FC2ブログ

乱読乱文多謝 静岡史跡探訪ver.

スーパーカブと、史跡と、ときどき読書感想文

駿府城址、天守台発掘現場見学2


 駿府城址、天守台発掘現場見学2

 
 先日、駿府城址の天守台発掘現場で、かなり大きな発見があった。

 最初の徳川家康による築城から、幕末の廃城に至るまでの駿府城の歴史は、大きく三つに分けられる。

 かつては今川氏の館が、そのさらに前には律令時代の国衙があったともいわれる場所に、家康がまず築城を始めたのが天正十三年(1585年)、すなわち「小牧・長久手の戦い」の翌年である。三河、遠江、駿河に加え、旧武田領である甲斐、信濃までをも配下においた、所謂「五カ国領有時代」の家康の、本拠地としての築城であった。

 しかしこの天正期の駿府城については、どのような、そしてどのくらいの城だったのか、ほとんどわかっていない。記録としては家康の家臣の日記のなかの数語の記述から、石垣と小天守の存在が推測されるのみであり、発掘された遺構としては、直径四十五センチの柱の一部とその礎板がみつかっているばかりである。

 なにゆえに、この天正期の遺構が残されていないのか、といえば、天正十八年(1590年)に小田原の後北条氏を滅ぼした豊臣秀吉が、家康を関東の旧北条領に転封させた上で、中村一氏を入城させて駿府城をすっかり改築してしまったからである。この改築はかなり大規模かつ徹底的だったようで、家康がせっかく築いた最初の城の面影は、永遠に失われてしまった、ということのようだ。しかし盛者必衰万物流転、この豊臣期の駿府城もまた、同じ運命を辿った。

 関ヶ原での歴史的勝利の後、慶長八年(1603年)に征夷大将軍となった家康だったが、二年後にはその将軍の座を秀忠に譲り、大御所となった。慶長十二年、家康はまたしても駿府に自らの居城を築く。全国の大名たちにその工事を負担させる所謂「天下普請」によって、天下人に相応しい巨大な城を、豊臣期の駿府城の上に築かせた訳だが、これによって、豊臣期の城の遺構もまたほとんど破壊されてしまったのだ。

 晩年の家康が、その居城を築くに駿府の地を選んだ理由としては、年少期に今川の人質として過ごした地を懐かしんだとか、江戸への参勤の途中の大名が立ち寄りやすい場所だったとか、山と川に囲まれて攻めにくい土地だったから、などといわれているが、私はきっと、秀吉への意趣返しの意味合いも少なからずあったと思う。かつてせっかく築いた自分の城の上に、秀吉はもっと立派で大きな城を建ててつぶしてしまった。その豊臣を打ち負かした家康は、その秀吉の城を土台にして踏みつける形で、さらに立派な城を築いたのである。

 それはどうあれ、とにかく豊臣期の駿府城もまた、いかなる城であったのかほとんどわからない、という状態であった。しかし先日、その遺構が発見されたのである。現在、駿府城址(駿府公園)の天守台跡において、大規模な発掘調査がなされており、私も何度か見学に行って、ブログ記事にもさせて頂いたのであるが、その発掘現場での発見であった。

 出土したのは、三百点を超える金箔瓦と、豊臣期の天守台の石垣である。これは、本当に、大発見なのである。それを受けて、有り難いことに緊急見学会を開催して、発掘現場を公開してくれる、というので、これは見逃せないとばかり、出掛けてみた。




IMG_0001_convert_20181111150000.jpg

IMG_0002_convert_20181111150024.jpg

 駿府城「中堀」。天気もよく、お散歩がてら発掘現場見学をするには絶好の日和ではあったが、実はこの日、私は健康診断を受け、バリウムを飲んだ関係で下剤を服用しており、何というか、とても体調がよい状態とはいえなかったのであるが、このチャンスの逃す訳にはいかないのである。





sunto2_convert_20181111150415.png

sunto_convert_20181111150357.png

 地図で確認。城跡はこんな形。




IMG_0003_convert_20181111150047.jpg

 ここから、「ニノ丸」へ。ここは「北御門跡」。北側は「搦手」側である。どうやら普段はあまり使われない「不明門(あかずのもん)」であったようで、門の規模は大きくはない。往時には門の背後に枡形があった。




IMG_0009_convert_20181111150110.jpg

 「北御門」から、公園化された「二ノ丸」及び「本丸」跡を西へむかうと、ほどなく、天守台発掘現場が見えてくる。以前に来たときよりも、現場がかなり広くなっている印象。




IMG_0011_convert_20181111150140.jpg

 その傍らに、家康像。




IMG_0012_convert_20181111150207.jpg

 こんなものも。静岡県指定天然記念物「家康手植のみかん」。




IMG_0013_convert_20181111150229.jpg

 現場の中へ。これは慶長期、すなわち大御所時代の家康が築城した駿府城の天守台の、南西の角である。加工された石材が、キレイに積み上げられている。これは、「打ち込み接」という積み方。




IMG_0014_convert_20181111150252.jpg

 南側の辺に沿って東の方向へ進むと、




IMG_0026_convert_20181111150315.jpg

 今回の「発見」の現場が現れる。手前の石垣は、慶長期、つまり大御所時代の家康の改築時に築かれた石垣。そして、その奥に列をなすのが、豊臣時代の石垣である。




IMG_0029_convert_20181111150337.jpg

 近くから。写真ではちょっと判りにくいかもしれないが、先程の慶長期の「打ち込み接」で積まれた石垣とは明らかに様子が違う。加工しない自然石をそのまま積み上げてあるため、大きな石の間に埋める「間詰め石」という小石が目立つ。この石積み法は「野面積み」といい、豊臣時代に特徴的なものだという。石材となる石の種類が違うので、ちょっと見かけに差があるが、浜松城や二俣城の天守台と、時代も積み方も同じ、ということになる。




IMG_1036_convert_20160824150304.jpg

 浜松城。




IMG_0935_convert_20160625121850.jpg

 二俣城。

 今回のこの石垣の出土によって、豊臣時代の天守台の規模が正確に判明した。それは東西約33m、南北37mという大きさで、これは安土城などと同等の規模であるようだ。豊臣期の駿府城は、あくまでも秀吉の家臣である中村一氏の居城にすぎないはずなのだが、その城の天守がどうして「天下人」の城と同等の規模で築かれ、金箔瓦で飾られたのか。

 その理由を、現地で解説をしてくれた方は、関東や東北から、秀吉に呼び出されて大阪にやってくる大名たちへ、太閤殿下の威厳をみせつけるためではないか、と説明していた。

 箱根の向こうは家康の領国であり、駿府は、秀吉の支配地域の「玄関口」である。そこの東海道沿いに立派な城を築くことで、東国の大名たちの度肝を抜いてやり、反抗の意志を挫いてやるという訳である。無論、駿河やその周辺の領民に、新しい支配者の力をみせつける意味もあったことだろう。いずれにせよそれは、戦国期の戦う為の山城とは、その存在意義からして別物の、新時代の城の姿であった。

 今回はまだ、金箔瓦の展示はされていなかった。どうやら来年の春ごろに、石垣の見学路の整備などをした上での金箔瓦の公開を予定しているようである。期待して、待とう。



「城跡めぐり」関連記事
カブのこと 14・大井川から掛川宿 その4・掛川宿、掛川城
カブのこと 28・田沼街道 その3・小山城
カブのこと 29・田沼街道 その4・相良城
カブで史跡めぐり 1・高天神城
旧東海道、掛川市、袋井市 その3・横須賀城(前編)
カブで史跡めぐり 8・興国寺城 
日々の出来事 26・田中城下屋敷
カブで史跡めぐり 17・二俣城とその周辺
カブで史跡めぐり 19・二俣城とその周辺 その3・鳥羽山城
日々の出来事 29・駿府城址見学
カブで史跡めぐり 22・天方城
カブで史跡めぐり 32・勝間田城
旧東海道 浜松市から湖西市 その2・浜松城
カブで史跡めぐり 33・花倉城 その1
カブで史跡めぐり 40・諏訪原城址、再訪 その1
カブで史跡めぐり 42・丸子城
カブで史跡めぐり 43・蒲原城、再訪
かぶで史跡めぐり 50・朝日山城
カブで史跡めぐり 52・持舟城
カブで史跡めぐり 54・横山城
カブで史跡めぐり 56・小島陣屋
カブで史跡めぐり 59・山中城、再訪
安倍城
犬居城
駿府城址、天守台発掘現場見学
姫街道 その4・井伊谷城
姫街道 その7・佐久城
姫街道 その9・千頭峯城
賤機山城
小川城
花沢城
石脇城
韮山城

にほんブログ村 歴史ブログへ
にほんブログ村
にほんブログ村 バイクブログ カブ系へ
にほんブログ村
 

スポンサーサイト

PageTop

清水灯台ライトアップイベント



 清水灯台ライトアップイベント


 今年は、「灯台150周年記念」の年、だそうである。明治元年、開国に伴い、西洋式の灯台としては我が国最初の観音崎灯台が、横須賀に建設されてから、今年で150年、ということらしい。

 その記念イベントとして、先日、清水海上保安部の主催で静岡市清水区三保にある「清水灯台(通称三保灯台)のライトアップが行われた、ということで、以前から「灯台好き」を自称する妻に命令……いや、お願いされて、早めの夕食の後に、出掛けてみた。




mitotizu_convert_20181021110411.png
 
 場所はこのあたり。以前、カブでも一度来て、記事にしているが、そのときは早朝だった。




mito1_convert_20181021105005.jpeg

 これが、ライトアップされた清水灯台の姿。なかなかキレイだ。




IMG_0599_convert_20151115081554.jpg

 ちなみに、朝に来たときに観た姿はこんな感じ。




IMG_0607_convert_20151115081618.jpg

 日中ならば、頭頂部の風見鶏がみえる。三保、といえば世界遺産の三保の松原。三保の松原といえば、天女の羽衣伝説、ということで、天女の形をしている。


 

mito4_convert_20181021105102.jpg

mito5_convert_20181021105118.jpeg

mito6_convert_20181021105134.jpeg
 
 もっと近づいて、細部を。こちらは海側(東側)の窓。




mito7_convert_20181021105154.jpg

 清水灯台は、その八角形の形が特徴的だ。その初点灯は明治四十五年(1912 年)三月で、日本初の鉄筋コンクリート造りの灯台である。全高は約18m、5万カンテラの光を14海里(14km)先にまで届かせる。眼の前の海は駿河湾であり、外海ではないので灯台としては規模の小さいもののようだが、シンプルで美しい姿である。いうまでもなく、現在見られるのは建設当時のままの姿である。




mito15_convert_20181021105415.jpg

 反対側(西側)からみたところ。こちら側に入り口がある。普段は立ち入り禁止だが、この日は特別に内部にも入ることができた(登ることはできませんでしたが)。




mito9_convert_20181021105259.jpg

mito14_convert_20181021105400.jpg

 入り口。




mito10_convert_20181021105314.jpg

 小さな灯台なので、内部はかなり狭い。その狭い内壁にそって螺旋階段が頭頂部にまで続いている訳だが、ご覧の通りの急勾配である。




mito11_convert_20181021105330.jpg

 上を見上げたところ。




mito12_convert_20181021105345.jpg

 「明治四十五年三月一日 初点灯」のプレート。




mito18_convert_20181021105429.jpg

 この日は月も出た。




mito222jpg_convert_20181021111930.jpg

 悪くない。

 この清水灯台は、三保半島に守られた清水港が、明治期に国際貿易港として発展していく過程において建設された。清水港湾地区での物流に携わっている私としては、一番身近な灯台、とはいえるだろう。


PageTop

『生の嘆き』


 ショウペンハウアーの読み方




seinonageki.jpg

 『生の嘆き ショーペンハウアー倫理学入門』
 ミヒャエル・ハウスケラー著 峠尚武訳
 法政大学出版局 叢書・ウニベルシタス786 ISBN 4-588-00786-6



 ショウペンハウアーは、多くの場合、ニーチェとの対比という形で語られる哲学者だ、といえるだろう。

 これは、何というか、仕方のないことだ、といえる部分もあるのは確かだ。簡単にいってしまうならば、ニーチェがいなかったならば、ショウペンハウアーは今よりもさらにマイナーな哲学者であった、というのはありそうなことだからだ。

 事実、ニーチェによるショウペンハウアーの「発見」ということには否定しきれないものがあるだろうし、そのニーチェが、ショウペンハウアーを最大限に評価した上で、そのショウペンハウアーを克服するという形で自らの哲学を発展させていった、という側面も確かにある。

 ただ、ニーチェが人類の思想史というものに大きな地位を得たことで、ショウペンハウアーの名前もそれに共なって知れ渡った、というだけならばよいのだが、多くの場合、ニーチェを肯定するための一種のスケープゴートにされることになりがちである。

 無論、その対比自体は有意義である。だがそれはこの場合、「ニーチェを理解」する上でのみ有意義なのである。前述のように、ニーチェはショウペンハウアーの形而上学を前提としたところから出発し、それを克服する形で、「超人」や「永劫回帰」の思想に辿り着いた、という面があるので、ニーチェを是とするならばどうしてもショウペンハウアーは非とされざるを得ない。つまりこの方面からショウペンハウアーに近づくならば、どうしてもニーチェ的価値観によって否定されてしまう形でしか受容されないのである。

 しかしこれでは、いうまでもなくショウペンハウアーへの理解は深まらないであろう。上で私は、「今よりもさらにマイナーな哲学者」と書いた。これは正確には、有名ではあっても、その知名度に見合う程にはきっちりと評価されていない、とすべきなのかもしれない。ニーチェはショウペンハウアーを前提していたといえるが、ショウペンハウアーニとってはニーチェなどなんの関係もないのである。よってショウペンハウアーはショウペンハウアーとして、ニーチェというフィルター抜きで評価されなければならない。ちょうど、ニーチェがなんといおうとワグナーはワグナーとして評価されるべきであることと同じである。

 こんなことは元来言うまでもないことなのであるが、実際、ショウペンハウアーは正当な評価をされてきたとはいえない、とみる人は少なくないようだ。今回読んだこの『生の嘆き』という論文も、後書きによれば、元々は「ショーペンハウアー財団」によって、1997年に授与された「ショーペンハウアー賞」を受賞した懸賞論文なのだが、その懸賞の課題として、「ショーペンハウアーの哲学における道徳-形而上学的世界経験としての苦悩の経験」というテーマが設定されていたそうだ。

 これは、なんというかショウペンハウアー哲学の根本的な理解に関することというべきもので、生誕二百年を迎えた哲学者についての研究課題としては、ちょっと「基本的」に過ぎる、といえないだろうか。つまりこの課題には、ショウペンハウアー哲学を、根本から再評価、あるいは再発見しよう、という意図が読み取れるのではないか、ということである。その正誤はどうあれ、事実この論文は、ショウペンハウアー哲学を今一度、彼の著述に則って先入観抜きに理解し直そうという者には、絶好の手引書、といえる内容を持っている。

 ショウペンハウアーの哲学は、厭世主義的といわれる。その評価は間違ってはいないだろう。しかしその評価故にか、この経験的世界というものになど徹頭徹尾眼もくれないような、そんな浮世離れした立場から、世事に右往左往する人々の生活に皮肉な視線を送るような、そんな哲学者だ思われていはしないだろうか。そのような先入観がまず払拭されることは、確かに、ショウペンハウアーの「再評価」のためには必要だといえる。

 この『生の嘆き』という論文の筆者たるハウスケラーは、この辺りのことをショウペンハウアーの著述を丁寧に辿りつつ、わかりやすく論理的に説明していく。元来ショウペンハウアーはきわめて論理的な哲学者である。その論述は決して複雑でも難解でもないのだが、その明解さはつまりは、彼の論述の高い論理性に由来すると私は思う。よってハウスケラーの方法は最短の近道だといえるだろう。

 そのハウスケラーの論述をここでいちいち追っていくことはしないが、少なくともその論の展開を、ショウペンハウアーの所謂「厭世主義的」哲学の論理的根拠であるその形而上学が、コギトからでも書斎の理屈からでもなく、この「表象としての世界」としての世界における哲学者自身の経験から発してしることを、しっかりと確認することから初めていることは、方法論的にきわめて高い正当性をもっているということは明らかだ。

 理不尽で不条理なこの現実世界。ショウペンハウアーに特徴的な、悲観的な世界認識は確かに彼の生得の傾向なのかもしれないが、確かに、ショウペンハウアーは経験主義者であり、リアリストである。少なくとも先入観なしに彼の著作を読んだのならば、実はこれはあまりにも明らかなこと、なのである。そしてこの事実を出発点として、その独特な形而上学や倫理学などが根拠づけられていること、これもまた明白である。

 それだけに、やはりショウペンハウアーの哲学は、まずは彼の著作を読むことで知るべき、なのであるといえよう。そしてまた、このことを明確に理解した上でならば、最初に述べた「ニーチェとの対比」も、ショウペンハウアー理解のためにも有意義なもの、といえるだろう。

 ショウペンハウアーの主著、『意志と表象としての世界』は、よっつの巻に分けられる。すなわち、「表象としての世界の第一考察(認識論)」、「意志としての世界の第一考察(形而上学)」、「表象としての世界の第二考察(美学)」、そして、「意志としての世界の第二考察(倫理学)」である。この現実世界の理不尽、不条理からの救済として、ショウペンハウアーはよっつめの倫理学、すなわち所謂「同情倫理学」なるものを提唱した。しかしニーチェはというと、ショウペンハウアーと同じ形而上学から出発したにもかかわらず、その処女作『悲劇の誕生』において、こう語るのである。

 
 「美的現象としてだけ、生存と世界は永遠に是認されている。」
 (『悲劇の誕生』第五節 秋山英夫訳)


 これはすなわち、少なくとも若きニーチェは、ショウペンハウアーの『意志と表象』でいうところの、第三巻の「美学」に救いを求めた、ということである。これは、この二人の哲学者の立場を明確にするひとつの指針といえるのではないだろうか。

 ゲオルク・ジンメルは、まさにその著書『ショーペンハウアーとニーチェ』において、


 「芸術が「ひとつの気質をとおして見られた」世界像であるように、哲学はひとつの世界像をとおして見られた気質である」
 (白水社『ショーペンハウアーとニーチェ』 吉村博次訳)


 と述べている。この類い稀なふたりの哲学者のコントラストを十分に客観的にみることによって、単にこの興味深いふたつの世界観を理解するということ以上の、もっと大局的なある観点を得られることを予感させるような言葉ではある。そしてそのために、もう一度ショウペンハウアーを読み直してみるのも悪くなさそうである。その主著はなかなかの大著であり、楽な読書ではないけれども。


 関連記事
『悲劇の誕生』 ニーチェ著・「強さのペシミズム」事始め

PageTop

文庫本を収める


 文庫本を収める


 いつだったか、自宅の廊下の作り付けの本棚などを恥知らずにも公開したが、そのとき、文庫本を収納する場所がない、なんてことを書いた。しかし、新居に引っ越してからやがて四ヶ月になんなんとするに及び、いよいよ、未だ段ボール箱に収まって積み上げられたまま、文字通りの「積ん読本」になっている文庫本のありさまに、妻の忍耐も限界に至ろうというご様子。

 そこでぐうたら亭主、ようやく重い腰をあげた。さて、どうしようかとひと思案。とはいえ元来が回転の悪い頭をしか持ち合わせず、妙案など思いつくはずもなく、結局、旧居でつかっていた本棚に収めることにした。

 寝室に本棚を置くのはちょっと怖い。地震やなにかで倒れても、寝ている場所に届かないような所を選んで、木ネジで壁に固定した上で、半日かけて本を収めた。数度に渡る引越しの間に、国もジャンルもすっかりバラバラになっていた本を、半日掛かりで並べ直した結果が、これ。




bunnko1_convert_20180925002020.jpg

 この圧迫感(笑) いったい何冊あるのか。本棚はもうひとつあるのだが、もうおく場所がない。しかし所有の文庫本の数は、まともな方法ではどうあっても本棚ひとつには収まらない、ということで、




bunnko2_convert_20180925002036.jpg

 こんな感じに二列にした。背表紙がみえなくなると、探すときにやっかいなので、後列を高くしてある。




bunnko3_convert_20180925002051_2018092500224487d.jpeg

 百円均一で、板と、小さい発泡スチロールのブロックを買ってきたのだ。これで、即席の「二倍収まる本棚」にした訳だ。しかし、一番上の写真の通り、これでもまだ収まりきれないことがわかった。さて、どうしようか。……といことで、文庫本用のコンパクトな本棚を自作することを考え中である。それについては、また、追々ということで。


PageTop

IKEAの椅子(IVAR)、塗装


IKEAの椅子(IVAR)、塗装


 私は静岡生まれであり、今も静岡に住んでいるのだが、私の妻は九州、大分の出身である。これだけの距離があると、共稼ぎということもあり、なかなか一家そろって里帰り、なんてこともできない。まして、むこうの義父さん義母さんがこちらに遊びにくる、なんてことは滅多なことではないのである。

 しかし、このたび私はお家を建てた。自宅を新築、これは大事件である。一生モノの買い物なのである。ということで大分のご両親、来たる十一月吉日に、実に十年ぶりに静岡に遊びに来ることになった。これはまた、私にとっては大事件である(笑)

 となると、ご両親を泊めるための準備をせねばならぬ。まあ、特に何を揃える、という訳でもないのだが、少なくとも布団は必要になる。貧乏な我が家に、客用布団などあるはずはないのだが、新調するとなると、安いモノではない。これは、仕方がないので私の実家から借りてくることにした。

 他に必要なモノは、と考えてみる。そういえば、我が家ご自慢のアンティークのダイニングテーブルには、椅子がよっつ、すなわち我が家族の分しかない。テーブルは、広げて最大6人で使用することも可能だが、椅子が足りないのだ。これでは、せっかく遊びにきてくれたお客さんと、みんなで一緒にご飯を食べる事ができない。

 そこで、椅子を買うことにした。無論、理想は既存の四脚と同じようなアンティークチェアを買い増すことだが、我が家の経済状態ではそれは望むべくもないことだ。将来的には、あと二脚ぐらいは買うつもりではいるのだが、今すぐに、というのはもう、無理なのである。しかたないので、我が家の家計に見合ったもので間に合わせることにした。それが、





aoike1_convert_20180910174938.jpg

aoike2_convert_20180910175005.jpg

 これである。IKEAで一脚2990円というお手頃価格。




aoike3_convert_20180910175025.jpg

 さっそく開封。




aoike4_convert_20180910175043.jpg

 仮組みする。5分たらずで組み上がる。このまま附属のネジを締めつければ完成、使用できるのだが、それではつまらないので、今回もまた色を塗るのである。この商品、材質はパイン材で、塗装もされておらず、ニスの類いも塗られていないので、そのまま好きな色で塗ることができる。パイン材は、そのまま使っても使用感がでていい色に変化するのではあるが。




aoike5_convert_20180910175059.jpg

 今回はこれを使ってみる。カインズに売っていたもの。色は、「サンドホワイト」と「ピーコックブルー」。




aoike6_convert_20180910175114.jpg

 ガンガン塗っていきます。今回は三度塗りしました。ちょっと伸びがわるいので、軽く薄めても良いかも。私はそのままぬっちゃいましたが。作業現場は、息子の子供部屋(笑) 宿題はリビングでするし、寝るのは家族全員主寝室なので、この部屋はほとんど遊びにしか使わないのだ。脚の貫だけ塗っていないのは、




aoike7_convert_20180910175130.jpeg

 塗り分けるためである。マスキングをして、




aoike8_convert_20180910175144.jpg

 白い方の貫は青く、青い方の貫は白く塗る。




aoike9_convert_20180910175202.jpg

 乾燥を待った後、一度バラバラにバラして、




aoike10_convert_20180910175217.jpg

 パーツを入れ替えて再び組上げる。すると、こんなふうになる。まだ塗装面の保護をしていないので、傷をつけないように慎重に組む。




aoike11_convert_20180910175235.jpg

 ここでこれの登場。これは、附属のパーツではなく、ホームセンターで買ってきた木材を塗装したもの。これを何に使うのかというと、




aoike12_convert_20180910175304.jpeg

 この椅子には、左右の脚を繋ぐ貫(ぬき)がないので、追加するのだ。貫は、英語で「ストレッチャー(stretcher)」という。つまり、上から掛かる荷重によって、脚が外に向かって「八の字」に広がろうとするのを「引っぱって」支える部材、と私は解釈しているのだけれど、合っているかな? いずれにせよ、デザイン的にもここに貫がないと何だか物足りない気がするのだ。




aoike16_convert_20180910175418.jpg

 本当は穴あけ加工などをして、ダボ継ぎなどで繋ぎたいところだが、メンドクサイので(笑)L形のステーでネジ止めしてしまいます。外に引っぱられる力を支えるには、これで十分じゃないかな。




aoike13_convert_20180910175320.jpg

 貫の追加作業終了。




aoike14_convert_20180910175339.jpg

 そのまま、各部をネジ止めしていく。説明書通りに進めれば良いが、まあ、説明書を読むまでもないような作業です。ちょっと力はいりますが。




aoike17_convert_20180910175435.jpg

 二脚とも、組み上がりました。




aoike18_convert_20180910175450.jpg

 ベランダに持ち出して、




aoike19_convert_20180910175505.jpg

 塗装面を400番の紙ヤスリでヤスリ掛けする。重ね塗りの塗装面のぼってり感がなくなります。削りすぎるとすぐに地が出てしまうので、軽くこする程度に。




aoike20_convert_20180910175520.jpg

 ヤスると、こんなになっちゃいますが、




aoike21_convert_20180910175718.jpg

 水拭きすればキレイに。ただ、塗料の細かい削りカスが出る。特に青のカスが白の部分につかないように気をつける。




aoike22_convert_20180910175554.jpg

 ヤスリ掛けがおわったら、表面保護である。アンティークチェアだとか、TVボードだとかの塗装で使った、ターナーの「ミルクペイント」のトップコートがまだ十分残っていたので、それを使う。




aoike23_convert_20180910175609.jpg

 これは二度塗り。ちょっと艶が出た。




aoike24_convert_20180910175625.jpg

 乾燥が終わったら、完成です。これで、みんなでご飯が食べられますね。ただ、アンティークのダイニングテーブルとはあんまり合わないので、普段は他で使おうと思っています。子供部屋なんかにいいかな?

 このIKEAの椅子、安くてシンプルなので、改造のベースにするにはちょうどいい。またいつか、これで何か面白い椅子をつくってみたい。


PageTop