FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

またまたアンティークチェアを買う


 またまたアンティークチェアを買う


 また買いました(笑) ただ今回は、過去に何脚かの椅子を買っているアンティークショップの、オークションイベントで落札したもので、なんと落札価格は破格の8000円。これは、IKEAやニトリでも、ちょっと良さそうな椅子ならば普通にみられる値段である。いやあ、いい買い物ができた。しかし、安いといってもはっせんえんという金額は、自動車税だの家の火災保険だのカブの自賠責の支払いに、子供部屋のエアコンの新規購入という臨時出費まで重なったという、危機的状況下にある私の財布から、特に必要でもない椅子のために捻出する出費としては極めて大きなものであり、あんまり妻の前で椅子を眺めてニタニタしている訳にもいかないのは苦しいところであるが。




wbt1_convert_20190727125412.jpeg

 これがその、このたび新規購入した椅子である。形は、今年の正月に購入したものと同じ、「ホイールバック」である。




wbt2_convert_20190727125433.jpg

 その以前買ったものに比して、全体に重厚な感じ。実際持ってみると明らかに重さがある。




wbt13_convert_20190727130024.jpg

 並べてみる。右が今回買ったもの。全高は同じくらいだが、座面は以前買ったものよりも高い。そして、




wbt11_convert_20190727125913.jpeg

 座板の厚さにかなり差がある。これが、全体の重さに大きく影響しているようである。




wbt15_convert_20190727125818.jpeg

 この座板、写真ではちょっとわかりにくいが、よく見ると薄い板を幾層か重ねた合板であった。一枚板ではないのである。ここで私、おや?と思ったのだが、まあ、ひき続き細部をみてみよう。実は今回は、webサイト上のオークションで落札したので、私も自宅に持ち帰るまでは細部の確認ができなかったのである。





wbt3_convert_20190727125455.jpg

 まずは、背もたれ。典型的な「ホイールバック」の形状ではある。しかし、なんとなくズングリムックリ感がある。前述のとおり、全高の割に座板が高いので、そのぶんだけ背もたれの高さが比較的低い、ということも勿論、そのずんぐりした印象を裏付けてはいるのだが、




wbt14_convert_20190727125803.jpeg

wbt4_convert_20190727125512.jpg

 この背板が、ご覧の通り角を丸く仕上げられたものであることもまた、ズングリムックリ感を助長している。




wbt5_convert_20190727125527.jpg

 後ろから。ブレイシングスッティック等、その形自体はベーシックなものだが、やはり、背もたれの低さのために、各部材が「寸足らず」な印象を受ける。




wbt6_convert_20190727125542.jpg

 そして、この座板。ウィンザーチェアの座板は、尻の形に削られているのが一般的なのだが、これは、エクボのように丸くへこんでいるだけである。




wbt9_convert_20190727130135.jpeg

 別角度から。このほうがわかりやすいかな。




wbt7_convert_20190727125601.jpeg

 座板を裏面から。これもちょっと写真ではわかりにくいが、なんと、上面のへこみ分、裏面に出っ張っている。これはつまり、座板のへこみが削り加工ではなく、プレスして変形させることによって形作られていることを意味する。一枚板ではなく、合板である以上、こうする以外にはないという訳である。




wbt8_convert_20190727125616.jpeg

 さらに驚いたのは、この刻印であった。消えかかってしまっている為、もしくは、最初から刻印が薄いために読みにくいが、確かに「ROMANIA」と読める。ルーマニア??

 この椅子を買ったお店は、買い付けはイギリスで行っているはずなので、疑問に思ってちょっと調べてみたら、ある別のアンティークショップの通販サイトに、ほぼ同じ形の椅子をみつけた。そこの商品説明によると、要するにこれは、ルーマニアで作られ、そしてイギリスに輸出されたウィンザーチェアだ、ということらしい。

 本来イギリスの産物であり、しかもイギリスで使用されるものであるはずのウィンザーチェアが、何故わざわざルーマニアで作られ、イギリスにやってきたのか。その製法や仕上がりをみる限りで判断すると、残念ながら、これは「外国産の粗悪品」の部類に入るのかな、と思われる。つまり、きっと人件費等の経費が安いルーマニアで、国産(英国産)よりも安い製品を作ろうという意図のもとに生み出された椅子、ということである。

 ただこれは無論、ルーマニアの家具産業のレベルが低い、ということを意味するものではない。ざっと調べただけでも、「ルーマニア家具」というものはひとつのジャンルとして存立可能な水準にある文化であると思われる。イギリスが他の国ではなくルーマニアを選んだのは、その製造技術の高さに比して安上がりに作ることができる、という理由に寄ったのではなかろうか。つまり、完成度よりは、安価に大量生産することに主眼が置かれた製品だ、ということである。無論ここに書いたことは全て私の勝手な想像にすぎないけれども。




wbt12_convert_20190727130005.jpeg
 
 背もたれを比較。左が英国産で、右がルーマニア産。ルーマニア産の方は、座り心地があまりよくない。背もたれの角度が悪い(立ち過ぎている)ということもあるが、それよりも、アーチ形の「背枠」の角度と、背板や背棒の角度とがちぐはぐなのが、その座り心地の悪さを生み出しているようである。

 ネットであれこれ調べた限りでは、どうやらこれは1950年代から60年代ぐらいのもののようである。アンティークと呼ぶにはちょっと新しいかもしれない。ただ、ウィンザーチェアといえばイギリスかアメリカ製、そうでなければ北欧か、もしくは日本製、というのが主流だと思われるなかで、ルーマニア製という、なんというか変化球的な品物だった、というのはなんとも面白い話ではある。

 20世紀の中頃というと、東西冷戦の時代ということになるが、共産圏の国であった東欧のルーマニアと、NATO陣営の中心的存在である英国との間に、家具の貿易関係があったというのは面白い。このあたりのことについて、調べてみるのも良いかもしれない。

 お店の方のお話によると、長期在庫で塗装がちょっと傷み始めているそうなので、今後、もしかしたら自分で塗りなおしなどをするかもしれない。いずれにせよ、せっかく安価で入手した椅子なので、ちょっと遊んでみようか、とは思っている。



スポンサーサイト



PageTop

本日の無駄遣い


 本日の無駄遣い


 日曜日、また、金もないくせにアンティークショップへ。妻がちょっとした小物を探しに行きたい、というので出掛けたのであったが、そこでまた、私はつまらないものを買い込んできてしまった。




gu1_convert_20190331225735.jpg

 これである。この古びた家具の部材は何なのか、というと、そのまま、古びた家具の部材、なのである。つまり、もう修理も不可能になった古い家具の、使えそうな部品をバラ売りしているものを買ってきた、という訳である。




gu2_convert_20190331225758.jpg

 テーブルか何かの天板と、




gu3_convert_20190331225816.jpg

 なんだかよくわからない部材を二本。三点の合計金額は、はっせんえん(笑)




gu4_convert_20190331225833.jpg

 おまけに、こんなものも。いずれもアンティーク風の、棚受けとフック類。これはこれで、合計ろくせんえんぐらい(笑)。近々、これでちょっとしたものを作ろうと計画中なのである、が、それについてはまだ様々準備が必要なので、また後日チャレンジして、記事にしてみようと思っている。

PageTop

おひな様 2019


 おひな様 2019


貴(あて)なるもの。
 淡色(うすいろ)に、白がさねのかざみ。
 雁の卵(こ)。
 削り氷(けづりひ)に甘葛(あまづら)いれて、あたらしき鋺(かなまり)に入れたる。
 水晶の数珠。
 藤の花。
 梅の花に、雪の降りかかりたる。
 いみじううつくしき稚児の、苺など食ひたる。

  (新潮日本古典集成 『枕草子』第三十九段。)


 寒い日が続きますが、もう二月も中旬、静岡では梅は開花を迎えたようで、




hina3_convert_20190212145525.jpeg

 今年は早めにおひな様を出した。去年まではアパート暮らしでスペースがなく、三人官女が飾れなかったのだが、ようやく一戸建てに引っ越して、和室に悠々と飾ることができた。




hina1_convert_20190212145448.jpeg

 じつは、この三人官女のの方が、私は気に入っているのだ。




hina2_convert_20190212145503.jpg

 加えて、わたしはこうしたミニチュアが大好きなのである。娘よりも妻よりも夢中になって、おひな様を眺めて喜んでいる中年男なのでした(笑)


 殿上より、梅の、みな散りたる枝を、
 「これは、いかが」
 といひたるに、ただ、
 「早(と)く落ちにけり」
 と、いらへたれば、その詩を誦して、殿上人、黒戸にいと多く居たる、主上の御前にきこしめして、
 「よろしき歌など詠みて出だしたらむよりは、かかることは、まさりたりかし。よくいらへたる」
 と、仰せられき。

 (同上。第百段)


 ひな祭りの頃には、桃の花でも飾ろうか。


PageTop

またしてもアンティークチェアを買う


 またしてもアンティークチェアを買う


 そう、またしても、なのである。新年早々、以前ダイニングテーブルや椅子を買ったアンティークショップから、初売りのお知らせのハガキが届いた。現金払いならば三割引、の文言にまんまとつられて出掛けていき、そして、以前からずっと欲しかった椅子を買ってしまった、という訳である。




hoi5_convert_20190115153701.jpg

 それが、これ。37000円を三割引で買えた。




hoi1_convert_20190115153537.jpg

 後ろから。1930から40年代くらいの英国製のウィンザーチェアで、素材はエルム材、である。

 ウィンザーチェア、については、以前何度か記事にしているが、改めてその「定義」を、『ウィンザーチェア大全』から引用する。


ウィンザーチェアとは
 17世紀後半頃にイギリスで生まれた木製椅子

 [起源]
 古くからイギリス各地でろくろ職人や農民などによって造られてきた、ヴァナキュラーチェア(その地方特有の椅子)などのカントリーチェア。

 [基本構造]
 尻形の窪みをつけた分厚い木製の座板に、挽き物(主に旋盤加工された部材)の脚や背棒などが直接差し込まれた椅子。
 →背には笠木や背棒などが取り付けられる。
 →肘置きが設置されることもある。
 →補強のために、脚がには貫が施されることが多い。

 [種類]
 コムバックタイプ(櫛型)とボウバックタイプ(弓形)の2種類が基本形。
 →この2つの形を基に、時代や地域によって様々なタイプの椅子へと派生していく。

 (島崎信・山本耕平・西川栄明著 『ウィンザーチェア大全』』)

 
 今回購入したのは、弓形の背枠(バックボウ)からなる背もたれを持った、「ボウバックタイプ」ということになるが、そのなかでも、特徴的なスプラット(背板)の形状から、「ホイールバック」などと呼ばれるものとなる。




hoi7_convert_20190115153731.jpg
 
 これが、そのスプラット。その名のとおり「ホイール(車輪)」をモチーフとしたデザインである。『ウィンザーチェア大全』の、このホイールバックの解説の部分を、短いので全文転載してしまおう。


  ホイールバック(wheel-back)

 ホイールバックは、車輪(ホイール wheel)をモチーフとしたスプラットのデザインの一つです。ホイールバックタイプのスプラットを組み込んだ椅子は、18世紀後期から人気を博し、ウィンザーチェアの代表的なデザインとして定着していきます。19世紀初めに蒸気機関車が誕生し、当時のトピックスだったことも人気を押し上げた理由でしょう。正確には、「ホイールバック・スプラットが組み込まれたボウバック・ウィンザーチェア」と表現すべき椅子も、単に「ホイールバック」と呼ばれる場合が多いようです。
 年代が特定できる最古の例では、1780年頃には使用されていたことが確認できます。その後の普及ぶりはすさまじく、1900年代半ば頃までの約150年間に生産されたウィンザーチェアの4分の3は、ホイールバックではないかともいわれています。

 (『ウィンザーチェア大全』 77ページ)


 つまりこの椅子は、ウィンザーチェアのなかでも最も一般的な形、ということになる。実際、購入したお店にも、どの椅子よりもたくさんの在庫があり、そのなかからお気に入りをみつけるのは大変であった。




hoi8_convert_20190115153745.jpg

 背もたれの後ろ側には、「ブレイシング・スティック(bracing stick)」と呼ばれる補強材が入っていて、これもまたデザイン上の大きなアクセントとなっている。これがあることが、私がこのタイプの椅子を欲しいと思った最大の理由、でもある。カッコイイ。




hoi4_convert_20190115153639.jpg

 背枠には、装飾のラインが一本彫ってあるが、すり減ってかなり薄くなっている。




hoi2_convert_20190115153555.jpg

 座板。これが一枚板であるものを選んだ。私のちょっとしたこだわりである。




hoi3_convert_20190115153618.jpg

 実は、よく見ると座板のふちにもラインが彫ってある。こちらはさらに消えかかっている。




hoi6_convert_20190115153715.jpg
 
 脚部。こちらもごく一般的な、H型のストレッチャー(貫)である。




hoi9_convert_20190115153820.jpg

 以前買った「スクロールバック」と並べてみる。両方とも、上記の定義からはずれることのない「ウィンザーチェア」なのであるが、こうしてみるとかなりの違いがある。この他にも「コムバック」だとか「ラスバック」だとか、いろいろなタイプがある。この多様性もまた、このウィンザーチェアの魅力ではなかろうか。

 その多様なウィンザーチェアのなかで、「最もありふれたかたち」である、この「ホイールバック」を、今回(特価にて)購入した訳であるが、お店でみかけた、やはり同じ「ホイールバック」だが肘掛けのついたアームチェアが今、気になっている。また一生懸命働いて、小銭をこつこつ貯めて買いたいな、なんて思っている。他にも、生活の上であれば便利だな、という家具がたくさんあるなかで、いよいよ家の中を椅子だらけにして、妻に怒られないといいけれど(笑)


 関連記事
『ウィンザーチェア大全』

PageTop

清水灯台ライトアップイベント



 清水灯台ライトアップイベント


 今年は、「灯台150周年記念」の年、だそうである。明治元年、開国に伴い、西洋式の灯台としては我が国最初の観音崎灯台が、横須賀に建設されてから、今年で150年、ということらしい。

 その記念イベントとして、先日、清水海上保安部の主催で静岡市清水区三保にある「清水灯台(通称三保灯台)のライトアップが行われた、ということで、以前から「灯台好き」を自称する妻に命令……いや、お願いされて、早めの夕食の後に、出掛けてみた。




mitotizu_convert_20181021110411.png
 
 場所はこのあたり。以前、カブでも一度来て、記事にしているが、そのときは早朝だった。




mito1_convert_20181021105005.jpeg

 これが、ライトアップされた清水灯台の姿。なかなかキレイだ。




IMG_0599_convert_20151115081554.jpg

 ちなみに、朝に来たときに観た姿はこんな感じ。




IMG_0607_convert_20151115081618.jpg

 日中ならば、頭頂部の風見鶏がみえる。三保、といえば世界遺産の三保の松原。三保の松原といえば、天女の羽衣伝説、ということで、天女の形をしている。


 

mito4_convert_20181021105102.jpg

mito5_convert_20181021105118.jpeg

mito6_convert_20181021105134.jpeg
 
 もっと近づいて、細部を。こちらは海側(東側)の窓。




mito7_convert_20181021105154.jpg

 清水灯台は、その八角形の形が特徴的だ。その初点灯は明治四十五年(1912 年)三月で、日本初の鉄筋コンクリート造りの灯台である。全高は約18m、5万カンテラの光を14海里(14km)先にまで届かせる。眼の前の海は駿河湾であり、外海ではないので灯台としては規模の小さいもののようだが、シンプルで美しい姿である。いうまでもなく、現在見られるのは建設当時のままの姿である。




mito15_convert_20181021105415.jpg

 反対側(西側)からみたところ。こちら側に入り口がある。普段は立ち入り禁止だが、この日は特別に内部にも入ることができた(登ることはできませんでしたが)。




mito9_convert_20181021105259.jpg

mito14_convert_20181021105400.jpg

 入り口。




mito10_convert_20181021105314.jpg

 小さな灯台なので、内部はかなり狭い。その狭い内壁にそって螺旋階段が頭頂部にまで続いている訳だが、ご覧の通りの急勾配である。




mito11_convert_20181021105330.jpg

 上を見上げたところ。




mito12_convert_20181021105345.jpg

 「明治四十五年三月一日 初点灯」のプレート。




mito18_convert_20181021105429.jpg

 この日は月も出た。




mito222jpg_convert_20181021111930.jpg

 悪くない。

 この清水灯台は、三保半島に守られた清水港が、明治期に国際貿易港として発展していく過程において建設された。清水港湾地区での物流に携わっている私としては、一番身近な灯台、とはいえるだろう。


PageTop