乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

犬居城 その2 


 犬居城 その2





IMG_1897_convert_20170521120125.jpg

 現地の見取り図。




IMG_1896_convert_20170528152648.jpg

 「物見曲輪」の展望台からの眺望。城下の様子が一望できる。「塩の道」、すなわち、この城がその役割を果たしていた時代に相応しい呼称でいうところの「信州街道」が、ここを通っている訳である。




IMG_1901_convert_20170528152923.jpg

 こんな道標があった。上の見取り図でいうところの右方向、城の搦手の方向に行けば、秋葉神社に通じている、という訳である。私は「塩の道」から上がって来て、大手側、つまり図の左側から入城した。すなわちこの城は、信州と遠州とを繋ぐ街道と、二方向でつながっている訳である。上記の眺望と合わせて、武田、徳川双方にとってこの城がどれほど重要な位置を占めていたか、容易に想像がつくというものである。




IMG_1900_convert_20170528152848.jpg

 まず、その搦手方向へ進んでみる。尾根上に曲輪を連ねる連城式の山城は、大概背後の守りが手薄になりがちなものだが、こちらから攻め登るのは少々辛そうな斜面である。




IMG_1898_convert_20170528152807.jpg

 ほどなく「堀切」に辿り着く。こちら側はここまで。「物見曲輪」に戻る。




IMG_1902_convert_20170528152953.jpg

 「物見曲輪」から大手方向へ。この辺りが「本曲輪」から「二の曲輪」辺りになろうか。




IMG_1903_convert_20170528153021.jpg

IMG_1904_convert_20170528153049.jpg

 「二の曲輪」北側。写真ではちょっとわかりにくいが、実際にみると細長く曲輪が伸びているのがわかる。「帯曲輪」と呼ぶべきか、「腰曲輪」と呼ぶべきか。




IMG_1906_convert_20170528153122.jpg

 この辺りが「東曲輪」。周囲のハイキングコースの解説図が設置されてある。




IMG_1907_convert_20170528153149.jpg

 その「東曲輪」の東側にある「空堀」。写真奥が、この城跡への入り口になる。つまり、最初にみた堀を逆方向から見ている訳だ。形としては、「三日月堀」といえるだろう。土塁の跡とおもわれる盛り上がりも確認できた。




IMG_1908_convert_20170528153215.jpg

 その「三日月堀」の北側には、「竪堀」跡も。そしてその向こう側に、




IMG_1910_convert_20170528153241.jpg

 もうひとつ曲輪が認められた。この辺り、天野氏が武田氏側に移った後に、所謂「武田流築城術」によって改修されたと考えることに無理はなさそうである。

 この交通の要衝を固める城としては、少々規模が小さすぎるようだが、天野氏はこの周囲に幾つかの支城を築き、その全体によって防御を固めていたようだ。この辺り、先日行った「安倍城」などと通じる部分があるかもしれない。立地の共通点(たくさんの尾根筋が連なりあった、山の深い場所であることなど)を考えあわせると、ちょっと面白い気がする。

 今川氏滅亡後の遠江における、武田・徳川の力関係の最中において、一度は徳川につくものの、最終的には武田側に臣従することを選択した天野氏。少なくとも元亀三年(1572年)に、武田信玄による所謂「西上作戦」が開始された段階では、その選択は正しかった、とすべきだろう。

 もし徳川に義理立てしていたとしたなら、多分、青崩峠を越えて遠江に侵入した武田軍は真っ先にこの犬居城を攻めただろうし、そうなれば、天野氏の為に後詰めを出す余裕などなかったはずの家康に見捨てられたまま、天野氏は滅ぼされていたかも知れないからだ。だがしかしその「正しさ」も、信玄の死によって雲行きがあやしくなる。

 二俣城から三方原へと、家康をほぼ一方的に打ち負かした上で、さらに西進した信玄の「西上作戦」の最終目標が、さて織田氏攻略だったのか上洛だったのか、あるいはその両方だったのか、またあるいは遠江・三河を徳川から奪うことに限られていたのか。今となっては最早わからないが、いずれにせよ信玄の病死によって中断されてしまった。

 これで命拾いしたのは家康であろう。義元を失った今川氏のときのように、一気に形勢逆転、という訳にはいかなかったが、少なくとも、信玄の跡を継いだ勝頼と、遠江の覇権を争い続けることは出来た訳だから。そして天正二年(1574年)四月、家康は反攻に出る。その攻撃目標こそがこの犬居城であった。

 家康自らが出陣し、先方は大久保忠世が務めた。一度は徳川に臣従したにもかかわらず武田に寝返り、屈辱的な三方原の戦いを呼び込んだともいえる天野氏に、家康が立腹していたとしても不思議はなかろう。家康は三倉川に沿って進軍したというから、少なくとも天方城辺りからは、私がここへ来るまでに辿って来た「塩の道」を進んで来た、ということになろうか。

 しかし折からの大雨のために兵站の確保が困難になり、家康は道半ばにして撤退を余儀なくされた。そこへ、当時の犬居城城主天野景貫は城から打って出て襲いかかった。この辺りのことは、ここへの途上、「権現森」のあたりでちょっと触れたが、家康は散々な目にあって天方城まで兵を引くこととなった。

 だが無論これであきらめる家康ではなかった。天正四年(三年?)、今度は「堀之内の城山」等、付け城を幾つも築いて、犬居城とその支城からなる天野氏の防御陣を囲い込んで再び攻城を開始する。籠城によってこれに対抗した天野氏であったが、今度ばかりは耐えきれず、天野氏は甲斐に逃れ、犬居城は落城。それきり、天野氏がこの地に戻ることはなかった。

 さて、掛川から「塩の道」の古道を辿ってここまでやってきて、こうして犬居城まで見学した今回の史跡めぐりも、これで終了である。ここまできたのだから、本当に、秋葉神社も観て帰りたいのだが、時計をみればもう午後一時をまわっている。給油のために走り回ったおかげで体力も時間も失ってしまったし、おまけにスマホのバッテリーもついに空っぽになって、立ち上がらなくなってしまった。また今度、ということにして、帰路につこう。それでは、また。



「城跡めぐり」関連記事
カブのこと 14・大井川から掛川宿 その4・掛川宿、掛川城
カブのこと 28・田沼街道 その3・小山城
カブのこと 29・田沼街道 その4・相良城
カブで史跡めぐり 1・高天神城
旧東海道、掛川市、袋井市 その3・横須賀城(前編)
カブで史跡めぐり 8・興国寺城 
日々の出来事 26・田中城下屋敷
カブで史跡めぐり 17・二俣城とその周辺
カブで史跡めぐり 19・二俣城とその周辺 その3・鳥羽山城
日々の出来事 29・駿府城址見学
カブで史跡めぐり 22・天方城
カブで史跡めぐり 32・勝間田城
旧東海道 浜松市から湖西市 その2・浜松城
カブで史跡めぐり 33・花倉城 その1
カブで史跡めぐり 40・諏訪原城址、再訪 その1
カブで史跡めぐり 42・丸子城
カブで史跡めぐり 43・蒲原城、再訪
かぶで史跡めぐり 50・朝日山城
カブで史跡めぐり 52・持舟城
カブで史跡めぐり 54・横山城
カブで史跡めぐり 56・小島陣屋
カブで史跡めぐり 59・中山城、再訪


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

犬居城 その1


犬居城 その1




IMG_1871_convert_20170521092042.jpg

 「塩の道」モニュメントのある、浜松市天竜区春野町の、「春野ふれあい公園」。その前の国道362号線の信号を、公園の反対側の道へ。




IMG_1872_convert_20170521115243.jpg

 こんな道。ちなみに、前回の記事でいうところの、「大日如来」のところから先の、カブでは走れなかった山道である「塩の道」を歩いて辿っていくと、この道につながっている。つまりこれが「塩の道」であり「秋葉街道」の古道、ということになる。この道を少し行き、




IMG_1873_convert_20170521115305.jpg

 「犬居城入口」のバス停のところで、左の脇道へ。青い案内標識もあるのでわかりやすい。その脇道を、362号線を越える陸橋の先へいくと、




IMG_1874_convert_20170521115336.jpg

 こんな道しるべ。ここが、「犬居城跡」への入り口になる。




IMG_1875_convert_20170521115401.jpg

 ここからは、カブを降りて山道を歩く。この道は、「秋葉神社」へと続くハイキングコースの一部、でもある。




IMG_1876_convert_20170521115426.jpg

 林の奥へと続くような道。山城へ至る大概の道の例にもれず、それなりの傾斜のある道だが、広さもあって歩きやすい。




IMG_1877_convert_20170521115458.jpg
 
 似たような道が数十m。歩いていると、周囲でカサコソと音がする。まさか、蛇か、とびくびくしながらよく見たら、




IMG_1914_convert_20170521115651.jpg

 正体はこいつでした。とにかく、あっちこっちにトカゲがいて、これは、「犬居」じゃなくて「蜥蜴居城」だな、なんてつまらないことを思いながら歩き、ふと足下の枯れ枝をよけて一歩を踏み出すと、




IMG_1880_convert_20170521115523.jpg

 それは木の枝ではなく、またトカゲでもなく、まぎれもない蛇でした(笑)。これはシマヘビかな。マムシじゃなくてホントに良かった。枯れ枝にしか見えなかったんだもの。




IMG_1885_convert_20170521115546.jpg

 蛇との出会いの場からほどなく、左手に明らかな人工的地形。とくに案内看板等はないが、これはまぎれもなく堀の跡ですね。つまりこの辺りから城跡内へと入っていく訳だが、なんだか山道を歩いて山登り気分になっているので、ひとまずは一番高い所を目指す。




IMG_1894_convert_20170521115613.jpg
 
 ここ。コンクリの物見台っぽい展望台がある。




IMG_1897_convert_20170521120125.jpg

 そこに掲示されていた「鳥瞰図」を。この図でいうところの、一番左の「空堀」というのが、最初にみた堀の跡である。図の通り、展望台のある場所は「物見曲輪」にあたる。

 「犬居城」は、この辺りを支配していた国衆である天野氏が築いた山城である。現地の解説文の一部を転載する。


 居城主である天野氏は、「承久の乱(1221年)の後、山香庄に地頭として入り北遠地方を代表する在地領主となりました。鎌倉時代には幕府の御家人として活躍しましたが、南北朝時代には一族が北朝・南朝と分裂して争うようになります。後に北朝方が勢力を大きくし、室町時代から戦国時代にかけて国人領主に成長しました。


 こうして時代の流れの中をしぶとく生き抜いてきた天野氏、遠州を今川氏が支配するようになってからは、今川氏に臣従していたようだ。しかし永禄三年(1560年)の桶狭間の戦い以降、今川氏の駿河・遠江の安定支配は崩され、他の小領主たち同様、天野氏もまた、乱世に飲み込まれていく。
 
 武田信玄の駿河侵攻が永禄十一年(1568年)。これにより駿府は武田の手に落ち、今川氏真は掛川城に逃れる。しかしその年の暮れには、今度は西から徳川家康が掛川城に迫り、翌年に今川氏は滅亡する。この永禄十二年末には、一度は北条に攻められて甲斐に引き返していた信玄が再び駿河に侵攻し、東海道の要衝蒲原城を攻略、駿河における武田の勢力は一段と強まる。

 一方遠州は徳川の支配するところとなり、天野氏もまた、一度は徳川の配下におさまった。しかし今度は武田からの遠州への圧力が強まっていく。そのなかで、どうやら天野氏はこらえきれず武田に寝返った、ということのようだ。そして元亀三年(1572年)の、信玄の所謂「西上作戦」の際には、天野氏は青崩峠を越えて遠江に侵攻する武田軍の案内をつとめたという。

 交通の要衝にあるということで、支配者たちに重要視されることになったこの「犬居城」であったが、そうした力関係のなかで最終的に武田に臣従した天野氏。この判断が積極的なものであったか否か、それは知る由もないが、結果論でいってしまうならば間違いであった、ということになる。それについては、また次回。



「城跡めぐり」関連記事
カブのこと 14・大井川から掛川宿 その4・掛川宿、掛川城
カブのこと 28・田沼街道 その3・小山城
カブのこと 29・田沼街道 その4・相良城
カブで史跡めぐり 1・高天神城
旧東海道、掛川市、袋井市 その3・横須賀城(前編)
カブで史跡めぐり 8・興国寺城 
日々の出来事 26・田中城下屋敷
カブで史跡めぐり 17・二俣城とその周辺
カブで史跡めぐり 19・二俣城とその周辺 その3・鳥羽山城
日々の出来事 29・駿府城址見学
カブで史跡めぐり 22・天方城
カブで史跡めぐり 32・勝間田城
旧東海道 浜松市から湖西市 その2・浜松城
カブで史跡めぐり 33・花倉城 その1
カブで史跡めぐり 40・諏訪原城址、再訪 その1
カブで史跡めぐり 42・丸子城
カブで史跡めぐり 43・蒲原城、再訪
かぶで史跡めぐり 50・朝日山城
カブで史跡めぐり 52・持舟城
カブで史跡めぐり 54・横山城
カブで史跡めぐり 56・小島陣屋
カブで史跡めぐり 59・中山城、再訪


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

塩の道・掛川から春野町 その5


 塩の道(秋葉街道・表口) 掛川から春野
 その5 八幡神社から春野



 

IMG_1821_convert_20170521090206.jpg

 「権現森」の看板から、ちょっと走った所で、




IMG_1823_convert_20170521090230.jpg

 また、「塩の道」はカブでも走れない山道に。しかし、まあすぐにまた車道と合流するだろうと、迂回。




IMG_1824_convert_20170521090254.jpg

 案の定、この「八幡神社」辺りで、合流。その神社の隣には、




IMG_1826_convert_20170521090342.jpg

IMG_1825_convert_20170521090316.jpg

 「大久保小跡」。こんな山間にあった小学校、現存すればさぞかし魅力的であったことだろうが、まあ、これも時代の流れである。




IMG_1827_convert_20170521090404.jpg

 少子化の時代に、こんな山間部に小学校が維持できるほどに、たくさん子供はいないのだ。寂しい話ではあるが。




IMG_1829_convert_20170521090428.jpg

 「八幡神社」から少し行ったところ。なにやら立て札に書いてある。曰く、室町時代の終わり頃には、このあたりの人の行き来はとても煩瑣で、為にここに山田家という店ができた。土地の産物や塩などを扱っていたらしいが、後に湧き水を利用して「若杉」なるお酒を造り、これが有名になった。幕末から明治に掛けてかなり繁盛したが、明治三十年頃、街道の衰退とともに、ここをはなれた、という。




IMG_1834_convert_20170521090519.jpg

 道はまた細い脇道へ。




IMG_1835_convert_20170521090559.jpg

 いよいよ、未舗装路になってきた。不安で一杯になりつつも、ゆっくり進む。




IMG_1836_convert_20170521090624.jpg

 またしても、何やらかいてある。この辺りは今も昔も木材の産地であるが、かつては無論、切り出した丸太も、丸太を加工した「商品」である角材だの板だのも、人力で運ぶ他はなかった。その角材や板の運搬係というのが女たちの仕事だったようで、その板を背負って運ぶ女たちの姿から、いつからともなくこの辺りを「板妻の里」と呼ぶようになった、という。




IMG_1838_convert_20170521090651.jpg

IMG_1839_convert_20170521090718.jpg

 うわあ、すげえ道だな……。気をつけて走らなければ。スーパーカブは丈夫なバイクだが、オフロードバイクではないので。




IMG_1840_convert_20170521090742.jpg

 やっとまた舗装路にでて、ほっとする。あ、また何かあった。




IMG_1842_convert_20170521090816.jpg

 道標。「秋葉道七里」とある。




IMG_1843_convert_20170521090846.jpg
 
 またしてもガタガタ道。杉の枝や葉が大量に路面に積もっていて、とても走りにくい。写真ではわかりにくいけれども、これ、結構な下り勾配なのだ。




IMG_1844_convert_20170521090928.jpg

 舗装路に合流。こんな道でも、今の私には立派な幹線路に見えます(笑)




IMG_1833_convert_20170521090451.jpg

 この辺り、田能小沢の宿、と呼ばれていたようだ。森の町と、秋葉神社との中間に位置したことから、旅人たちの休息や宿泊の場所として利用された、とのこと。




IMG_1845_convert_20170521090958.jpg

 しばらくは良好な道。




IMG_1847_convert_20170521091102.jpg

 分かりにくい分岐点では、




IMG_1846_convert_20170521091029.jpg

 道標が旅人を助けてくれる。私も大いに助けられた。




IMG_1848_convert_20170521091126.jpg

 さらに先へ。こんな山間部でも、人々の生活というものは息づいている。




IMG_1850_convert_20170521091217.jpg

 「秋葉燈」発見。このY字路は右へ。




IMG_1853_convert_20170521091246.jpg

 だが、すぐこんな道に。うわあ、これ、どこまでいけるんだろう。春野町まで抜けているのかなあ。




IMG_1854_convert_20170521091322.jpg

 こんな林道を走ること4、5kmか、




IMG_1858_convert_20170521091546.jpg

 分岐点にでた。ちょっと迷ったが、ここも右が正解。



IMG_1857_convert_20170521091507.jpg

IMG_1860_convert_20170521091642.jpg

 しばらく行くとまた分岐点。ここも右。




IMG_1859_convert_20170521091612.jpg

 その傍らに「大日如来像」。道中の安全を嫌でもお祈りしたくなる状況。なぜなら、




IMG_1865_convert_20170521091850.jpg

 実はこの時点で、燃料メーターがこんなことになっていたのでした(笑) こんな山の中でガス欠はシャレにもならない。何とか、春野町まで保ってくれたら、と、カブの燃費性能と大日如来にお願いをしたのだが、何と、この先数十mで、、カブで走するのは不可能な山道になってしまったのである。私の頼りにしている『塩の道ウォーキング』という本の地図は、あくまでも「塩の道」を歩くための地図なので、これは十分にあり得ることなのだ。春野町まで、もうそんなに距離はないはずなのだが、ここは、ガソリン切れ間近のカブで迂回する他はない。

 しかたなく、どこかへ抜けることを信じて、大日如来の分岐点を左に進んでみたが、こちらもすぐに行き止まりだった。もう引き返すしかない。もうひとつ前の分岐点にもどり、そこを左に行ってみる。




IMG_1861_convert_20170521091728.jpg

 こんな道を走り、




IMG_1862_convert_20170521091758.jpg

 行き着いたのが、ここ。『堀之内の城山』。これは、春野町の『犬居城』を攻めるためのに、徳川家康が築いた「付城」跡である。ここら辺りにこれがあることは知っていたが、どうしても正確な位置がわからなかったので、訪れることをあきらめていたのだが、偶然、みつけてしまった。

 しかし、城跡がどこにどうあるのか、草ぼうぼうで全くわからない。以前見たある方のブログでは、きちんと整備されているみたいだったのになあ。こんなことなら、ちゃんと調べてくればよかった。その場で調べられれば良かったのだが、スマホの電波状況が悪く、しかも実はスマホのバッテリーも残り数%という有様で、それもかなわなかったのです(笑) 

 城跡はみつけたが、肝心の道は途絶えていた。また、戻るしかない。しかたなく、




IMG_1863_convert_20170521091825.jpg

 この「秋葉燈」の分岐点まで戻った。もう、ここを西へ進む他はない。春野町へは遠回りになるが、他に手段はないのである。燃料計はいよいよ下がってきているのに、ああ、だいじょうぶかなあ。ガソリンちょびっと、不安はたっぷりで走り始める。私はあまり燃費計算などはしないのだが、過去に浜松から白須賀宿まで旧東海道を走ったときには、このカブはリッターあたり58.2kmも走った。このあたりのことに一縷の望みを繋ぎつつ、また林間の道路を走ること数km、




IMG_1867_convert_20170521091926.jpg

 お、広い道。




IMG_1869_convert_20170521091948.jpg

 国道の標識だ! やった、とりあえず山から抜けることはできた。後は、ガソリンスタンドを探すだけだ。……しかし、ここからが大変だったのである。

 もうとにかく、いつ止まるかわからない状況のカブで、私は「塩の道」なんかそっちのけで、ガソリンスタンド探しを始めた。

 上の国道に出られた地点から、春野町の市街地までは4、5kmの距離があった。いつ止まるか、いつ止まるかとドキドキしながらカブを走らせ、春野町の市街地に到着、これまたバッテリー残量不足でいつダウンするかわからないスマホでガソリンスタンドを検索、すると三件がヒットした。

 しかし一件目、二件目共に、休業日なのか営業をやめてしまったのか、開いていなかった。小さな町だとはいえ、この二件を廻っただけでも1、2kmは走ってしまった。これ以上のムダ走りはしたくなかった私は、頼みの三件目のお店に、念のため確認の電話を掛けた。

 私 「そちら○○スタンドさんですか?」
 相手 「昔はね。もうやめちゃったんだよねえぇ。」
 私「あーそうなんですか。失礼しましたぁ。」

 なんということでしょう(笑)。まさか、春野町では給油できないのか。もしかしたら、ネットに出てこないスタンドがあるかもしれないと、道ばたで洗車をしていた奥さんに尋ねてみた。「この辺りに、ガソリンスタンドはないですか?」。答えて曰く、

 「んんー、ないねえ。」

 絶望的状況だった。もう、どうにもならぬ。さらに範囲を広げて検索。やはり、最も近い所でも、国道362号線を20km近くも走った先にある、二俣町まで行かないとスタンドはなかった。そのときにはすでに燃料計の針は、上の写真よりもさらに、E線の赤いラインにも達しないまでに下がっていた。あまりにも、ムダに走りすぎた。私は二俣町に向けて、絶望的な走行を開始した。走れる所まで走り、ガソリンがなくなって止まってしまったら、そこからはカブを押して歩く覚悟だった。その結果……

 何と、カブは二俣町まで走りきったのである。そして二俣の町に入ってすぐに、国道沿いにスタンドがあり、無事、給油することができたのだった。給油量は4.1L。カブ110のガソリンタンク容量は、カタログ上は4.3Lであるから、まさに、ぎりぎりのところであった。安堵しながら再び私は春野町に戻った。その途中のコンビニで、自分の空きっ腹にも食べ物を詰め込みつつ。




IMG_1871_convert_20170521092042.jpg

 そしてようやく辿り着いたのが、今回のゴールと定めていた、この「春野ふれあい公園」前の、「塩の道」モニュメントであった。なんだかんだで、時刻はすでに13時、掛川ほを5時半に出発してから、実に7時間半も過ぎてしまった。ただ、その甲斐あってこれで「秋葉街道・表口」は走破、このモニュメントから「秋葉神社」の下社までは、ほんの数百mしかない。

 しかし私は、秋葉神社へは向かわないのである。実は、秋葉神社の下社から、約700m登ったところにある上社までの表参道、大体二時間ぐらい掛かるというこの道のりを、歩くつもりでいるのである。よって、秋葉神社参りはまた後日。そのかわり、といっては何だが、この近所のもうひとつの史跡、「犬居城跡」へ立ち寄ろうと思うのである。




「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

塩の道・掛川から春野町 その4


 塩の道(秋葉街道・表口) 掛川から春野
 その4 三倉川から権現森





IMG_1786_convert_20170521064804.jpg

 県道58号線は、太田川の支流、三倉川を越えて、そのまま川沿いを山間へと向かっていく。




IMG_1788_convert_20170521064841.jpg

 このあたり、きれいで広い道路で実に快適なのだが、かつての「塩の道」は、三倉川を四十八回も渡らなければならなかったそうで、そのためにこの三倉川は「四十八川」だとか、イロハ四十八文字になぞらえて「いろは川」だとか呼ばれていたそうだ(小林達著『東海道と脇街道』参照)。




IMG_1790_convert_20170521064902.jpg

 「秋葉燈」を横目に、春風のなかを爽快に走る。




IMG_1792_convert_20170521064926.jpg
 
 こちらは石の「秋葉燈」。その足下に、




IMG_1793_convert_20170521064949.jpg

 つつじに埋もれた、「黒田の五里標識」。

 


IMG_1795_convert_20170521065011.jpg

 このカーブした橋を渡ってすぐに、




IMG_1796_convert_20170521065034.jpg

 脇道があるのでここを左折。ここで快適な県道とはお別れ。




IMG_1797_convert_20170521065059.jpg
 
 またしても。こんな旧街道らしい道を進むと、




IMG_1798_convert_20170521065125.jpg

 見えてくるのは、この「栄泉寺」。




IMG_1799_convert_20170521065151.jpg

IMG_1800_convert_20170521065219.jpg

 この先、「塩の道」は徒歩でしか進めない山道になってしまう。だからカブで行くならば迂回しなければならないのだが、ちょっと歩いてみようと、お寺の駐車場にカブを置いてその山道に踏み込んでみた、しかし、道はお墓のなかに入り込んで、その先がわからなくなってしまった。仕方がないので、カブでまた県道に戻る。ただ、江戸時代以降の秋葉街道は、今の県道と大体同じあたりを通っていたようではある。




IMG_1801_convert_20170521065251.jpg
 
 ここで、こんどこそ県道58号とはお別れ、左折して県道63号線に入る。




IMG_1806_convert_20170521065321.jpg

 途中、この脇道に入り、




IMG_1808_convert_20170521065425.jpg

IMG_1807_convert_20170521065357.jpg

 木漏れ日のなかの林道の先の、「白髭神社」に寄り道。




IMG_1809_convert_20170521065453.jpg

 また63号に戻り、ここで左折。




IMG_1810_convert_20170521065525.jpg

 ようやく、あの小さな道しるべをみつけた。これで古道としての「塩の道」に戻れた。




IMG_1811_convert_20170521065555.jpg

 早速、脇道へ。




IMG_1812_convert_20170521065629.jpg

 うう、大丈夫かな……。




IMG_1813_convert_20170521065655.jpg

 お、また県道に出た。




IMG_1814_convert_20170521065721.jpg

 と、思ったら、またカブでは走れなさそうな山道。




IMG_1815_convert_20170521065747.jpg

 ちょっと歩いてみる。




IMG_1816_convert_20170521065811.jpg

 気持ちのいい茶畑にでた。いやー、空が綺麗だ。




IMG_1818_convert_20170521065836.jpg

 でも、その先でまた県道に出ちゃった。県道を歩いてカブまで戻り、先へ進む。




IMG_1819_convert_20170521065903.jpg

 またこんな細道へ。このあたりの地名は、大久保という。




IMG_1820_convert_20170521071737.jpg

 その途上。 『「権現森」と「霧吹谷」』の解説文。要約すると、天正三年(1574年)、武田配下の天野氏の城である犬居城(春野町)を攻めようとした徳川家康だったが、大雨で撤退を余儀なくされた。しかし、天野氏の激しい追撃にあい、家康の身辺にまで危険が及ぶに至った。そのとき、幸治沢から濃い霧がたちのぼり、家康軍はその霧にまぎれて森に逃げ込んで、天野氏の追撃をかわすことができたという。この出来事のために、後にこの辺りの森は「権現森」と、幸治沢は「霧吹谷」と呼ばれるようになった、とのこと。

 さて、いよいよ山深くなってきたところで、次回に続く。 



「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

塩の道・掛川から春野町 その3


 塩の道(秋葉街道・表口) 掛川から春野町
 その3 森町





IMG_1723_convert_20170521050046.jpg

 「猿田彦神社」前から、林のなかに伸びる「塩の道」をさらに北へ進む。




IMG_1725_convert_20170521050108.jpg

IMG_1726_convert_20170521050134.jpg
 
 なんだか、ちょっと不安になってくるような道。落ち葉で埋もれてしまっているが、これでも一応舗装道路ではある。




IMG_1727_convert_20170521050158.jpg

 視界がひらけると、そこは天竜二俣鉄道の原田駅だった。




IMG_1730_convert_20170521050219.jpg

 一息ついていたら、ちょうど電車が入って来た。新しい車両だけれど、ローカル線の雰囲気は十分である。




IMG_1734_convert_20170521050242.jpg

IMG_1735_convert_20170521050304.jpg

 先へ進むと、向こうの方に新東名高速道路の高架が見えて来た。




IMG_1736_convert_20170521050327.jpg
 
 突き当たりを左折すると、




IMG_1737_convert_20170521050349.jpg

 ここで新東名をくぐる。




IMG_1738_convert_20170521050411.jpg

 くぐった先の、県道40号との交差点。この辺り、高速道路の通過により、道は旧態を完全に失っているとみるべきだろう。信号を直進、さらにその向こうの掛川森インターの高架をもくぐった先、




IMG_1739_convert_20170521050436.jpg

 ここを左折。




IMG_1740_convert_20170521050500.jpg

 ここでまた旧道に出る。




IMG_1741_convert_20170521050529.jpg

 茶畑の先に見えるのが、「善正庵池」。




IMG_1743_convert_20170521050553.jpg

 さらに西へ進む。この「止まれ」も直進。




IMG_1744_convert_20170521050619.jpg

 突き当たりを右。




IMG_1745_convert_20170521050653.jpg

IMG_1747_convert_20170521050724.jpg

 この「秋葉燈」の下で左折。




IMG_1748_convert_20170521050750.jpg

 そこにあるのが、このななつ目のモニュメント。




IMG_1749_convert_20170521050817.jpg

 さらに進み、




IMG_1750_convert_20170521050846.jpg

 突き当たって右折すると、




IMG_1751_convert_20170521050911.jpg

 また道は二俣線にぶつかる。「戸錦駅」である。ここで左折。




IMG_1752_convert_20170521050938.jpg

 信号を右折して、県道58号に出て二俣線をくぐる。




IMG_1753_convert_20170521051004.jpg

 この、駅の自転車置き場の通路が、「塩の道」である。その先は石段を登って川沿いの小道につながっている。さすがのカブも階段は登れないのでここは迂回。




IMG_1754_convert_20170521051028.jpg

 すぐに橋があらわれるので、道なりに進んで太田川を渡河。「塩の道」とはここで合流。




IMG_1755_convert_20170521051100.jpg

 橋を渡った所の交差点を直進。いよいよ、森の街に到着である。古くから、平野部と山間部との交易の場であり、商人や巡礼者など、街道を旅するものたちの休憩、宿泊の場としても栄えた街である。この街出身の有名人といえば、清水の次郎長一家の「森の石松」がいる。




IMG_1757_convert_20170521051126.jpg

IMG_1758_convert_20170521051154.jpg

 ここで右折。現在、秋葉神社へと向かう道は、県道58号線として太田川沿いにあるが、かつての街道はこうして街のなかを伸びていた訳だ。その旧街道は全体に北向きの一方通行なので注意。




IMG_1759_convert_20170521051219.jpg

IMG_1760_convert_20170521051239.jpg

 なかなか情緒のある町並み。森の街は、小京都なんて呼ばれているようである。お茶屋さん(茶店でなく、日本茶の茶葉のお店)が多く並んでいる。




IMG_1762_convert_20170521051305.jpg

 「三島神社」に寄る。




IMG_1763_convert_20170521051333.jpg

IMG_1764_convert_20170521051359.jpg

IMG_1765_convert_20170521051423.jpg
 
 境内から、街を見渡す。




IMG_1769_convert_20170521051457.jpg

 そして、舞楽で有名な「天宮神社」。




IMG_1770_convert_20170521051531.jpg

IMG_1771_convert_20170521051601.jpg

 境内はかなり広い。


 

IMG_1773_convert_20170521051656.jpg

 古く、なにやら開放的な、拝殿と本殿。




IMG_1772_convert_20170521051630.jpg

 御神木、「天宮神社の竹柏(ナギ)」。樹齢は一千年余、といわれているそう。




IMG_1774_convert_20170521051724.jpg

 「大壇石塔と女陰石」。




IMG_1775_convert_20170521051752.jpg

 「石塔」と、




IMG_1776_convert_20170521051817.jpg

 「女陰石」。やはり日本の神道は、宗教というもののきわめて古い形態を残している、というべきなのだろう。




IMG_1777_convert_20170521051848.jpg

 道はここで県道と交差し、さらに続く。このたりから、「城下地区」と呼ばれる。「城」とは、川の対岸の山中にあった「天方城」であろう(「天方城址」については過去記事をどうぞ。「カブで史跡めぐり 22・天方城」)。




IMG_1779_convert_20170521051919.jpg

 城下は、この鋸状の町並みで知られる。写真のように、建物が通りに対して斜めに建てられているために、その軒先がノコギリの歯のように道に突き出ている、というわけだ。

 


IMG_1781_convert_20170521051945.jpg

 こんなものも、いずれは「史跡」と呼ばれるようになるのかも。




IMG_1782_convert_20170521052010.jpg

 ここにも「秋葉燈」。




IMG_1783_convert_20170521052032.jpg

 ここで、県道58号に出る。さて、森町ともそろそろお別れ。道はいよいよ山間に入っていく。というところで、次回に続く。



「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop