FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

「ジャンヌ・ダルク』その2

宗教的偏見と、宗教への偏見

ジャンヌ・ダルクは、最終的には敵の手に落ち、裁かれ、火あぶりにされた訳だが、その場面もまた、実に「感情」的な舞台だった、ということができる。

 イギリス軍としては、なんとしてでもジャンヌを「魔女」として火あぶりにしなければならなかった。なぜなら、彼女が「魔女」ならば自分たちが神の恩寵にあずかっていることになるが、彼女が「聖女」ならば、自分たちが神の意思に反するもの、ということになってしまうからだ。

 そしてさらには、彼女によって聖別されたシャルル七世の王位の正統性を、手っ取り早く否定することにもなる。多分、イギリス側にとってはこれが最も重要なことだっただろう。なにせこの戦いは、他ならぬ王位継承権を争う戦いなのだから。

 ジャンヌは裁判にかけられる。神学に通じた名だたる「パリサイ人」たちが、読み書きすらできず、信仰については羊飼いの両親から教わったことの他は何も知らない田舎娘を問いつめる。裁く者たちの背後には、イギリスの剣がつきつけられているのだから、もう判決は最初から決まっているも同然だった。

 その裁判の様子については、記録としてかなり詳細に残されている。邦訳もされている。そしてその「パリサイ人」たちとジャンヌの問答を眼にするものは、胸の感動を禁じ得ないだろう。善良さ、というもののために、いったい何が必要なのか。学識なのか、素朴さなのか。権威なのか、素直さなのか。ジャンヌの言葉は、実際、彼女を裁く高位の聖職者だの、神学の博士だのといった連中を、少なからず感嘆させ、感動させずにはいなかった。

 ミシュレの描写も、このあたりに最も深い同情を込めているように思われる。そして確かに、ジャンヌの人間性、というものの魅力は、オルレアン解放の偉業などよりも、この裁判中の言動にこそ如実にあらわれてはいないだろうか。戦場の指揮官ではない、ただ祖国の戦乱を悲しむ心優しい田舎娘、それがジャンヌなのであり、だからこそ、その物語は人々の心を震わせるのだ。

 そしてその最期。予定通り、ジャンヌは火刑台の煙となった。ミシュレは、彼女を処刑したイギリス方の人々の様子を描くことで、このクライマックスを実に印象的に仕上げている。「異端者」ジャンヌの処刑という、このうえない見せ物の見物に集まったイギリス方の指揮官や兵士たちは、神を疑ったり、呪ったりする言葉をジャンヌが口にすることを期待していた。しかし炎にまかれたジャンヌが叫んだのは、ただ「イエスス」の名前、そればかりだった。

 「もうだめだ、我々は聖女を焼き殺してしまった!」。あるイギリス王の秘書の言葉で、物語は幕を閉じる。彼らはつまり、恐れていたのだ。ジャンヌはもしかしたら本当に天に遣わされた女であり、自分たちは天の意に背いて戦っているのではないのかと。だから、どうしてもジャンヌを異端者として焼き殺さなくればならなかったのだが、その敬虔な死に様に、すっかり畏れ入ってしまったのだった。

 ある心理学者の言葉を、私は思い出した。「感情にも、思考と同じくらいの権利がある」。ジャンヌの愛情に、「論理」はたびたび立ちはだかった。シャルル七世の政治的判断の影で彼女は敵に捕らえられ、学者たちの神学的正義によって裁かれ、イギリスの政治的利害によって処刑された。しかし彼女はその全てに「感情」によって勝利し、「救国の聖女」となったのだ。

 ミシュレの『ジャンヌ・ダルク』は、つまり彼女を、何やら特別な、まるで円卓の騎士の一員ででもあるかのような女傑としてではなく、一貫して「愛すべき田舎娘」として描いている点で、優れていると私は思うのだ。なぜなら、事実ジャンヌは、ただの田舎娘に過ぎなかったからだ。そう捉えてこそ、我々は、彼女の本当の姿に近づけるのだろう。

 そういう訳で、私はこの本が好きだ。だが勿論、立場が違えば彼女への評価も違ってくる。例えば英国人であるシェイクスピアが、その『ヘンリー六世』のなかで、ジャンヌを悪霊に取り付かれたひどい女として描いているのは有名だ。一方においてシラーなどは、その『オルレアンの少女』で、史実などおかまいなしにジャンヌを理想化している。

 その他、ヴォルテールだの、バーナード・ショウだのといった有名どころから、現代の世界中の研究者に至るまで、様々な人々が、それぞれの視点から彼女を描いており、それぞれが、ルネサンスや宗教改革の先駆者だとか、フェミニズムの象徴だとか、脳障害患者だとか、いろいろな役割を彼女に押し付けている。

 そうしたなかにあって、ただジャンヌの素朴さや、その意図の美しさへの愛着によって描かれたこのミシュレのジャンヌ伝は、ジャンヌに興味を抱いたひとが、まず最初に読む本としても優れていると思う。そしてまた我々にとっては、宗教というものを考えてみるよい機会にもなるのではないだろうか。

 カルト教団の凶行だとか、中近東あたりの紛争やテロのニュースなどが、我々に宗教というものに対して警戒感を持たせているのか。確かに「宗教的偏見」が、大きな、そして往々にして悲劇的な出来事を引き起こしているといえる部分は小さくはない。しかし、これは少し冷静になってみたならばすぐにわかることだが、問題の本質は、異なる宗教同士の争いなどではなく、単なる利権の争いでしかないのだ。

 宗教は、あるいは様々なイデオロギーもそうだが、結局利権争いの道具にされているのだ。だから必然的にそれは争いの種として我々にはみえてしまう。パレスチナ問題もしかり、アフガニスタン問題もしかり、チェチェン問題もしかり、某国の反日教育もしかり、さらには東西冷戦の構造、旧ユーゴの悲劇、ベトナム戦争、第二次世界大戦、もう、挙げ始めたらきりがない。

 宗教的あるいはイデオロギー的大義などは、民衆という、兵隊として突撃させる連中を、まるめこんで納得させるための口実にすぎない。素朴な信仰心、母を想うような愛国心は、権力者達に利用され、対外的な敵意にすり替えられる。

 こうした図式のなかでジャンヌの事跡を眺めてみると、また違う側面が見えてくる。結局ジャンヌは、ふたつの王家の争いのなかで、その信仰心を利用されただけだったのかもしれない。しかしキリスト教という巨大な宗教の支配する世界で、宗教の暗黒面、スコラ的な律法主義や、俗権と癒着した権力志向、排他的で不寛容な独善などに対して、彼女は、協調や博愛、献身や義侠心、廉恥心や慎ましさなど、素朴で土着的な宗教というものがもつ、本来あるべき姿を、我々にみせてくれた。

 それは、伝統的な本物の宗教がもつ、ある社会を持続可能で、より暮らしやすいものにする機能というものの、象徴的な形だといえる。だからこそジャンヌの物語は、これほどに無神論的な現代にあっても、人々の興味を惹き、「異教徒」たる我々を感動させるのだと思う。そしてその普遍性こそが、我々の「宗教への偏見」を、矯めさせる力になるのではないだろうか。


魔女〈上〉 (岩波文庫)魔女〈上〉 (岩波文庫)
(2004/10/15)
ミシュレ

商品詳細を見る


この本を読むと、ミシュレの「ジャンヌ観」が、よりいっそう理解しやすくなるし、勿論、この本自体、ヨーロッパの宗教観、あるいはヨーロッパのキリスト教受容の歴史などもわかり、とても面白いので、一読されることをお勧めします。

スポンサーサイト



PageTop

『ジャンヌ・ダルク』その1

ジャンヌ・ダルク (中公文庫)ジャンヌ・ダルク (中公文庫)
(1987/03)
ジュール ミシュレ

商品詳細を見る


史実とロマン

 私がジャンヌ・ダルクという人物を知ったのは、小学生のころに読んだ絵本だった。しかしなぜ、私はその後もジャンヌへの興味を抱き続けたのだろうか。自分でもよくわからないが、まあ、源義経の伝記を読んですっかり義経好きになってしまうような、そんな「ベタな」小学生だったからだ、ということにしておこう。

 私はフランスに行ったこともないし、フランス人と親しんだこともないので、かの国の国民性については知るよしもないのだが、この本の冒頭あたりを読んでみたならば、日本人の「判官贔屓」に似た、いってみれば「乙女贔屓」みたいなものが、どうもフランス人にはあるらしい印象を受ける。

 少なくとも、この「オルレアンの少女」、羊飼いの娘として生まれ、神に遣わされた「ロレーヌの乙女」として戦い、勝利し、敵の手におち、異端者として火刑台に消えた「救国の聖女」についてのミシュレの記述は、彼女に対する限りない愛情と憐憫と感謝とに充ちている。そしてその愛情は、フランスにおいては決して物珍しいものではないと、信じていいと思う。

 なぜならそれは、フランス人の気質云々の問題ではなく、ジャンヌ自身が、語の最も正確な意味での「国民的アイドル」に、相応しい人物だと思えるからだ。こういう人物が、自国の歴史上にいたならば、その国の人々は多かれ少なかれ愛着を示さずにはいられないだろう。まさに、我が国の義経のようにだ。

 そしてそのジャンヌを、「愛すべき」ものとして描いている、という点において、私はこの「ミシュレのジャンヌ」以上の好著を寡聞にして知らないし、またあり得ようとも思えない。

 ミシュレが『フランス史』を上梓したのは19世紀だ。我々からみれば「昔の人」だが、あるジャンヌの行動について、「そしてその英雄的な狂気は叡智そのものだった」といえるぐらいには、充分歴史家として科学的であり、近代的だ。だから、「フランス万歳」だの「カトリック万歳」だのといった調子は、その文章からは読み取れない。勿論あの『魔女』を著したこの歴史家に、「カトリックの聖女としてのジャンヌ」など描けようはずはないのだが。

 かといって、ただただ「史実」だけを、考古学的、文献学的、実証主義的に冷徹に並べ、「合理的な歴史解釈」をしただけの研究論文のようなものでもない。それはどこまでも19世紀的、ロマン主義的である。

 そう、信仰というものの負の側面である無批判な盲目性とも、実証科学の冷徹さとも、程よく距離がおかれた、19世紀という時代の最もよい部分が、この本にはある。そしてジャンヌ・ダルクという題材は、まさにこうした立ち位置から扱われるべきものだと、私には思われる。

 なぜならジャンヌというあの歴史上の事件は、まさしく人々の「感情」を舞台にして、繰り広げられたものだったからだ。勿論彼女が、本当に神の声を聞き、神の導きに従ってあのような事業をなしとげたと信じるならば、その舞台は「信仰」だといわなければならないが、その考え方は、我々には馴染まない。しかしそれを全て合理的に説明しようという試みもまた、どこか見当違いに思われる。

 序文おける描写。ジャンヌは、無知で善良な羊飼いの娘でしかなかった彼女は、「内心の声と天の声とを混同して」、フランスを救うために生まれ育った村を出た。なぜそんな大それたことをしたのか。彼女は問われ、答えた。「フランス王国にあった『悲惨』です」。天の声は、なるほど思い込みの産物かもしれない。しかしその思い込みを生み出したのは、祖国フランスへの限りない愛情だった。

 さらにミシュレは、「フランスは、ひとりの人格として愛されたその日から、ひとりの人格と」なったという。どういうことかといえば、それまではただ、領主たちが封土として支配する「諸州の寄せ集め」にすぎなかった広大な地方が、ひとりの娘に「祖国フランス」として愛された瞬間に、ひとつの国になったのだ、ということだ。勿論、ジャンヌを「建国の聖女」にまでしてしまうのは少々飛躍が過ぎるというものだが、しかし、実際彼女が成したことを鑑みれば、大げさだとばかりいえない部分もある。

 百年戦争は、フランスとイギリスとの争い、というよりも、ふたつの王家による、ひとつの王座の争奪戦、というべきものだった。そこには決定的に、近代的な意味での「国家」という概念が欠けている。要するに百年戦争は、領主たちが自分の利権のために戦っていた戦争であり、日本でいう戦国時代みたいなものだった訳だ。その戦いの末に、イギリス軍は勝利を重ね、オルレアンを攻囲するに至った。

 ジャンヌがあらわれたのはそんな時だった。彼女は「フランスを」救うために神が自分を遣わしたといった。その彼女の言葉が、王太子派の軍勢にひとつの方向性を与えたことは疑いない。その方向性こそが、つまりは「祖国フランス」だったということだ。勿論王太子やその周辺の貴族たちは、それほど単純ではなかっただろうけれど、民衆や兵士たちは、素直に彼女の指し示す方向へ進路を定めた。

 結果、ジャンヌはオルレアンを解放し、あっというまに王太子をランスに連れて行き、「正統な」フランス王シャルル七世にしてしまった。その結果をみて、ジャンヌの行動は実に合理的だった、とする見方があるが、私はそうは思えない。なにせ、彼女はただの田舎娘なのだ。ただ彼女は、「天の声」に従って、感情的に猪突猛進したのだと思う。

 それがなぜ好結果を生むことになったかといえば、もともと王太子派は、彼女のように、一気に事を進めるべきだったし、その力も潜在的に持っていたからだ、ということができる。ただそれを為すには、あまりにも王太子が優柔不断であり、また、彼の軍勢にまとまりがなさすぎた。そこにジャンヌがあらわれ、「神の声」という否応のない決定力で、方向とまとまりを与えた。合理的判断ではない、感情的な勢いだけが必要だったところに、彼女がそれをもたらしたのだ。

 一刻もはやく、ランスでシャルルを戴冠させること。これほどに、シャルル七世の勝利のために、効果的であり、理にかなったことはなかった。事実それを機に、事態は一気に(無論多少の紆余曲折はあったが)、戦争終結へと動き出した。そしてフランスはひとつの「祖国」としての、より近代的な意味での国家へと至る路を、歩み始めることになるのだ。

 そうした意味では、ひとりの娘の「祖国への愛情」が、フランスをして今あるフランスへの発展の路を歩ませしめたのだ、といい得るだろう。そして私が、「感情を舞台に」という意味を、ご理解いただけただろうか。シャルル王の戴冠後、彼女は敵の手に落ち、処刑される訳だが、それもまた、実に「感情的な」物語だと、私は思う。その辺りを、次回にもう一度考えてみたい。

 ちなみに、ここでの私の論は、全て、ミシュレの著作から「感情的に」抽出したものであり、歴史的事実の検証など一切していないことをお断りしておく。我々は今、「文学作品」を楽しんでいるのです。ずるいですか。私もそう思います。

PageTop