乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

駿府城址、天守台発掘現場見学 その1


 駿府城址、天守台発掘現場見学
 その1 現地見学



 先日の日曜日、またしても、妻の行きつけの美容室にふたりの子供を連れて行くということで、その送り迎えの車の運転手という名誉ある役割に大抜擢された私。だがその美容室に着いてみると、いつになくお客がたくさん来ていて、小さなお店の駐車場に、私の車が停められない。なので妻が、終わるまでどこかでブラブラしていて、というので、これは好機とばかりに、私は行きたくてたまらなかった場所に車を走らせた。

 現在、静岡市中心部にある、駿府城跡であるところの駿府公園において、天守台の発掘調査をしている。そしてその現場を一般公開してくれているので、今年の正月、北街道という、中世以前の古い東海道であった道をカブで走ったときに寄ってみたのだが、正月なので公開していなかった、なんてつまらなくも間の抜けた記事を書いた。

 それ以来、ずっと行きたいと思っていたのであるが、先日、テレビのローカルニュースにおいて、その発掘現場から、金箔のほどこされた瓦の破片がみつかり、それを現場で展示していることを知るに及び、いよいよ、いてもたってもいられなくなった矢先のこととて、全く、よい機会を捉え得たものだとホクホクしながら、近所のコインパーキングに車を停め、彼氏の待つ約束の場所に急ぐ初恋の乙女かとも思われるような、むさくるしい中年男にはお世辞にも似つかわしいとは言い難いような軽やかな足取りで現地におもむいた、という次第である。




sun1_convert_20170810211249.jpg

sun2_convert_20170810211305.jpg

 駿府城外堀、そして中堀を眺めながら。その日も暑かったが、やはり、水辺や木陰は涼しげで心地よい。




sun3_convert_20170810211318.jpg

 ここが、発掘現場入り口。




sutizukai_convert_20170810211638.png

 城跡全体のなかの位置でいうと、このあたり。本丸の北西の角、になる。




sun5_convert_20170810211353.jpg

 現場の様子。天守台の西側の石垣全体が露出している形。




sun4_convert_20170810211337.jpg

 南西の角から、




sun22_convert_20170810211609.jpg

 北西の角まで、だいたい60mぐらいらしい。




sun20_convert_20170810211554.jpg

 積み方は「打ち込み接ぎ」。流石に、大きく立派な石材を使っている。駿府城の石垣は、全体にだいたい「打ち込み接ぎ」で積まれた。その築城時期を考えれば当然そうなのだが、この城は築城後にたびたび自然災害によって破損しており、その際に崩れた石垣は、より新しい技術である「切り込み接ぎ」で修復された。よって現在見られる姿としては、ふたつの積み方が混在しているような具合になっているようである。

 明治になり、廃城となった駿府城の跡地に、旧陸軍の歩兵連隊が置かれたことにより、とくに内堀の内側の本丸が埋め立て、整地されてしまった。天守台もその際に破壊された。発掘された石垣が、半壊状態なのはそのためであるが、破壊された分の石材は、きっとよそへ運び出すのは労力のムダとされたのだろう、そのまま埋め立てられてしまった。今回の発掘で、その破壊された石垣の残骸もまた、地中から掘り出された訳であるが、




sun23_convert_20170810211623.jpg

 それはこの通り、今は山にされている。これでは無論、復元は不可能だろう。

 ここでは、発掘現場がみられる、というだけではなく、出土品の展示や、発掘状況の情報提供などもしている。




sun19_convert_20170810211536.jpg

 こんな感じ。今回、私が見たいと思っていた金箔瓦のかけらも、ここで見られた。




sun7_convert_20170810211409.jpg

 これである。左は、過去の出土品。右が、今回出てきたものである。




sun17_convert_20170810211520.jpg

 拡大写真の写真。




sun10_convert_20170810211427.jpg

sun14_convert_20170810211448.jpg

 こちらは、本丸からの出土品。江戸時代前期のもの、とある。




sun15_convert_20170810211503.jpg

 こちらは、天守台からの出土品。

 駿府城の歴史というものは、大きく三つにわけられるだろう。すなわち、最初の徳川家康の五カ国領有時代、次に豊臣時代、そして江戸幕府樹立以後の家康の大御所時代である。そのあたりのことと、出土品との関係などを、次回に。



「城跡めぐり」関連記事
カブのこと 14・大井川から掛川宿 その4・掛川宿、掛川城
カブのこと 28・田沼街道 その3・小山城
カブのこと 29・田沼街道 その4・相良城
カブで史跡めぐり 1・高天神城
旧東海道、掛川市、袋井市 その3・横須賀城(前編)
カブで史跡めぐり 8・興国寺城 
日々の出来事 26・田中城下屋敷
カブで史跡めぐり 17・二俣城とその周辺
カブで史跡めぐり 19・二俣城とその周辺 その3・鳥羽山城
日々の出来事 29・駿府城址見学
カブで史跡めぐり 22・天方城
カブで史跡めぐり 32・勝間田城
旧東海道 浜松市から湖西市 その2・浜松城
カブで史跡めぐり 33・花倉城 その1
カブで史跡めぐり 40・諏訪原城址、再訪 その1
カブで史跡めぐり 42・丸子城
カブで史跡めぐり 43・蒲原城、再訪
かぶで史跡めぐり 50・朝日山城
カブで史跡めぐり 52・持舟城
カブで史跡めぐり 54・横山城
カブで史跡めぐり 56・小島陣屋
カブで史跡めぐり 59・山中城、再訪
犬居城


にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

PageTop

旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪その4


旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
 その4 由比駅周辺、興津宿

 




IMG_1849_convert_20170730092757.jpg
 
 薩埵峠からの急な下り坂を下りきったところに、「一里塚跡」。ここからは、山と海とに挟まれた、細く長く伸びる由比の街の平坦な道を、JR由比駅を目指して歩いていく。このあたりの地名は、倉沢地区、という。




IMG_1851_convert_20170730092828.jpg

 懐かしい雰囲気のある町並みが続く。




IMG_1852_convert_20170730092856.jpg

IMG_1853_convert_20170730092921.jpg

IMG_1854_convert_20170730092943.jpg

 「柏屋」さん。現地の解説文を転載。


  明治天皇ご小休 柏屋

 江戸時代から間の宿にあって、柏屋と称して茶屋を営んできた。
 明治元年及び十一年、明治天皇御東幸のみぎりは、ご小休所にあてられた。
 明治十五、六年頃、静岡県令大迫清が療養のために逗留された際、倉沢の気候風土が郷里の九州ににていることから、田中びわの種子をとりよせ栽培をすすめ、当地に田中びわが普及することとなった。
            
                    平成四年三月 由比町教育委員会



 なんだかいろいろと歴史的な、すごいお宅のようである。




IMG_1855_convert_20170730093008.jpg

 海岸線ぎりぎりにまで山が迫る、急峻な土地に築かれた町並み。裏路地もこの急坂っぷりである。




IMG_1856_convert_20170730093032.jpg

 古い民家の間を抜けていく。




IMG_1857_convert_20170730093115.jpg

 この旧西倉沢村のあたりは、峠の登り口の「間の宿」だったようで、こちらはその本陣だったお宅。




IMG_1858_convert_20170730093400.jpg

 こちらは海岸線にむかって降りていく路地。こちらもかなりの急坂。




IMG_1859_convert_20170730093429.jpg

IMG_1860_convert_20170730093455.jpg

 お寺の立地も、このダイナミックさ。



IMG_1865_convert_20170730093519.jpg

 花に、蝶。




IMG_1866_convert_20170730093726.jpg

 さらに進む。




IMG_1867_convert_20170730093755.jpg

 以前に来たときには、下から見上げるだけだった神社。今回は登ってみよう。




IMG_1872_convert_20170730093940.jpg

 前回登らなかった理由が、この階段。これは、かなりのもんです。




IMG_1870_convert_20170730093844.jpg

 上から見下ろす。これは、下りの方が怖いね。




IMG_1871_convert_20170730093910.jpg

 神社自体は、そんなに大きくはない。ま、大きな社殿は立地的に建てられそうもないが。




IMG_1873_convert_20170730094015.jpg

IMG_1874_convert_20170730094043.jpg

 さらに道は続く。




IMG_1875_convert_20170730094113.jpg

 こんなお店もあります。由比名産、しらすと桜えびの直売所。




IMG_1876_convert_20170730094143.jpg

 「東海道あかりの博物館」。ここは、江戸から大正期の照明具を展示しているところ。寄ってみたいが、朝早すぎて開いていません。




IMG_1877_convert_20170730094213.jpg

 そして、「小池邸」。小池家は、江戸時代には代々、旧寺尾村の名主を務めていた。国登録文化財。




IMG_1880_convert_20170730094246.jpg

 こんなものがあった。時計と、掲示板がいっしょになったもの。




IMG_1881_convert_20170730094316.jpg

 「昭和五年十二月」とある。こういう公共物は、ずっと残して頂きたいものだ。




IMG_1883_convert_20170730094345.jpg

 さらに先へ。




IMG_1884_convert_20170730094420.jpg

 ちょっと開けたところから、海が見えた。かなり、海面が近づいてきた。




IMG_1885_convert_20170730094447.jpg

IMG_1888_convert_20170730094518.jpg
 
 この交差点を右折すれば、「旧国道1号線」である県道396号線に出られるが、旧街道はさらに直進。




IMG_1889_convert_20170730094546.jpg

IMG_1891_convert_20170730094808.jpg

 道がいきなり右に直角に曲がる。




IMG_1892_convert_20170730094838.jpg

 曲がった先で、県道に出る。しかし旧街道は県道を横断して続いているので、




IMG_1893_convert_20170730094908.jpg

 歩道橋へ。




IMG_1894_convert_20170730094933.jpg

 歩道橋の上から、西側を眺める。




IMG_1896_convert_20170730095026.jpg

 歩道橋をわたったら、写真右方向へ伸びていく道へ進む。




IMG_1897_convert_20170730095056.jpg

IMG_1898_convert_20170730095118.jpg

IMG_1899_convert_20170730095155.jpg

 そして見えてくるのが、JR由比駅。ようやく着きました。時間は、7時15分ごろ。峠から約一時間、全行程では、休憩時間や寄り道も含めて二時間半、といったところか。まあ、大体予定通りであった。あー、つかれた。さて、切符を買って、興津駅にもどろうか。



 
IMG_1900_convert_20170730095218.jpg

 由比駅から東へ、ものの五分。興津駅に帰ってきました。たった一駅、徒歩での峠越えでは二時間半もかかったのに、あっけないものである。




IMG_1902_convert_20170730095248.jpg
 
 さて、今度はカブに乗って、西へ向かう。道は国道1号線、これが旧東海道である。以前に来たときも書いたが、興津は私の生まれ故郷である。一歳半までしか、ここには暮らしてはいなかったけれど。そしてまた、その私の生家も、最早なくなってしまっているけれど。




IMG_1904_convert_20170730095313.jpg

 「水口屋」は、江戸時代には脇本陣を務め、明治元年には、明治天皇の御東幸の際の休息所にもなった。それ以降にも、岩倉具視や伊藤博文なども宿泊したという。昭和60年に廃業。




IMG_1905_convert_20170730095338.jpg

 ここには、かつては「ヤオハン」があった。「ヤオハン」は、静岡発祥のスーパーマーケットチェーンで、世界展開するにまで成長するに至ったが、倒産してしまった。「マックスバリュ」は、イオン傘下のヤオハンの後身である。




IMG_1906_convert_20170730095406.jpg

 そして、こちらが「清見寺」。ここにはかつて、「清見が関」という関所があった。



  『枕草子』第百六段

 関は、
  逢坂、
   須磨の関。
  鈴鹿の関、
   くきたの関。
  白河の関、
   衣の関。
  直越えの関は、憚りの関に、たとしへなくこそおぼゆれ。
  横走りの関、
   清見が関、
    見る目の関。
  よしよしの関こそ、「いかに思ひかへしたるならむ」と、いと知らまほしけ
れ。
  それを、勿来の関といふにやあらむ。逢坂などを、さて思ひかへしたらむは、わびしかりなむ。

 (新潮に日本古典集成『枕草子・上巻』)




IMG_1907_convert_20170730095438.jpg

IMG_1908_convert_20170730095503.jpg

 関を設けたのは大和朝廷であった。その関所の守護を願って天武天皇の時代に仏堂が建てられたのが、清見寺の発祥だといわれる。室町時代以降、次第に荒廃してしまったようだが、それを再興したのが、今川義元の軍師、太源雪斎であった。雪斎はまた、人質時代の徳川家康が師事した人物としてもまた有名であり、その関係で、この寺は家康ゆかりの寺、でもある。この日は例によって朝早すぎて境内に入れなかったが、ぜひ、ゆっくり見学させて頂きたいお寺である。




IMG_1911_convert_20170730095527.jpg
 
 その清見寺の門前からほどちかくにある、「坐漁荘跡」。これは、かの西園寺公望の別荘のあった場所である。その建物自体は、現在愛知県犬山市に移築されているようで、今ここでみられるのは復元された建物である。かつては「清見潟」という景勝地であったこのあたりの海岸線であるが、現在は埋め立てによってみる影もなくなってしまい、とてもではないが大物政治家の静養地に相応しいような場所ではなくなってしまった。相応しいのは、巨大なコンテナ船とクレーン、あとはトレーラーぐらいなものである。

 ということで、今回の史跡めぐりはこのあたりで終了としましょう。今回は薩埵峠を歩いた。以前宇津ノ谷峠を歩いたときにも思ったが、やはり、旧街道は、歩いて見学するのが一番なのかもしれない。かつての旅人たちと、同じ視点に立てる訳であるから。まだ何カ所か、歩きたい待場所がある。秋になって少し涼しくなってから、出掛けてみようかな。それでは、また。




「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪その3


 旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
 その3 薩埵峠





IMG_1805_convert_20170722152547.jpg

 スタート地点のJR興津駅からえっちらおっちら歩くこと1時間10分。ようやく、道は峠越えの山道へと入っていく。




IMG_1806_convert_20170723105120.jpg

 このあたり、なかなかの傾斜で一気に登っていく感じ。舗装路からのいきなりの変化に、歩行のペースをつかむのに手間取っている間に、




IMG_1808_convert_20170723105146.jpg

IMG_1809_convert_20170723105210.jpg

 こんな道標があらわれて、




IMG_1810_convert_20170723105239.jpg

 あっけなく坂道は終わってしまい、道は平坦に山腹を伸びていく。




IMG_1816_convert_20170723105359.jpg

IMG_1817_convert_20170723105421.jpg

IMG_1812_convert_20170723110031.jpg

IMG_1811_convert_20170723105259.jpg

 景色もよく、快適な道である。ただ、見通しが良い分、木陰も少ないので、日射しがこたえる。




IMG_1819_convert_20170723105447.jpg

 展望台がある。




IMG_1820_convert_20170723105511.jpg

 そこからの景色。交差する、国道1号線と東名高速道路、そしてJR東海道線。最古の東海道も、この海岸線を通っていた、という訳だ。

 古来、東海道の難所であった、この薩埵峠であるが、合戦場となることもしばしばであった。武田信玄の駿河侵攻の際には、今川支援に動いた北条の軍勢がここに布陣、武田と対峙したことは、蒲原城、あるいは横山城に行ったときの記事に、ちょっと詳しく書いたが(こちら「蒲原城、再訪」、「横山城」)、室町幕府成立直後の足利尊氏と、その弟の直義との対立である「観応の擾乱」の際にも、その兄弟対決の舞台となった。




IMG_1821_convert_20170723105536.jpg

 定点カメラ。静岡のテレビでは、このカメラからの映像がよく流されますね。天気がよければ富士山ばばっちり見える絶景である。しかしこの日は、晴れてはいるものの靄がかかり、富士山どころか伊豆半島も、愛鷹山すらもみられなかった。残念。




IMG_1824_convert_20170723105600.jpg

IMG_1825_convert_20170723105626.jpg

 展望台からほどなくして、駐車場に。興津駅をスタートしてから約1時間半、ようやく峠に到着です。大体、予定通りのペースで来られました。距離の割には、意外に歩きやすい道だった。暑かったけどね。ここで、持参したアンパンなどで腹ごしらえをしつつ、10分ほど休憩。




IMG_1827_convert_20170723105721.jpg

IMG_1828_convert_20170723105749.jpg

 さあ、再出発、由比駅を目指す。駐車場を出てすぐの交差点。高低差によってY字路にみえるが、実は右方向に降りていく道があり、そちらが東海道になる。




IMG_1829_convert_20170723105811.jpg

 この図で見るとわかりやすい。由比駅まで3.4km、約一時間か。ちなみに、図のななめ左上方向に伸びる道が、車で峠越えができる道であり、「その2」の冒頭の掲示物でみたところの「脇道」で、これも上古からの歴史ある道であった。




IMG_1830_convert_20170723105915.jpg

IMG_1831_convert_20170723105941.jpg

 駐車場からほどなく、この道標。今年の正月に来たときにもこれはみたけれども、そのときはもう少し周囲がすっきりしていたのに、半年でずいぶん草が伸びたものだ。これが多分、このあたりに残存する最も古い道標なのではないだろうか。




IMG_1837_convert_20170723110126.jpg

 道はまだ、平坦である。




IMG_1833_convert_20170723110009.jpg

 朝日の中、競い合うようにポイントへ向かう漁船群。きっと由比港から出港した船だろう。由比の海産物といえば、シラスか、あるいは駿河湾特産の桜えびが有名であるが、何を穫りにいくのだろうか。




IMG_1838_convert_20170723110207.jpg

 これは、山での収穫物を運ぶためのもの。




IMG_1844_convert_20170723110343.jpg

 道の周辺にひろがるのは、主に「きよみ」という品種の柑橘類の木と、ビワの木である。これもまた由比の名産品であるが、この辺りの急斜面での農作業は、簡単なことではないだろう。




IMG_1841_convert_20170723110316.jpg

IMG_1846_convert_20170723110414.jpg

IMG_1847_convert_20170723110436.jpg

 道はやがて下り坂に。由比の街に向けて下っていく。




IMG_1848_convert_20170723110501.jpg

 海が近づき、建物があらわれ始める。坂はこのあたりが一番きつい。いよいよ、由比の街に入っていく、というところで、次回に続く。



IMG_1839_convert_20170723110248.jpg



「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪その2


旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
 その2 興津川から 峠道入り口




 スタート地点のJR興津駅から、興津川まで、大体1kmぐらいであろうか。寄り道もしたが、30分もかかってしまった。やはり徒歩というものはなかなか大変である。




IMG_1772_convert_20170722151523.jpg

 興津川の橋を渡りきったところ。この道もまた、国道1号と合流してしまうが、旧街道はここを川沿いに左折。




IMG_1773_convert_20170722151601.jpg

 道標があり、わかりやすい。




IMG_1775_convert_20170722151637.jpg

 これも目印になりそう。




IMG_1776_convert_20170722151658.jpg

 曲がり角あたりに、こんなものが。薩埵峠越えの街道の歴史がまとめられていてちょっと面白いので、解説文を転載してしまおう。




IMG_1777_convert_20170722151716.jpg
 
 図も拡大しておきます。ご参考に。


 薩埵峠 街道の歴史

 南北朝時代には足利尊氏と足利直義。戦国時代には武田信玄と今川氏真・北条氏政の合戦が行われた薩埵峠。
峠からの富士山と駿河湾の景色は東海道五十三次にも描かれるほどの絶景であり、海へと突き出た地形は東海道の三大難所として語られてきました。ここでは、時代と共に移り変わった峠越えの道をご紹介します。


 下道(地図上のピンクの道)
親知らず子知らずの道で海岸の波打際を道路として利用していました。
安政元年(1854年)の地震で海岸が隆起し、それ以降再び道路として利用されるようになりました。

 中道(青の道)
慶長年間から明暦年間まで主として利用されました。
慶長6年(1601年)家康、伝馬制度(使者や物資を馬で運ぶ交通制度)を設ける
慶長9年(1604年)五十三次駅宿制度確立
承応3年(1654年)峠道を開く

 上道(緑の道)
参勤交代で諸大名も通った道です。
明暦元年(1655年)9月、江戸幕府は朝鮮使節の一行を迎えるにあたり開いた道で幕末まで利用された。

 脇道(黄色の道)
通商「じぞうみち」といい、上古から通行に利用されています。



 東海道の難所であり、景勝地である薩埵峠。海沿いを東西に行き来しようとするならば、どうしても通らねばならぬ場所であるだけに、古来から人の往来があったわけであるから、そのルートも、時代ごとの様々な環境の変化に合わせた、ダイナミックな変化を長きに渡って続けて来たようだ。そのなかで、私が興味を惹かれたのは、「下道」と、そして「脇道」の歴史である。

 その険しさ故に、最も古い時代には峠を越える道を開くことが出来ず、波打際を通ることで峠を迂回していた訳であるが、その後、峠越えの道が開かれ、整備された、というのが、要するにその歴史的変換の大まかな流れ、ということになるが、最終的には、地形の変化によってまた海岸線に道が戻ってしまい、現在、日本の大動脈であるところの国道1号線、東名高速道路、そしてJR東海道線までもが、こぞって「最も古いルート」である海岸線の「下道」を通過しているのである。これは実に面白い。

 そして、「脇道」。これは実は、ほぼ、現在の峠越えの車道の通るルートそのままである。私はここへ来るたびに、車やバイクでは、今なお徒歩で通う他はない山道として残る旧東海道を走れないことを残念に思いつつ、車道で峠を越えていた訳であるが、その車道もまた、東海道並みの歴史ある古道だった訳である。これは、意外な事実であった。

 なるほど。またひとつ、賢くなってしまったな、などと思いつつ(笑)、先へ。

 


IMG_1774_convert_20170722151619.jpg

 曲がり角を曲がった先。。ここでJRの線路をくぐる。




IMG_1778_convert_20170722151735.jpg

 線路を下から。こんなものを眺める余裕があるのも、徒歩ならでは、といったところか。




IMG_1779_convert_20170722151755.jpg

 道は、興津川に沿って伸びていく。目指す薩埵峠は右手の方向になるが、みての通りそちらには小山があるため、それを迂回しなければならないのだ。




IMG_1780_convert_20170722151814.jpg

 線路から50mぐらいのところに、「川越遺跡」。「越すに越されぬ」大井川と同じく、興津川もまた「徒渡し」であり、渡河には川越人夫の手を借りなければならなかった。その日の水深によって渡し料が変わり、一定の深さを越えると「川止め」となって、水が引くまで渡河ができなくなるのも大井川と同じであるが、興津川では、冬場には「假橋」が架かって無賃で渡れたそうだ。




IMG_1784_convert_20170722151854.jpg

 「川越遺跡」から250mぐらい。ここで、右の脇道に入る。




IMG_1785_convert_20170722151920.jpg

 ご覧の通り、道案内がこれでもかというぐらいにあるので安心。




IMG_1786_convert_20170722151939.jpg

IMG_1787_convert_20170722151955.jpg

IMG_1788_convert_20170722152013.jpg

IMG_1789_convert_20170722152029.jpg

 お花も綺麗。




IMG_1791_convert_20170722152052.jpg

 住宅地を抜ける。




IMG_1792_convert_20170722152111.jpg

 雰囲気がでてきた。




IMG_1793_convert_20170722152133.jpg

 ここを右へ。




IMG_1795_convert_20170722152211.jpg

 さらに進むと、




IMG_1796_convert_20170722152243.jpg

 突然あらわれる、人工的な斜面に道が遮られる。




IMG_1797_convert_20170722152304.jpg

 このあたり、大規模な造成によって、古来の道は完全に失われている。しかたないので、最短距離をえらんで薩埵峠をめざす……つもりが、方向を間違えてえらく遠回りをしてしまった(笑)。道は、全体にぐっと上り坂になる。




IMG_1798_convert_20170722152331.jpg

 あ、やっと道しるべをみつけた。ここを左へ登っていく。




IMG_1801_convert_20170722152417.jpg

 まっすぐな坂道を山の方へ。綺麗な紫色の花が出迎えてくれるよう。




IMG_1800_convert_20170722152353.jpg

 これ、なんて花でしょう?




IMG_1802_convert_20170722152440.jpg

 小さな駐車場に出る。公衆トイレもある。舗装道路はここまで、ここからは徒歩でしか通えない山道になる。




IMG_1803_convert_20170722152502.jpg

 その前に、ちょっとこちらに寄り道をして、




IMG_1804_convert_20170722152523.jpg

 景色を楽しむ。西の方、つまり今来た方向を眺めるかたち。大きな道路は国道1号線、海岸線に突き出ているのは興津川河口である。その向こうにみえるのは清水港の荷揚げの巨大クレーン。




IMG_1805_convert_20170722152547.jpg

 さて、いよいよ山道である。スタートした興津駅からここまで、1時間10分ぐらい。だんだん陽が高くなって来て、気温も上がってきた。水分補給と用便と小休止をすませて、いざ、出発、というところで、次回に続く。




IMG_1794_convert_20170722152153.jpg


「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop

旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪その1


 旧東海道 薩埵峠から興津宿、再訪
 その1 興津駅から興津川




 前回、富士川西岸から由比宿まで、旧東海道めぐりの「やりなおし」をした、わが「スーパーカブ110で行く史跡めぐりお散歩ツーリング」であるが、今回はその続き、薩埵峠から興津宿、である。ということで、やってきたのはこのJR興津駅。




IMG_1736_convert_20170716111100.jpg 

時間は、朝の4時40分ごろ。七月上旬、この日の大体日の出の時刻である。なんでいきなり駅にやって来たのかといえば、このブログでは何度か訪れている薩埵峠であるから、ただカブでブイーンと越えるだけではつまらないし、今回は、山道をゆく本来の「旧東海道」を辿って、徒歩で峠を越えようと企んだのである。

 そしてまたなぜ、前回の続きならば由比宿からスタートして興津宿を目指すのが自然であるのに、わざわざ逆ルートを選んで興津から始めるのかというと、これは、由比駅の有料駐輪場はこんな早朝には利用できなかったからである。興津駅ならば無料の二輪置き場がいつでも使えるので、カブを停められる、という訳である。よって予定ルートとしては、ざっくりいうとこの興津駅から歩き始めて薩埵峠を越え、由比駅まで歩いてそこから電車に乗って興津駅に帰ってきて、またカブに乗って興津宿をまわる、という具合である。




sattakai_convert_20170716112646.png

 そのルートを地図で確認。例によってざっくりですが。




IMG_1737_convert_20170716111125.jpg

 では早速、目指すは二里と十二町、大体9kmほど先の由比宿を目指してスタート。まずは旧東海道に出るべく、駅前からまっすぐに海の方へと伸びる道へ。予定では、寄り道もするだろうし、多分3時間弱ぐらいの行程、かな。




IMG_1738_convert_20170716111153.jpg

IMG_1739_convert_20170716111212.jpg

 途中、脇道がいくつか。こんな裏路地に気付けるのは、徒歩ならでは、といえるだろう。ちょっと踏み込んでみたいような、こわいような。




IMG_1740_convert_20170716111233.jpg

 国道1号線に出る。これが、旧東海道になるので、東へ向かう。




IMG_1741_convert_20170716111254.jpg

 なにやら極端にジャイアンツ贔屓な自販機を発見。なんでこんなものが、と思ったら、ここは読売新聞の販売店の店先でした。ウベナルカナ。




IMG_1743_convert_20170716111519.jpg

 歩き始めて5分ほど、「興津中町西」の交差点。




IMG_1742_convert_20170716111454.jpg

 左の脇道をのぞくと、なにやら石碑がいろいろと。




IMG_1744_convert_20170716111542.jpg

 「身延山道」の文字。ここは、身延山への参道である、「身延街道」の起点である。この旧街道も、いつかカブで走ってみたいと思っている。




IMG_1749_convert_20170716111624.jpg

 国1をさらに先へ、というところで、




IMG_1748_convert_20170716111603.jpg

 ふと左手をみれば、こんな景色が。「宗像神社」、はいいんだけれど、「女体の森」って……? ちょっといってみよう。




IMG_1751_convert_20170716112047.jpg

 100mばかりの参道。カブならばなんてことのない寄り道だが、歩くとなるとそれなりの時間がかかる。




IMG_1752_convert_20170716112113.jpg

 やっとついた。歴史のありそうな、立派な神社だが、別段かわったところはない。由緒書があったので、一部を転載。


 祭神  奥津島比売命(おきつしまひめのみこと)・狹衣姫命(さぎりひめのみこと)・多岐津比売命(たぎつひめのみこと)

  御由緒
 創建年代は不詳 一説に筑前(福岡県)より勧請したともいう
  (中略)
 当社は興津川の西にあり女体の森と言って舟人たちの灯台がわりとされていた
  (後略)


 
 「女体の森」ときいて、何やら官能小説の題名みたいなものを思い浮かべてしまうのは、それこそ心の汚れのあらわれというもので(笑)、祭神が三体とも女神なので、どうやら「三体の女神様の森」みたいな意味に解するのが正しいのではないだろうか。




IMG_1750_convert_20170716112014.jpg
 
 こちらは、宗像神社入り口の向かいあたりにある、「興津の薄寒桜」。説明書きは文字がかすれて読みづらかったが、どうやら、ワシントンD.C.のポトマック河畔の桜並木と関係のある桜らしい。




IMG_1756_convert_20170716112144.jpg

 先へ進むと、この「興津中町」の交差点。ここは、




IMG_1758_convert_20170716112209.jpg

 現「身延街道」というべき、国道52号線の起点である。南アルプスと富士山とで隔てられる隣県、山梨県へと抜けられる、数少ない幹線路の内のひとつである。




IMG_1759_convert_20170716112249.jpg

 さらに西へ150mぐらい。国道1号線はそのまま、海岸線の高架道路である国道1号バイパスと合流してしまうが、旧東海道は左折。わかりにくいが、ガソリンスタンドの左側を伸びていく道ではなく、さらにその手前の、左折レーンから入る路地がそれである。




IMG_1760_convert_20170716112316.jpg

IMG_1762_convert_20170716112340.jpg

 こんな裏道をしばらく歩くと、




IMG_1764_convert_20170716112406.jpg

 線路沿いに出る。




IMG_1766_convert_20170716112431.jpg

 やがて興津川にぶつかる。このあたり、道路や線路等の通過によって、古い街道の面影は失われている。




IMG_1768_convert_20170716112519.jpg

 この階段を登ると、




IMG_1769_convert_20170716112542.jpg

 興津川に架かる橋に出られる。先ほどの、ガソリンスタンドの左脇の道の延長である。貨物列車が通過中。




IMG_1770_convert_20170716112603.jpg

 橋の上から上流方向を眺める。さっきの貨物列車が走っていた、JR東海道線の鉄橋。




IMG_1771_convert_20170716112627.jpg

 下流方向の眺め。こちらは国道1号線。その先の駿河湾が見えなくて残念。興津駅からここまで、約30分。続きは、次回に。



IMG_1767_convert_20170716112454.jpg



「旧街道めぐり」関連の記事
カブのこと 1・県道396号線 その1・富士、蒲原
カブのこと 4・鎌倉街道(徒歩0分)その1・梶原一族最期
カブのこと 6・旧東海道、静岡市内
カブのこと 8・旧東海道 安倍川から大井川
カブのこと 10・旧東海道 大井川から掛川宿
カブのこと 15・旧東海道 富士川東岸、吉原宿
カブのこと 16・旧東海道、原宿、沼津宿、三島宿、三嶋大社
カブのこと 17・旧東海道、箱根
カブのこと 26・田沼街道
カブで史跡めぐり 4・旧東海道 掛川市、袋井市
カブで史跡めぐり 10・宇津ノ谷峠
カブで史跡めぐり 13・旧東海道 磐田市
カブで史跡めぐり 27・旧東海道 浜松市から湖西市
カブで史跡めぐり 36・塩の道 相良から掛川
カブで史跡めぐり 46・北街道
カブで史跡めぐり 72・塩の道 掛川から春野町
旧東海道 富士川西岸から由比宿、再訪

にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村

PageTop