IMG_2039_convert_20180306151327.jpg
 
 塗り終わりました。30分ぐらいかかったかな。重ね塗りなんかはしてません、この「やっつけ仕事」感が好きなので。塗料は一本半ぐらい使った。箱の向こうに手伝ってくれた娘の手がみえてますが(笑)

 で、ただ一色で塗っただけではつまらないので、




IMG_2049_convert_20180306151348.jpg

IMG_2054_convert_20180306151446.jpg

 こんなものを用意。みんな、セリアで購入した100円グッズ。ステッカーではなく、木や金属でできたプレートなので、これを木ネジで箱の側面にくっつけていきます。木ネジも100円。サイズは限られてしまいますが、そこはあれこれ工夫します。




IMG_2052_convert_20180306151405.jpg

 はい、完成。




IMG_2053_convert_20180306151428.jpg

 反対側もどうぞ。いかがでしょうか。私としては、箱の色はもう少し薄かったほうが良かったのですが、ま、バイクで使用するので、すぐ色落ちするでしょう(笑) そう、「汚し加工」といって、わざと使用感を出す仕上げにも挑戦したかったのですが、今回はバイク用なので、だんだん自然に使用感が出てくるのを待つことにしました。




IMG_2055_convert_20180306151509.jpg

 カブにくくりつけてみました。




IMG_2058_convert_20180306151531.jpg

 反対側。

 今回購入したもの。

 塗料二本。
 刷毛。 
 パレット代わりの子供用プラ食器。
 各種装飾用プレート6枚。
 木ネジセット。


 すべて100円で、合計1100円(税別)でした。休日の暇つぶしにはちょうどいい感じ(笑)。この箱を背負って、また近いうちに史跡めぐりツーリングに出掛けようと思っています。では、また。



関連記事(カブに木箱取り付けの記事)
カブのこと 23 「ヒマにまかせ、ヤフオクにて木箱落札」
カブのこと 24 「カブ、仕様変更」
カブのこと 25 「木箱、リサイズ」
カブのこと 30 「木箱、フタをつける」
カブのこと 31 「またしても木箱を買う」

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト



PageTop

カブのこと 31


 またしても木箱を買う


 今年の春先、インフルエンザ罹患をきっかけになぜか始まった、「カブに木箱取り付け事業」であるが、もう何ヶ月も頓挫したままである。ただでさえ狭いアパートなのに、デカくて重くて古臭くて小汚い木箱がどんっと場所をとり、そろそろ妻の忍耐も限界に達しそうなので、なんとかしなければとは思っているのであるが。

 しかし元々あれは、泊まりがけツーリングの際に荷物入れにしようと買ったものなのだが、その泊まりがけツーリングとやらに出掛けられるメドがちっともたたないので、ただでさえメンドクサガリの私のモチベーションとやらも、まるきりあがってこないのである。

 そんな状況下にあるにもかかわらず、私はまたしても、新たに木箱を購入するというとんでもない暴挙に出たのであった。





hako1_convert_20160901142751.jpg

hako2_convert_20160901142813.jpg

hako3_convert_20160901142831.jpg

 じゃーん。カッコイイ、かな。雑貨屋でみつけました。荷台にゴムヒモでくくりつけただけであるが、安定感は充分である。

 このカブ、元々は通勤用に買ったものなので、当然ツーリングばかりでなく日々の通勤にも使用しているのであるが、その普段使いのための、小さな木箱がほしかったのだ。

 カブの欠点として、普通のスクーターのような、シート下の荷物入れスペースがない、ということがある。前カゴをつければよいのだが、私としてはカゴはあんまり好きじゃなかったのだ。しかし荷物入れは欲しい、ということで、こうなった訳である。

 これで、着替えだの水筒(1リットル×2)だのを入れたクソ重たいリュックを背負わなくてもよくなりました。取り付け方も、もう少し工夫したいところだが……多分このままになっちゃうんだろうな(笑)


関連記事(カブに木箱取り付けの記事)
カブのこと 23 「ヒマにまかせ、ヤフオクにて木箱落札」
カブのこと 24 「カブ、仕様変更」
カブのこと 25 「木箱、リサイズ」
カブのこと 30 「木箱、フタをつける」


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

カブのこと 30


 木箱、フタをつける

 ええ、前回、カブに積める大きさにまで、サイズを小さくした木箱であるが、勿論、まだまだ加工は必要である。

 やらなければならないことは山ほどあるが、とりあえず必要なもの、といえば、フタ、である。バイク用の荷物入れである以上、これはなくてはならないだろう。フタがないと、雨が降れば中の荷物が濡れてしまうし、バイクを倒しただけで荷物はバラバラだし、いや、段差を乗り越えただけで、ヘタをすれば中身が飛び出してしまう。

 という訳でホームセンターへ行き、あれこれと眺めながら無い頭でプランを練り、必要と思われるものを買い込んで、またしても道具のそろっている実家に転がり込んだ。前にも書いたが、私の父親の趣味が日曜大工なのである。

 父親がストックしてある材料の山から、良さそうな板を失敬し、箱に合わせて切る。自分でリサイズした箱であるから、きっちり真四角という訳にはいかず、右と左で5mmぐらいのずれは当り前にあるので、それに合わせるのはなかなか大変である。




IMG_0737_convert_20160315173438.jpg

 仮置。一応、こんな感じ。




IMG_0739_convert_20160315173507.jpg

 まずは、箱の上端、つまり箱とフタとの接面にゴムを貼る。防水と衝撃緩和、及び、いびつな箱と平らなフタとの間に生まれる隙間を埋める目的で。しかしちょっとゴムが薄すぎたかも。




IMG_0741_convert_20160315173618.jpg
 
 箱本体とフタとのサイズ、位置関係がはっきりしたところで、蝶番を取り付ける。




IMG_0740_convert_20160315173536.jpg

 その反対側、すなわち開口側に、角材を取り付け。なぜかというと、




IMG_0742_convert_20160315173647.jpg
  
 これを取り付ける高さを得るため、である。あと、取手がわりにもなるかな、と。




IMG_0743_convert_20160315173713.jpg

 こうなる。バネ付きなので、前述の歪んだ箱とフタとの隙間を、ぎゅっと締めてくれる。




IMG_0746_convert_20160315173815.jpg

 二個つけました。これで一応フタはついたが、このままだと、フタが大きく開き過ぎるので、




IMG_0745_convert_20160315173748.jpg

 これをつける。




IMG_0750_convert_20160315173918.jpg
 
 こんな感じ。これでフタがいい具合に開いた状態をキープできる訳だ。

 今回の作業で、




IMG_0169_convert_20160227215019.jpg

 これが、




IMG_0748_convert_20160315173848.jpg

 こうなった。

 まあ不器用ながらも、これで大体外側の形はできたかな。しかし、まだまだやらなければならないことはある。今回もちょろっとゴムなど貼ってみたが、やはり、防水がひとつのテーマになりそうである。


関連記事(カブに木箱取り付けの記事)
カブのこと 23 「ヒマにまかせ、ヤフオクにて木箱落札」
カブのこと 24 「カブ、仕様変更」
カブのこと 25 「木箱、リサイズ」


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

カブのこと 25


 木箱、リサイズ

 
 インフルエンザをきっかけに始まった『カブに木箱取り付けプロジェクト』。木箱購入から、とりあえずはカブをシングルシート&荷台仕様に変更し、カブの方の準備は整った訳だが、考えれば考えるほど、実際の取り付けには障害だの難問だのが山積していることが判明してきた。

 そのひとつひとつをこれから克服していこうと思うのだが、まずは、木箱の大きさの問題を何とかすることにした。何はともあれ、どこにどう取り付けるのか、寸法をはっきりさせなくてはならないのである。そのためには、箱の大きさを決定せねばならぬ。いや、もう箱は買ってある訳だし、今更箱の大きさなど云々しようもないではないか、というご意見はごもっとも。しかし、せっかく買った木箱、実はカブに積むには少々大きすぎたのである。

 具体的には、高さ45cm、縦46cm、横68cm、である。高さと縦のサイズは、ほぼ理想的、しかし横68cm、これが問題であった。これでは、カブの進行方向に向って縦積みするにせよ横積みするにせよ、荷台から半分以上がはみ出てしまう。さらにこの木箱、書籍流通用の通箱だったこともあり、なかなか作りがしっかりしていて重いのである。正直、この箱はやめて別のものを、とも考えた。しかしせっかく2100円もだして買ったのである。無駄にしたくはなかった。他に使い道もなさそうだし。

 そこで、思いきって箱を小さくすることにした。横サイズ68cmを、理想の50cmまで縮めるのである。マイナス18cm。簡単な話、側面の板をひとまず取り払い、横板と底板を18cm切って、また側面の板を釘うちすればよい訳である。しかしまあ、謂うは易し、行うは難し。やるとなるとこれがなかなかの手間である。

 問題は、横板に入っている「大坂屋」のロゴマークである。ほとんどこれが気に入って買ったようなものなので、これを生かさねばならぬのだが、サイズを縮めるのに、片側をばっさり18cm切ってしまったなら、このマークが片方に寄ってしまう。それではいくらなんでもカッコ悪いというもの。よって両側から9cmづつ切り詰めねばならぬ。しかしそうなるともう、箱を一度バラバラにして、切るべきを切り、また組み上げる覚悟が必要になる。

 案ずるより産むが易し、このままでは使い物にならぬのだから、是が非でもやらねばならぬ。ただ、バイクいじりならば少しはやったことがあるし、道具もある程度はそろっているのだが、木工となるとほとんど中学での技術の時間以来やったこともなければ道具も無い。そこで頼るのはまたしても親の脛、我が老父が幸いにして日曜大工を趣味としており、これが結構な凝りようで、道具ばかりは玄人はだしの立派なものがひと通りそろっている。古く重く大きすぎる木箱を抱え、迷わず実家に向った。

 で、こんなブログなどやっている以上、その行程など逐一写真に収め、記事にでもしてやろうなどとたくらみつつ、丸ノコ借りるよ、と父親に一言声をかけ、裏庭にどっかりと木箱を置いたところに、居間で昼寝をしかけていた父親がいそいそと出てきた。箱の両端から9cmのところに鉛筆で線など引っぱっている私の横に、あれこれとご自慢の道具をそろえてすっかり段取りを整え、さあとばかり、頼みもしないうちに手を出してきた。

 日曜大工を趣味とする父と、木工はほとんどやったことの無い息子。父にいわれるがまま、あの、写真を撮りたいのですが、と言い出す間もなく作業は進んでいく。丸ノコでギャーンと切られ、古釘も片端から引っこ抜かれてバラバラになった木箱。しかしまあ、トンカチで左の人差し指を殴りつけて血豆をこしらえながらも、気がつけばなんとか、箱の形に戻っていた。




IMG_0737_convert_20160218233630.jpg

 これが元々の姿。これが、




IMG_0169_convert_20160227215019.jpg

 こうなった訳である。かなり小さくなりました。

 この大きさならば、カブの荷台には問題なく取り付けられるはずである。また、一泊程度のツーリングの荷物ならば、やはり問題なく収められる容量は充分にある。




IMG_0178_convert_20160228092316.jpg

 仮置きすると、こんな感じ。まあ、いいんじゃないか。

 これでひとまず、大きさの問題はクリア、である。しかしクリアしなければならない問題はまだまだたっぷりある。さて、無事完成にこぎつけることができるのか否か、未だ我が事ながら、というか、我が事なればこそ不安は払拭されず、それどころかつのるばかり、といったところだが、ひとつひとつ、やっつけていこうと思う。そのいちいちを記事にしていくつもりでおりますので、乞う、ご期待。写真も、なるべく撮るようにしますので(笑)。


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

かブのこと 24


 カブ、仕様変更


 カブに木箱を取り付ける、という一大プロジェクトがナシクズシ的に開始した訳だが、そのためにはまず、カブを木箱が取り付けられる状態にしなくてはならぬ。

 バイクに荷物を積む、というと、まあ普通は、シート後部にゴムヒモかなにかでくくりつける、というのが常套手段であるが、わがカブ君においてはこの手段はとれない。何故とならば、カブの給油口というものは、シートを持ち上げたその下にあるのである。よって、シートの上に荷物なんか積んでしまったら、給油の度にその荷物を全部おろさなければならなくなってしまう。

 そうならない為の手っ取り早い手段は、シートを元々のシングルシートに戻し、後部の荷台も取り付ける、というものである。まあ、こうして書いてもわかりにくいので、実際にやってみる。




IMG_0741_convert_20160206054907.jpg

 これが、




IMG_0737_convert_20160221120648.jpg

IMG_0740_convert_20160221120746.jpg

IMG_0741_convert_20160221120820.jpg

 こうなった。作業時間は十分ぐらい。カッコイイからダブルシートのままに、なんて書いたばかりだったが、いきなりの仕様変更である。一気に実用車としてのカブの本来的雰囲気が強まりましたね。




IMG_0738_convert_20160221120718.jpg

 この頑丈そうな荷台。これならば、荷物はたっぷり積めるはず。

 しかし、まだ最低限の準備ができただけ、である。実際に木箱を積むことを考えると、いろいろと工夫しなければならないことがわかってきた。さて、一応夏に予定している泊まりがけツーリングまでには、完成させたいものである。



にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop